「わたし学校やめるね」小3の娘の決断。そして、私たち親がすべきこと

「わたし学校やめるね」小3の娘の決断。そして、私たち親がすべきこと

Bu facebook
Bu twitter

1学期はあまり学校に通えなかった娘、心境の変化。

「わたし学校やめるね」小3の娘の決断。そして、私たち親がすべきことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10250006355

2学期が始まりました。

昨年話題となった、鎌倉市図書館の「学校が始まるのが死ぬほどツラかったら、図書館においで」というツイートで、

9月1日に子どもたちの自殺が多い

ということを、ご存知の方もいらっしゃると思います。

小学生の娘も、1学期の終わりは半分ほどしか登校しておらず、2学期が始まればまた、大きなストレスがかかるのではないか?と不安を抱えながら夏休みを過ごしていました。

ところが8月を少し過ぎた頃、娘が突然「私、2学期は毎日学校に行くことに決めた!」と宣言したのです。

あれほど、学校へ行きたくないと言っていた娘の、突然の変化。

私「どうして行きたいと思うようになったの?」

娘「先生や友達に会いたくなったから、かな。」

私「そっか。じゃあ、無理はせずに楽しんで行けるようなら行ってみようね。」

体に異変が出るほど辛い登校。それでも娘は学校に行くと決めた

「わたし学校やめるね」小3の娘の決断。そして、私たち親がすべきことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10568003553

そして、その日から娘のチックが始まったのです。本人は気付いていませんが、1日中、目や口を右に左にぐいっと上に引き上げるようになりました。

体にチック症状が現れるのは、いつも過剰なストレスを受けたとき。それほどまでに負担がかかるなら、なぜ「学校へ行く」という選択をしたんだろう?

それでも私は、娘の決めた事ならば見守ってみよう、と様子を窺っていたのですが…。案の定、9月を前にすると不安は増し、チックはますます酷くなり、塞ぎ込む日が続きました。

身体症状が出るほど、娘にとって負担の大きい「学校へ行く」という選択。それでも、娘が「学校へ行く」という選択をしたのは、お友だちや先生に会いたいという気持ちが大きかったからでした。

学校から戻るやいなや、娘は私にこう言った…

「わたし学校やめるね」小3の娘の決断。そして、私たち親がすべきことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10568003560

そして迎えた始業式当日。チックはまだ出ていましたが、娘が決めたことです。私は温かく送り出しました。

その後、自宅から戻ってきた娘は一言、「私、学校やめるね」と宣言しました。

そして、それ以降、娘は学校に行かずに家で過ごしています。ご家庭によって、「学校」の捉え方は千差万別。また、学校へ行かなくなる理由も、子どもによって違うでしょう。

娘の場合、慕ってくれるお友だちは割と多く、先生との仲も良好です。成績もそこそこ良く、授業についていけないという訳でもありません。

それでも、行けないのです。その理由を以前、聞いたことがあります。

私「学校に行っている間、楽しい時間はある?」

娘「家から持って行った本を休み時間に読んでるとき!」

私「お友だちや先生と過ごす時間はどう?」

娘「う~ん、楽しいのは楽しいけど、私がお喋りしたいことはみんなが知らないことだし、みんなが興味のあることは私にはどうでもいいことだから、結局疲れちゃう。」

私「先生は時々しか時間が空いてないし、1対1で話せるわけじゃないから。」

とのこと。結局、娘にとってはお友だちと過ごす時間も、会話の内容を相手に合わせる「おつきあい」の一環でしかないようです。

朝は仲良しのお友だちが誘いに来てくれて一緒に学校へ行くのですが、ルールに厳格な娘は、道路に向かって缶を蹴ったり、急に走り出したりする、児童にも強い怒りを覚えます

「わたし学校やめるね」小3の娘の決断。そして、私たち親がすべきことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174007494

理由は他にもあります。贅沢な悩みと思われるかも知れませんが、教科書に1度目を通せばわかることを、延々と説明され反復させられる授業も、娘にとっては辛い時間なのです。

授業時間を、娘にも意味のある時間にできれば…と、「先生が人に教える時、どんな工夫をしているか観察してみたら?」「先生がお友だちをあてる順番に、どんな意味があるか考えてみたら?」といろいろやってみました。

でも、それも1度わかってしまえば、つまらなさすぎる、とのことでした。

今、娘にとっての学校は『安心して過ごせる』場所ではなく、顔中にチックが出るほど負担のかかる場所なのです。

ずっと頑張っててきました。お友だちも作ったし、係の仕事も掃除も運動会の練習も応援も、誰よりも頑張ってきた。

「行かない」と決めたなら、それでいいんじゃない。そんな大きなことを自分で決められるようになった。それだけでも、充分得るものがあったのだと思います。

学校が悪い訳でも、娘が悪い訳でもなく、学校というシステムに娘がマッチしなかった。そういうことなんだろうと思います。

やめさせるのは簡単なこと。だとしても、子ども自身の学びに繋げたい

「わたし学校やめるね」小3の娘の決断。そして、私たち親がすべきことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10568003559

実は、娘が学校へ行くと決めた後、繰り返されるチックを見て、私は何度も「もう学校へ行かなくていいよ」という言葉を口にしそうになりました。

でもこれは、自分の人生を決めるのは自分なんだ、ということを身を持って学ぶ良いチャンスと考えていました。

苦しんでいる娘に一声かけて、楽にしてあげるのは簡単なことですが、そこで私が「行かない」方へ背中を押してしまうと、「お友だちや先生に会いたかった」という心残りがいつまでも消えず、いつの日かきっと後悔すると思うのです。

私にできることは、娘に寄り添い、学校に行かない場合のメリット・デメリットを話し合い、どんな結論を出しても「ママはあなたを応援する」と繰り返し安心させてあげることだけでした。

「学校へは行きたくない」でも「お友だちや先生に会いたい」という気持ちを天秤にかけ、どちらを選択するかは、娘自身にしかできないからです。

学校をやめた子どもを支えるため、大切にしたいこと

「わたし学校やめるね」小3の娘の決断。そして、私たち親がすべきことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10568003589

こうして、学校へ通わず家で過ごすようになった娘。これから、担任の先生やスクールカウンセラーを交えての話し合いが、続くことになります。

この先、学校へ行かないことでどんなメリット・デメリットがあるのかも、よく調べていかなければなりません。それでも、自宅でリラックスしながら、自分のペースで学習に取り組める環境は、娘に合っているようです。

学校の話をすると、まだチックの出る娘。しかし、リラックスしている時には出ないので、この選択で良かったのだと思います。

何が正解なのかは誰にもわかりません。だからこそ、親も子もゆっくりと問題点を洗い出し、考え、決断をしていかねばならないのだと思います。

わが家では、これからも『安心して過ごせる場所』を基準に子どもと一緒に考えていこうと思います。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP