【結論】一生お金に困らない“やりくり力”はこの5つ!

【結論】一生お金に困らない“やりくり力”はこの5つ!

Bu facebook
Bu twitter

02-00.jpg
生活情報誌『サンキュ!』は創刊20周年!

その20年間の“お金”“やりくり”企画取材データ記憶膨大なアンケート結果をもとに議論を重ねた結果、
サンキュ!マネーチームは「ある結論」にたどりつきました☆


それは、お金の“やりくり”に欠かせない、一生使える“やりくり”能力は、
この5つに集約されるということ!


では、その5つの“やりくり”能力とは・・・?

あるもので何とかできる適応力
今現在の予算内でやりくりがしっかりできている人は、たとえ収入が減っても増えても、家計をくずしたりはしないもの。
現状を把握して、そこに見合った家計をつくっていける能力は、たとえば材料を買いそろえなくても夕ご飯を作れる、外出できなくても家で楽しく過ごせるなど、充実した暮らしのための基本の力につながっています


ストレスなく続けられる持続力
やりくりを三日坊主にならずに続けるには、無理な計画を立てないこと
最小限の手間で家計管理ができる方法を見つけたり、節約をガマンではなく“楽しみ”ととらえられる力が、夢へ着実に近づけます


適切なものを選び取る情報収集力
好奇心が旺盛な人は一見散財しそうですが、その好奇心を「どうしたらお得か」に向けるのがポイント。経済情報、お得なお店などの情報収集を面倒がらずにできるから、話題も豊富になり、友人知人も増え、さらに情報が集まる、という好循環をつくっています

04.jpg
先々を見通して計画を立てておく予測力
今の家計ができてるだけじゃなく、将来どんなお金が必要になりそうか、先々まで見通す力はやりくり達人にとっては常識。
また、予測力が高い人は、貯める目的も明確。だからこそ、子どもの教育費にあてるべきお金を別のところで使っちゃう、なんてこともないのです。必要なのはガマンではなく、備え!


家族を巻き込んで協力を得るマネジメント力
貯めている家庭は家族仲がよく、やりくりの相談を夫にできるので協力も得やすくなります。イマドキ家計管理はオープンに家族一緒に貯め方や使い方を考える時代。
目標は多くの人と共有したほうが達成しやすいもの。そんな環境を作れる主婦が最強!


いかがでしたか?
どれも特別なものではなく、誰もが少しは持っていて、伸ばすことのできる能力。
今日から1つずつでも、やりくり能力アップをめざしたいですね☆


参照:『サンキュ!』5月号「やりくり力に欠かせない一生使える力はこの5つだとわかりました」より一部抜粋 イラスト/上路ナオ子、取材/編集部、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP