妊娠中の便秘の原因と予防

妊娠中の便秘の原因と予防

Bu facebook
Bu twitter

便秘はもともと女性に多い症状ですが、妊娠・出産前後には、より便秘を発症しやすくなります。

最高の便秘対策は、原因を理解し、正しく予防すること。ここでは、妊娠中の便秘の予防対策について、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

妊娠中の便秘の原因

妊婦さんの写真,妊娠,便秘,予防 出典:www.skincare-univ.com

妊娠中に、便秘に悩まされる女性は多く、普段は便秘に無縁の人でも、妊娠中は便秘対策が必要になります。

それではなぜ、妊娠中は便秘になりやすいのでしょうか?主な原因は以下の通りです。

(1)黄体ホルモンの影響

妊娠中に活発に分泌される黄体ホルモンは、子宮の収縮を抑える働きがあります。この働きの影響で、子宮のみならず、食物を肛門に送り出す「平滑筋」と呼ばれる筋肉の収縮も抑えるため、腸の蠕動(ぜんどう)運動が減ってしまいます。

また、黄体ホルモンは、体内に水分を蓄えるように働きかけます。そのため、大腸から水分を吸収する量が増え、便の水分量が少なくなり、便が普段より固く、排便しにくくなります。

(2)大きくなった子宮が腸を圧迫

特に妊娠後期は子宮内の胎児が大きくなり、腸を圧迫します。圧迫された腸は、動きが圧迫によって抑制されるのみならず、血流が悪くなります。

腸のみならず肛門も圧迫されるため、便秘のみならず痔にも、なりやすくなります。

(3)ストレスなどで精神的なバランスが不安定に

マタニティ・ブルーという言葉もあるように、妊娠中は精神が不安定になりがちな時期です。日常生活の中でも何かとストレスを感じることが多いでしょう。

精神面のバランスが不安定だと、自律神経の乱れに繋がります。腸の運動は自律神経が司っていますから、ストレスが溜まっている状態では腸が不活発になり、便秘になりやすくなります。

普段よりも意識的に予防対策をすることが必要

妊娠中は、体型も体質も大きく変化します。しかし消化・排泄のメカニズムが変わるわけではありません。ですから、基本的には妊娠前と同様の対策を施すことで、便秘予防を行うことができます。

便秘を引き起こす主な原因は、「食物繊維不足」「水分不足」「運動不足」「ストレス」「腸内環境の悪化」などです。

いずれも、腸機能の低下を招くために便秘が引き起こされます。

妊娠中は普段よりも便秘になりやすくなるので、もし便秘の原因となる上記で当てはまるものがあれば、意識的に改善するようにしましょう。

具体的な予防策

上述の通り、妊娠時の便秘を予防するためには、意識的に対策をしなければなりません。便秘になりがちな方は、以下を参考に予防対策をしてください。

(1)食事・食べ物

妊娠中にできる最もお手軽な予防法が、食事に気をつけることです。特に妊娠初期では、つわりの影響で食欲不振になりがちですから、食生活への意識は大切です。

食物繊維の多い食品や、便秘解消に役立つ食べ物については『便秘の原因(1)食物繊維不足 』や『便秘改善・解消法(食べ物編)』をご覧ください。

(2)水分補給

妊娠中の女性は、ホルモンの影響で大腸からの水分吸収が促進されます。一方で、水分不足はすべてのタイプの便秘に共通する原因です。便が硬くなると出にくくなる上に、滑りも悪くなるためです。

水分不足について詳しくは、『便秘の原因(5)水分不足』をご覧ください。

(3)適度な運動

妊娠中は周囲から気を遣われて、安静にしているよう言われることも多いことでしょう。

しかし、医師に指示されているようなことがなければ、妊娠中であっても適度な運動は積極的に行いましょう。運動は腸を刺激し、蠕動運動を促すのみならず、自律神経を整え、腸を活性化します。

便秘と運動について詳しくは、『便秘の原因(2)運動不足』をご覧ください。

妊娠中は特に便秘になりやすいため、予防対策を行っても、便秘になってしまう場合があります。

そのような時は、『妊娠中の便秘の解消法』を参考に、通常よりもより一層の便秘解消策を講じるようにしましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP