離乳食もできちゃう!ヘルシーママごはん(4)“鶏のほぐしささみ”をベースにしたレシピ

離乳食もできちゃう!ヘルシーママごはん(4)“鶏のほぐしささみ”をベースにしたレシピ

Bu facebook
Bu twitter

“鶏のほぐしささみ”をベースにしたごはん

「鶏のほぐしささみ」をベースにしたごはんです。
鶏のささみ肉は、7か月ごろの子どもから、離乳食として使えるタンパク源です。
肉の中では脂質が少ないヘルシーな食材ですよ。


講師:松尾 みゆき(管理栄養士)
子育て中のママはいそがしいですよね。その上、産後の体は以前とは調子が違います。「寝不足」「貧血」「疲れ」「便秘」「けん怠感」に悩まされたり、産後の体型も気になります。
そのようなときは、離乳食にも使えるヘルシーで薄味のベースを作りましょう。そのベースをもとに、離乳食とママの体にいいごはんを作れば、手間が省けてらくちんですよ。

まずはベースとなる「鶏のほぐしささみ」を作りましょう。

ベース

「ほぐしささみ」

▼材料
・鶏のささみ肉 適量

▼作り方
(1)鶏のささみ肉を、火が通るまで茹でる。
茹でる目安は、鶏のささみ肉の内側が、赤くなくなったらOKです。

(2)あら熱が取れたら、鶏のささみ肉のすじを取り除き、細かく裂く。

(3)冷凍保存袋に入れ、空気を抜いて口を閉じ、薄く平らにならして冷凍庫に入れる。
凍った後に、必要な分だけ割って使いましょう。



 
 
「鶏のほぐしささみ」をベースにした離乳食とママごはんのレシピを紹介!

離乳食のレシピ~子どもの成長別~

「ほぐしささみを使った離乳食」

冷凍したほぐしささみを離乳食に使う場合は、必ず加熱して、冷ましてからあげてください。
ささみと野菜を組み合わせて、子どもの味を広げていきましょう。

<7~8か月の子の離乳食>
「とろとろささみのミルクあえ」

▼材料
・ほぐしささみ 10g
・ミルク(粉ミルクをお湯で溶かしたもの) 小さじ1 
【ポイント】
※粉ミルクはお湯で溶いておいてください。

▼作り方
(1)なめらかになるまでほぐしささみを、すりばちとすりこぎ棒でつぶす。

(2)(1)にミルクを加え、のばす。


 
 
<9~11か月の子の離乳食>
「ささみとキャベツのサラダ」

▼材料
・ほぐしささみ 15g
・ゆでキャベツ 20g
・野菜スープ 小さじ1
※「離乳食もできちゃう!ヘルシーママごはん(1)野菜スープ」を参照。

▼作り方
(1)ほぐしささみと、ゆでたキャベツを5mm程度に切る。
キャベツは芯を除いてください。

(2)(1)と野菜スープをあえる。


 
 
<1歳~1歳半の子の離乳食>
「ささみとブロッコリーのみそヨーグルトあえ」

▼材料
・ほぐしささみ 20g
・ゆでブロッコリー(つぼみの部分) 20g
・プレーンヨーグルト 大さじ1
・みそ 小さじ1/8

▼作り方
(1)ブロッコリーを茹で、つぼみの部分を小さく切る。

(2)ささみを1cmに切る。

(3)プレーンヨーグルト、みそ、(1)、(2)をすべて混ぜ、あえる。
 
 

産後のママごはんレシピ

「ささみと野菜の冷やしうどん」
疲れたときでも、野菜をたっぷりとれるメニューです。
酢のクエン酸が疲労回復を助け、薬味やごまには食欲増進効果があります。お好みでキムチを入れることもオススメです。

▼材料(大人1人分)

(具材)
・ほぐしささみ 40g
・乾燥わかめ 小さじ1
・みょうが 1個
・かいわれ大根 10g
・うどん 1玉
・キムチ 40g
・白いりごま 少々
【ポイント】
※乾燥わかめは水で戻しておきましょう。

(調味料)※下記はあらかじめ混ぜておきましょう。
・めんつゆ(3倍濃縮) 1/4カップ
・水 1/2カップ
・酢 小さじ1

▼作り方
(1)みょうがを千切りにする。

(2)かいわれ大根は根元を切り落とし、半分に切る。

(3)うどんをゆでる。

(4)ゆであがったうどんを冷水にさらして冷やし、しっかりと水気を切って、器に盛る。

(5)(4)に野菜とわかめ、ほぐしささみをのせ、調味料を注ぐ。さらに、キムチをのせ、ごまをふる。

手軽な麺類ですが、ささみとお好みの野菜、薬味をたっぷりのせると一品で栄養がとれますよ。


離乳食の食材にうまく大人のエッセンスをプラスして、楽しく簡単にママのごはんも作っていきましょう。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP