必ず乗れる4ステップ!補助輪なし自転車を練習しよう

必ず乗れる4ステップ!補助輪なし自転車を練習しよう

Bu facebook
Bu twitter
自転車

「○○くん、もう自転車になれるようになったんだって!」そんな報告を子供から聞くと少し焦りますよね。うちも負けてはいられないと、急に補助輪を外してみたり……ということもあるのではないでしょうか。

今回は「補助輪なし自転車」を攻略するコツを紹介します。必ず乗れるようになりますから、子供を信じて、じっくり取り組みましょう。

練習を始める前にチェックしよう

いつから乗れる?

子供用自転車は12インチから展開しているので、小さな子供でも乗ることができます。しかし、ある程度スピードが出る自転車で補助輪なしの練習するということであれば、「危険の判断ができる」「ブレーキをしっかり握れる」「自転車を持って起こしたり、引いて歩いたりできる」などの能力・体力は必要です。

一般的には、4~5歳から補助輪を外す子供が多いようですが、3歳から乗り始めたり、小学校低学年で練習を始めたりと、それぞれの興味や能力によってスタート時期はさまざま。無理やり練習させると自転車が嫌いになってしまうことも考えられます。子供の方から「乗りたい」と言ってきたら始めどきなのかもしれません。

どこで練習する?

どんなに交通量が少ないところであっても、道路や駐車場での練習は危険!小さな公園や、サイクリングロードがある公園、車の進入ができない私道や遊歩道などが近くにあるといいですね。また、「交通公園」と名の付く公園は、自転車が借りられる上に交通マナーも学べて一石二鳥!子供のための自転車教室を開催している団体もありますので調べてみてはいかがでしょうか。

初めての自転車!失敗しない選び方

自転車は、決して安くないお買い物。つい「長く乗れるように大きなものを」と思ってしまいますが、大きすぎる自転車は事故にもつながります。ちょうどいいサイズのものを選んであげましょう。

サイズの目安としては、サドルにまたがって足のつま先が地面に付く大きさが適切と言われています。補助輪なしで練習をする場合は、よろめいた時にバランスを取るため、足の裏がべったり付くくらいサドルを低くできると安心感があります。 年中~年長くらいから練習を始めるのであれば、16インチ。もう少し大きいお子さんならば18インチの自転車から選んでみましょう。 練習にはヘルメットも必要なので、自転車と一緒に買っておくといいですね。

さっそく乗ってみよう!

いよいよ自転車に乗る練習を始めます。効果的な教え方を4つのステップに分けて解説します。

ステップ1.正しい乗り方を教える

いきなり「さあ、乗ってごらん!」と言っても乗れるはずはありません。まずは、自転車の基本的な取扱いと乗り方について教えることが早道です。

  • 常に自転車の左側に立ち、左側から乗り降りすること
  • ブレーキをしっかり握ること
  • 自転車をひいて歩くこと
  • スタンドを立てること
  • 倒れた自転車を起こすこと

など、親がお手本を見せるとわかりやすいですね。扱いの基本がわかると、無駄に痛い思いをすることも少なくなります。

ステップ2.バランスが取れるようになれば乗れたも同然!

自転車の扱いに慣れたら、またがって進んでみます。が、ペダルに足をかけるのはまだまだ。

補助輪なしの自転車はバランスが命です。バランス感覚を養うためには、またがって歩くことから始めます。歩くことに慣れたら、地面を蹴って進む練習をしましょう。ペダルをはずしてしまっても構いません。ストライダーなどランニングバイクでの練習も効果的です。自転車にまたがったまま助走で勢いを付け、足を持ち上げてバランスを保てるようになったら次のステップに進みます。

ステップ3.ハンドルの使い方を練習

ハンドルには、方向を変えるだけでなくバランスを取る役割もあります。蹴って進む練習をしているときに倒れそうになったら、足を付きそうになる方にハンドルを切ることを教えてあげましょう。バランスが保たれ、より長く乗れるようになります。 足を地面から離したまま、Uターンができるようになれば、いよいよ最終ステップです。

ステップ4.最後にペダルをこげば完成!

三輪車や補助輪付き自転車に長く乗っていた子供は、ペダルには慣れているでしょう。そうでない場合は、スタンドを立ててペダルを漕ぐ練習をします。

前段階までで充分バランスが取れていれば、スムーズにペダルを漕いで進めるはずです。漕ぎ出しはふらつくので、親が支えてあげます。利き足のペダルが上になるようにして、下を向かずに前を向いて漕ぎ出すように教えましょう。

うまくいかなくても気長に構えよう

自転車に乗る感覚は、子供自身がつかむしかありません。親が余計な口出しをすると子供の気分が萎えてしまうことも。最初に説明を済ませたら、子供に任せて見守るよう心がけましょう。

「せっかく買った自転車に傷が付くのを見ていられない……」という大人の事情もありますよね。練習はお下がりなどの中古品を利用して、乗れるようになったら新しい自転車を買うという方法もオススメです。

お子さんが補助輪なし自転車をマスターできるよう、親子で力を合わせて頑張ってくださいね!

参考/ いこーよ「2~3時間で乗れる子どもも!補助輪なし自転車練習のコツ」 ブリヂストンのキッズサイクル「子供用自転車の選び方」 CYCLE BASE asahi「子供用自転車の選び方」

関連コラム

日本でも当たり前に?幼児期からのコンピューター教育
子供にも効果抜群!塗り絵がもたらす効果とは
『ゆとり教育』の成果と反省、これからの『脱ゆとり』
性格が関係ある?子供にむいているスポーツって?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP