子どもが盛り上がる!親子クッキング(4)「必殺ワザ」で盛り上げる!

子どもが盛り上がる!親子クッキング(4)「必殺ワザ」で盛り上げる!

Bu facebook
Bu twitter

「必殺ワザ」で盛り上げる!

子どもの食欲は日によって変わるので、一生懸命作っても子どもが食べてくれないことがありますよね。そんなときにぴったりな、2つの「必殺ワザ」を紹介します。


子どもが盛り上がる!親子クッキング(4)「必殺ワザ」で盛り上げる!

講師: コウケンテツ(料理研究家)
2人の子どものパパとして、子どもの食事に悩んだ経験をもつコウケンテツさん。
今回は子どもの食が進む工夫や、親子で楽しめるレシピを紹介します。

魔法のスパイス

「必殺ワザ」の1つ目は、「魔法のスパイス」です。
「魔法のスパイス」とは、ゴマや青のりなど乾物の食材です。子どもの食が進まない
なというとき、「魔法のスパイス」を子ども自身でご飯などにふりかけさせてみてください。

「あれ今日食べないな?」というときに1度ぜひ試してください。

魔法の野菜ラーメン

「必殺ワザ」の2つ目は、「魔法の野菜ラーメン」です。
余分なだしをとらず、材料を全部放り込んでいくだけで、子どもがびっくりするくらいの量と野菜を食べてくれる、魔法のラーメンです。

<材料>大人2人分

▼野菜炒め用
・豚バラ薄切り肉 150g
・あさり(砂抜き済) 150g
・もやし 1/2袋
・キャベツ 2枚
・小松菜 2本
・中華麺 2玉
〔下準備〕
豚肉:食べやすい多きさに切る。
あさり:砂抜きして洗っておく。

▼スープ(煮汁)用
・オイスターソース 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・酒 大さじ1
・水 3カップ
・にんにくのすりおろし 少々
・塩 適宜
・ごま油 小さじ2
子ども用に塩分控えめの味付けになっています。物足りない場合は、お好みで調整してください。

<つくり方>

(1)キャベツを食べやすい大きさにちぎる。
子どもはちぎる、破くなどの行為が大好きです。お手伝いにはぴったりです。

(2)小松菜を3~4センチの長さに切る。

(3)鍋に、ごま油以外のスープ用の材料と、豚肉を入れて煮立てる。
アクがでたらしっかり取りましょう。肉の臭みが抑えられ、美味しいスープになります。
豚肉はうまみがあるため、アクが出やすいです。

(4)(3)に野菜とアサリを加えてさらに煮る。
〔POINT!〕
子どもが火の前に立つときは、鍋の柄の角度に注意してください。
柄を真ん中にもってくると身体にあたって落ちたりします。下の写真のように時計の7時くらいの角度に柄をもってきて、左手で持つと、調理しやすいですよ。

(5)塩で味を整え、火を止めて、ごま油を混ぜる。
アサリの口が開くまで煮たら、味の決め手であるごま油を加えましょう。

(6)茹でたての中華麺とスープを合わせれば、完成。

大人はラー油を入れると、美味しいですよ。
ぜひ試してみてください。


同じ週に放送された番組記事

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP