東伊豆「ストロベリーファーム太田農園」でいちご狩りを堪能!

東伊豆「ストロベリーファーム太田農園」でいちご狩りを堪能!

Bu facebook
Bu twitter

伊豆半島でいちご狩りを楽しみませんか?今回は、東伊豆にある「ストロベリーファーム太田農園」をご紹介します。

東伊豆は、海沿いの観光スポットです。車でおでかけをすれば、道中、相模湾を眺めることができるので、開放感いっぱいにドライブに。

車は面倒という方もご安心ください。「ストロベリーファーム太田農園」は、電車での来園も便利です。電車でおでかけした場合には、伊豆熱川駅と農園間を無料で送迎してくれます。

また、東伊豆にはその他にも、あわせておでかけしたいスポットが沢山あります。

例えば、熱川温泉!東伊豆を満喫するのであれば、熱川温泉は外せません。

その他にも、東伊豆には、ハーブ園やバナナワニ園、体験工房など近隣には様々な施設があります。「ストロベリーファーム太田農園」でのいちご狩りをメインに、東伊豆での家族旅行をプランニングしてみてはいかがでしょうか?

【ストロベリーファーム太田農園のおすすめポイント(1)】農園の魅力

広々農園でベビーカーも通れる!

いちごの高設栽培,静岡,いちご狩り,ストロベリーファーム太田農園 出典:ohta-farm.com

ストロベリーファーム太田農園のいちご狩りについて魅力をご紹介します。

ストロベリーファーム太田農園は、1500㎡、約450坪の広々した土地に農園を設けています。一般的な一戸建ての土地の面積が30坪くらいですから、その150倍といえばどれほど広い土地か分かると思います。

そんな広大な敷地面積をもつ「ストロベリーファーム太田農園」では、章姫と紅ほっぺという2つの種類のいちごが育てられています。

いちごは苗から1年間かけて育てられます。丹精込めて作られていて、色鮮やかで艶があります。

「章姫」は交配によってできた品種で、静岡県を代表するブランドです。ややピンクがかっていることが特徴で、糖度が高いため、子どもに人気があります。

「紅ほっぺ」は「章姫」と「さちのか」を掛け合わせた品種で、いちご本来の適度な酸味を味わえます。

ほっぺが落ちるほど美味しいことから命名されていて、果汁がたっぷり含まれています。

そしてこちらの農園は、高設栽培を採用しており、通路など園内にかなり余裕があることも特徴です。

ベビーカーや車いすでも通りやすくなっていますので、小さなお子さんがいても安心です。

立った状態で摘み取れるため、面倒な起居動作がありません。なので、足腰の弱い方や妊婦さんにも好都合です。

営業は12月中旬から5月の初旬までで、生育状況によっては前後することもあります。

あまりに悪天候の場合には休園になる日もありますが、基本的にはハウスの中なので、雨でも大丈夫。

しかもハウスの中は温かいため、寒い真冬でも快適にいちご狩りを楽しめます。

また、いちごは風邪予防にも役立ちます。いちごにはビタミンCがたくさん入っており、いちご5粒で1日分のビタミンCを摂取できるほどです。

風邪予防のほかにも、いちごには美白や疲労回復、抵抗力強化などの効果があるので美容にもよく、ママにも嬉しいですね。

【ストロベリーファーム太田農園のおすすめポイント(2)】休憩、撮影スポット

南国フルーツも楽しんで!家族で心に残る思い出を

休憩ハウス,静岡,いちご狩り,ストロベリーファーム太田農園 出典:ohta-farm.com

ストロベリーファーム太田農園では、バーベキューなどができる施設は併設されておらず、純粋にいちご狩りを楽しむ施設です。

いちご狩りのハウス以外には駐車場と休憩スペースがあります。

駐車場は最大で25台分を収容できるため、満車で停められないということはないでしょう。心配な方は事前に混雑具合について聞いてみると良いと思います。

園内にある休憩ハウスは、受付ハウスのところに設けられています。いちご狩りは30分の食べ放題なので、終わったあとちょっと休憩するのにぴったりです。休憩ハウスでは、バナナなどの南国フルーツも観賞できます。

カメラ撮影もできるため、来園の記念に家族写真を撮りたいと思ったら、こちらがシャッターチャンスです。家族写真で、素敵な思い出を持ち帰ることができますね。

まとめ

今回は東伊豆にある「ストロベリーファーム太田農園」についてご紹介しました。

真っ赤ないちごは子どもにも大人気!しかも風邪予防にもいいなんて、まさにいいことづくめですよね。

東伊豆は温泉やドライブなど、他にも楽しめるスポットがいっぱいの観光地です。

ぜひ「ストロベリーファーム太田農園」でいちごを堪能して、東伊豆観光を満喫してください。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP