長岡花火大会おすすめツアー5選!2016年の日程は?

長岡花火大会おすすめツアー5選!2016年の日程は?

Bu facebook
Bu twitter

長岡花火大会の正式名称は「長岡まつり 大花火大会」。この花火大会は、71年前の痛ましい「長岡空襲」から1年後に行われた、長岡まつりの前身である「長岡復興祭」から始まりました。この祭りにより、長岡市民は心を慰められ、復興に臨んだのです。

今年も、空襲で亡くなられた慰霊の念や、復興に力を尽くした先人への感謝、平和への願いを込めて「長岡まつり 花火大会」が開催されます。

長岡花火大会の日程と見どころ

「長岡まつり 花火大会」は、8月1日に前夜祭、8月2日と3日に花火大会が行われます。

今年の見どころは「米百俵花火・尺玉100連発」。越後長岡応援団・沢田知可子さんの長岡復興応援ソング「空を見上げてごらん」に乗せて打ち上げます。ほかにも、大がかりな花火がたくさん上がり、約2時間のプログラムは見どころ満載。

この花火大会のチケットを個人で手配することもできますが、抽選となるので、必ず見に行きたいときはバスツアーを利用するのが便利です。車中泊の0泊2日、ホテル泊の1泊2日のバスツアーをご紹介します。

1.長岡花火ツアー フリー観覧 日帰り

花火大会会場まで往復のみのバスツアーです。昼出発で会場到着後、自由観覧(土手沿いスペースなど)で花火を楽しみます。

花火大会終了後の22時頃、会場を出発。車中泊、朝到着のツアーです。ドライバー2名と添乗員1名の3名体制にて行程をしっかりサポートしています。

【設定期間】
2016年8月2日(火)発・8月3日(水)発
【旅行期間】
日帰り2日間(復路夜行)
【出発時間・場所】
新宿12時15分、大宮11時15分
【食事】
なし
【添乗員】
同行
【旅行代金】
15800円~19800円
【申込み】
四季の旅 03-5203-1502

2.長岡花火ツアー 観覧席付き 日帰り

花火大会会場まで往復と観覧席付きのバスツアーです。昼出発で会場到着後、観覧席(左岸の団体観覧席を予定)で花火を楽しみます。

花火大会終了後の22時頃、会場を出発。車中泊、朝到着のツアーです。格安で花火大会を楽しめるツアーです。

【設定期間】
2016年8月2日(火)発・8月3日(水)発
【旅行期間】
日帰り2日間(復路夜行)
【出発時間・場所】
新宿12時15分、大宮11時15分
【食事】
なし
【添乗員】
同行
【旅行代金】
19800円~23800円
【申込み】
四季の旅 03-5203-1502

3.長岡まつり大花火大会観覧席プラン 阿賀野川で舟下り2日間

ec015753b8cd6cf7b5dbc8b70d556236_s

長岡花火大会だけでなく、1泊して翌日は「阿賀野川舟下り」を楽しむ2日間のバスツアーです。

宿泊は、万代シルバーホテルまたは同等クラスのホテルとなります。朝食1回付きのツアーです。

【設定期間】
2016年8月2日(火)発・8月3日(水)発
【旅行期間】
1泊2日
【出発時間・場所】
新宿11時30分
【食事】
朝食1回
【添乗員】
同行
【旅行代金】
29900円
【申込み】
クラブツーリズム 03-5998-3333

4.長岡まつり大花火大会イス席プラン アルプの里で空中散歩と北欧風温泉リゾートホテル2日間

937165e42c8c8a2960227a07d6049343_s

長岡まつり大花火大会を、クラブツーリズム専用イス観覧席から鑑賞。越後コシヒカリ弁当の夕食付き。

樺野沢温泉に宿泊。翌日は、湯沢高原のロープウェイでの空中散歩と、湯沢不動滝観光を楽しみます。食事3回付き。

【設定期間】
2016年8月2日(火)発・8月3日(水)発
【旅行期間】
1泊2日
【出発時間・場所】
新宿11時30分
【食事】
夕食1回 朝食1回 昼食1回
【添乗員】
同行
【旅行代金】
31900円~34900円
【申込み】
クラブツーリズム 03-5998-3333

5.長岡まつり大花火大会 マス席プラン 日帰り

02529c06b83f21a94513b0259c0d6a2b_s

上野、新宿、練馬から出発できる日帰りのバスツアー。越後ゆきくら館を見学後、長岡花火大会会場へ。

クラブツーリズム専用マス席から花火大会を鑑賞します。夕食の弁当付き。花火大会終了後、会場を出発し車中泊の日帰りツアーです。

【設定期間】
2016年8月2日(火)発・8月3日(水)発
【旅行期間】
日帰り2日間(往路夜行)
【出発時間・場所】
上野9時40分 新宿10時30分 練馬11時00分
【食事】
夕食1回
【添乗員】
同行
【旅行代金】
21900円
【申込み】
クラブツーリズム 03-5998-3333

花火大会鑑賞の準備は十分に

お子さん連れで花火大会を鑑賞する場合は、準備を十分にしていきましょう

敷物はもちろん、日よけ用の帽子、うちわ、防寒具、懐中電灯などを準備しておくと安心です。

また、日帰りバスツアーの場合、食事がついていないことが多いので、必要な場合は持参しましょう。

悪天候で花火大会が中止になる場合もありますので、ツアーを申し込む時は条件確認を忘れずに。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP