人気お菓子を作るロッテ浦和工場の見学 試食やお土産も|埼玉県

人気お菓子を作るロッテ浦和工場の見学 試食やお土産も|埼玉県

Bu facebook
Bu twitter

”お口の恋人”ロッテのお菓子は、大人も子どもも大好きなチョコレート菓子やガム、アイスを作っている会社です。「パイの実」や「コアラのマーチ」など、みんなが知っている製品を作っています。

埼玉県さいたま市、JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和」駅から徒歩5分のところにあるロッテ浦和工場では、工場見学会を実施しています。小中学生、親子の団体を対象にした見学ツアーで、工場の生産ラインを見学したりビデオ上映や展示物を楽めます。

ロッテ浦和工場は2013年に第一工場を解体し、2015年に新築した国内最大級のアイス工場の稼働を始めた大きな工場なんですよ。

普段から親しみのあるお菓子を作っているところは、子どもも興味があるのではないでしょうか。食べ物を作る工程を見ることは食育の一環にもなりますね。子ども達にも馴染み深いお菓子の工場見学とは?その工程やアクセス、申込みなどについてご紹介します。

【1】ロッテ浦和工場はこんなところ

メディアにもとりあげられる有名工場!

アイスを食べる子ども,ロッテ,浦和工場,

ロッテ浦和工場はチョコレートの加工を中心に、「パイの実」や「コアラのマーチ」などのチョコレート菓子や「雪見だいふく」や「爽」などのアイスクリームを作っている工場です。

埼玉県内の有名な工場スポットで、雑誌やテレビ番組にとりあげられることも。ロッテの工場の中では最大規模のとても大きな工場で、敷地内にロッテ浦和球場もありますよ!

小中学生や親子の団体を対象に無料で工場見学会を実施します。早めの予約が必要な人気の見学会となっています。いくつか見学ルートがありますが、何を作っているところを見学できるかは当日までのお楽しみです。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【2】見学工程について

食べ比べはここでしかできない貴重な体験

浦和工場,ロッテ,浦和工場, 出典:www.lotte.co.jp

工場見学は、まず初めに展示物でロッテの歴史を学ぶところからスタート。そして工場の説明とともにビデオ上映があります。クイズ形式になっていて、子どもが楽しめように工夫されています。

ビデオ上映の後は「ガーナミルク」や「パイの実」など、ロッテおなじみの製品の生産ラインを通路に沿って歩きながら見学します。製造工程についてモニターで分かりやすく解説してくれるので、お菓子作りの工程やこだわりについての理解も深まります。

見学後はお楽しみ、チョコレート等のお菓子を試食!カカオ100%の甘くないチョコと、ほどよい甘みの完成チョコや、チョコ入りとチョコなしのパイの実などを食べ比べられます。

また、給食用の雪見だいふくの試食など、普段何気なく口にしている親しみのあるお菓子をいつもと違う楽しみ方で試食できます。

工場内には商品だけでなく、お菓子の原材料もたくさん展示されています。普段から口にするお菓子がどのような原料からできているか知ることは、子どもたちの食育にもなります。最後にお菓子のお土産が用意されていてるのもうれしいですね。

【3】工場見学の予約方法

少人数なら春・夏・冬休み期間に参加しよう

ロッテ パイの実,ロッテ,浦和工場, 出典:www.amazon.co.jp

ロッテ浦和工場の見学は、小中学生、親子など10人~60人の団体で申し込みが可能です。見学の2ヶ月前から仮予約の電話を受け付けていて、仮予約後1週間以内に往復はがきを出します。

見学は月曜~木曜日の10時、13時、15時と金曜の10時、所要時間は約60~90分、費用は無料です。土日祝日、年末年始以外も見学不可の日があるので、予約ができる日は事前にホームページで確認してから申し込むようにしましょう。

幼稚園年長の子どもは、一人に付き大人が一人引率すれば参加することができます。年長に満たない子どもは参加できないので注意してくださいね。

春・夏・冬休み期間中は、団体ではなく少人数向けの見学ツアーを実施する日があります。見学の実施日をホームページで確認し、往復はがきで申し込みをします。

こちらは希望者が多い場合は抽選になります。団体での参加ではなくひと家族で参加したい場合は、ぜひ実施日をチェックしてみてください。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【4】ロッテ浦和工場へのアクセス

武蔵野線「武蔵浦和」駅から徒歩5分!

ロッテ浦和工場へのアクセスは、JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和」駅から徒歩5分です。原則自転車やマイカーは禁止されています。持ち物は不要、駅からすぐという好立地なので気軽に行けますね。

最寄駅の武蔵浦和駅は2014年に改装され、駅ナカのお店が充実しています。見学前後のランチは駅ナカのお店を利用してみてはいかがでしょうか。

【5】ロッテ 浦和工場の住所、TEL等の基本情報、口コミ

口コミ

【おでかけした日】2014年08月26日

ガーナミルクチョコレートの製造過程を見学しました。カカオ豆からチョコレートができるまでを丁寧に説明され納得。カカオマスだけの苦いチョコと、ミルクや砂糖、ココアバターが入った甘いチョコの味比べに驚きました。コアラのマーチのコアラ柄の解説には、7歳の息子も興味津津。甘い香りに包まれた工場の中、滑らかにチョコを運ぶベルトコンベヤーやマシンを見て「プラレールみたい!」とポツリ。最後にロッテ商品のミニ試食やお土産付きで親子で大満足でした。

基本情報

【住所】
埼玉県さいたま市南区沼影3-1-1

【アクセス】
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」より徒歩5分
JR埼京線 武蔵浦和駅から700m
JR武蔵野線 武蔵浦和駅から770m
JR埼京線 北戸田駅から1840m
JR埼京線 中浦和駅から1910m

【お問い合わせ】
048-837-0337

【見学条件】
電話による仮予約(見学日の2ヶ月前から2週間前まで)の後、往復はがきにて申込

【個人・団体】
10名~60名程度(小学生、中学生、親子の団体等)

【営業時間】
月~木は10:00〜、13:00〜、15:00〜 金は10:00〜

【所要時間】
60分~90分

【料金】
無料

【休業日】
土日、会社休日、年末年始

【その他注意事項】
小学生は保護者(成人者)の同伴が必要。幼稚園年長の子どもは必ずお一人につき、成人者の方がお一人引率が必要。幼稚園年長に満たない子どもは参加不可。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

ロッテ浦和工場の工場見学についてご紹介しました。ロッテの商品は、馴染みのあるものばかりですね。工場の近くでは甘い香りがして、お菓子好きの子ども達は近づいただけでワクワクしますよ!

お菓子の作り方を知ると、いつも食べているお菓子がさらにおいしく感じられるかもしれません。どんな原材料でどうやって作られているのか、子どもと予想してから出かけてみてはいかがでしょうか。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP