アメリカの保育園で友だちに噛まれた息子が、後日もらった手紙の内容にびっくり!!

アメリカの保育園で友だちに噛まれた息子が、後日もらった手紙の内容にびっくり!!

Bu facebook
Bu twitter

報告書(Incident Report)をもらうとドキドキする

息子がアメリカの保育園に通ってすでに2年を過ぎました。

現在は最上級生の5歳クラスにいます。言葉の壁も一切なく、他の子ども達と仲良くしているのだけど、年頃なのでたまに喧嘩もしてしまうようです。

ある日、息子を迎えに行くと、息子のロッカーに手紙が入っていました。
Incident Report(インシデント・レポート…事件の報告)と書いています。
子どもが保育園で怪我をしたり・させたりすると、状況を簡単に説明した手紙が渡され、担任・保護者が確認して署名し、それを保管する、ということになっています。

息子は元気そうだったので、誰かに怪我をさせていないと良いな…と思いながら目を通すと「遊んでいるときに友達に噛まれた」と書いてありました。
息子の手を見ても特に目立たないので、たいした怪我はしなかったようだけど、少し驚きました。
噛んだ子どもの名前は書いていないので、先生に「誰に噛まれたんですか?」と聞くと「それは教えられないんですよ」と言われました。親同士のトラブルを避けるためか、教えないルールになっているようでした。これは日本の保育園でも同じだったような気がします。しかし、その横で聞いていた息子が「今日、デイビッド(仮名)が僕を噛んだんだよ!」と即答してしまいました。先生は苦笑いしながら「そういうことです…」と言っていました。

ちなみに、犯人とされたデイビッドという子は、結構気弱でおとなしい子ども。
息子がクラスの中で一番仲良くしている子どもでした。そんなおとなしい彼がどういう経緯で牙をむいたのか、気になります。報告書に最後まで目を通すと「三輪車を取り合って、息子がデイビッドにツバを吐きかけたので噛まれた」と書いていました。

…これって、息子にも結構非があるパターンじゃないか…

後日、デイビットの家から謝罪のお手紙が届く

Incident Reportは、噛まれた側(我が家)だけでなく、噛んだ側の家庭にも届けられているようでした。当然、誰を噛んだかは書かれていないのだけど、子どもももう5歳なので、誰を噛んだかは聞けば正直に答えることでしょう。

数日後、息子のロッカーにお手紙が入っていました。デイビッドからでした。

息子がアメリカの保育園で友だちに噛まれた!日本では見られない対応に考えさせられるの画像

出典 : Upload By ブルース(駐在夫)

明らかに5歳児の筆跡ではない流暢な謝罪文と、5歳児らしい筆跡の謝罪文の2通入っていました。1つはデイビッドのママが書いて、もう1つはデイビッド本人が書いたようです。我が家はあまり子どもの喧嘩に介入しない主義なので、教育熱心な家庭だなと思いました。

ママが書いた手紙にはこう書いてありました。(写真参照)
「◯◯君へ 噛んでゴメンなさい。外で謝っていませんでした。友達でいてくれてありがとう。僕は君とピザのおもちゃで遊ぶのが大好きだよ。デイビッド(仮名)より」

日本とアメリカの文化の違いを実感

日本だと親がひたすら陳謝する謝罪文になりがちですが、デイビッドのママからのお手紙は、非を認めつつ、「これからもよろしく」とでも言うかのように、最終的にはポジティブな内容で終わっていました。これは、一方的に謝罪せず、常に前を向くアメリカ人らしさがよく表れている謝罪のお手紙だな、と感じました。

まだ5歳児同士なので、ぶったり噛んだりしてもさほど一大事にはならないのですが、保育園からIncident Reportをもらうと、やはりドキドキしてしまいますね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP