今からワクワクする! 子育てで一番楽しみなこと4選

今からワクワクする! 子育てで一番楽しみなこと4選

Bu facebook
Bu twitter
これから先のライフプランの中に、子どもを産む、という計画がある人も多いと思います。結婚しない、子どもを作らない、という選択をする人も最近は珍しくないですが、それでも、子どもがほしいと強く望む女性は数多くいます。そこで今回は働く女性たちに、子育てで一番楽しみなことについて聞いてみました。

■成長を見守る

・「子どもの成長。成長するのを見るのは楽しいだろうから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「子どもが歩いたりしゃべったり成長していく様子を見守ること」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「初めてしゃべる言葉は何だろうかってこと」(32歳/自動車関連/技術職)

・「寝返り・ハイハイ・つかまり立ち……などなど、日々の成長を身近で見守れること」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

大人の変化とちがい、子どもの成長、変化は著しいものです。子どもの一年と、大人の一年を比べたら、その変化はまるで早送りをしているかのよう。これをそばで見ることはきっと楽しく、うれしいものでしょうね。

■一緒に遊ぶ

・「一緒に遊べるようになること」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「子どもと一緒に料理したり、スポーツすること」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「いろんな経験をさせてあげたいので、家族みんなでいろいろなところに行って思い出を作りたい」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「子どもと一緒に動物園や水族館で楽しむこと」(25歳/医療・福祉/専門職)

子どもと一緒に遊ぶ……親戚や友だちの子どもと遊んだことがある人もいるでしょうが、自分の子ども相手となったら、その幸福感もひとしおでしょう。

■かわいい服を着せる

・「かわいい洋服を着せること」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「かわいい洋服を着せたり、一緒に遊びたい」(34歳/金融・証券/専門職)

・「子どもにいろんな服を着せて写真を撮りたい」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「いろいろ、かわいいお洋服を着せて写真を撮りまくりたい。Instagramにアップするのも楽しそう」(25歳/食品・飲料/専門職)

自分が子どものときに着たかったけれど、着られなかった服、子どもにどうしても着せたかった服などを、まるでファッションショーのように着せたがる女性は非常に多いようです。

■コミュニケーションをとる

・「しゃべるのを覚えていろんな会話ができるようになってきたとき。コミュニケーション力を育てたいから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分に笑いかけてくれるところ」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「子どもが私に向かって笑いかけてくれる日が訪れたらいいなと思います。それが楽しみです」(30歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

産まれたばかりの赤ちゃんは、だんだんとコミュニケーションの方法を身に着けていきます。自分の子どもと会話できる、笑顔を向けてもらえる……さぞや幸せな瞬間になるでしょう。

■まとめ

子どもを産む、ということは、ひとつの命を生み出すということ。その責任は重大で、生まれるまでにはさまざまな苦難を経験することになるでしょう。無事に産まれてからも、大変なことは多いでしょうが、その苦しみや、つらさが吹き飛ぶくらい、うれしいこと、幸せなことが必ず起こります。子どもを産むことに今は消極的になっている人も、一度、子どもが生まれたらどんな生活になるか、想像してみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年2月17日~2月24日
調査人数:145人(22歳~34歳の女性)

関連リンク
【栄養学講座】第1回:“妊娠力”を守るには? 現代女性が見直すべき「食生活」のキホン
「子どもが好きではない」「自分の人生を楽しみたい」働く女子が出産しない理由
妊娠の兆候・症状まとめ
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP