本場アメリカのハロウィンの定番料理!マカロニチーズって知ってる?

本場アメリカのハロウィンの定番料理!マカロニチーズって知ってる?

Bu facebook
Bu twitter
アメリカの食卓でたびたび出てくる“マカロニアンドチーズ”ってご存知ですか?
アメリカ映画などでもよくテーブルに出てきたり、家庭料理として定番なのでいわば、おふくろの味的なものにも近く、学食の定番メニューになるほどポピュラーで、インスタントのソースの素も売られています。
茹でたマカロニに塩味の効いたチーズソースを絡めたグラタン料理の一種で、チーズはチェダーチーズを使うのが一般的なのでとっても濃厚で、子供達が大好きな食べ物のうちのひとつです。
そこで、今回は、ハロウィンイベントの本場でもあるアメリカのマカロニチーズに、かぼちゃを加えてハロウィンバージョンにアレンジしてご紹介したいと思います。
一度にたくさん作れ、パーティー料理にもぴったりなのでぜひ作ってみてくださいね!



材料 4~5人分
かぼちゃ:250g
マカロニ:250g
玉ねぎ:1/2個
ウインナー:8本
チェダーチーズ:200g
粒マスタード:大1
顆粒コンソメ:小2
塩、胡椒:適量
薄力粉:大4
バター:30g
オリーブオイル:大1+大1
牛乳:500cc
生クリーム:100cc
ナツメグ:適量
パン粉:適量


下準備
・かぼちゃは100gは皮付きのまま2cm角に切り、水をふりかけ耐熱皿に乗せ、ふんわりとラップをして600wのレンジで5~7分、柔らかくなるまで加熱する(フィリング用)
・かぼちゃ150gは皮付きのまま5cm角に切り、水をふりかけ耐熱皿に乗せ、ふんわりラップをして600wのレンジで6~8分加熱し、粗熱が冷めたら包丁で皮を切り落とし、なめらかにつぶす(パンプキンチーズソース用)
切り落とした皮で、ジャックオランタンの顔を作る。
2
・マカロニは茹でて、オリーブオイル大さじ1をかける。
・ウインナーは薄く輪切りにする。
・玉ねぎは薄切りにする。

作り方
1.鍋に牛乳、生クリームを入れてひと肌に温め、パンプキンチーズソース用のかぼちゃを加えよく混ぜる。
2.フライパンにオリーブオイル大さじ1を中火で熱し、玉ねぎを炒める。火が通ったらバター、ウインナーを加え炒める。
3.薄力粉を加え具、全体にまぶす感じで炒める。1.を少しづつ加え、その都度木べらでよく混ぜる。とろみがついたらマカロニ、チェダーチーズ、フィリング用のかぼちゃ、ナツメグを加え混ぜる。粒マスタード、顆粒コンソメ、塩胡椒で味を整える。1
4.耐熱皿に3.を入れ、パン粉をかけて180℃のオーブンできつね色になるまで、15分~20分焼く。焼きあがったら、かぼちゃの皮で作った目、鼻、口をつけて完成。3%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%ba24


レシピ監修:堀川 望美
食育インストラクター、ハーバルスペシャリスト。
2年間のアメリカ生活ののち帰国後、企業タイアップのレシピ開発、連載など子育てと料理に関する分野で活躍。
自宅で開催する料理教室、お弁当教室も大人気。ブログはコチラ
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP