時期や費用は? 不妊症検査の一連の流れと検査内容

時期や費用は? 不妊症検査の一連の流れと検査内容

Bu facebook
Bu twitter
最近注目の不妊症検査について解説しています。まったく知識がない方でも、不妊症検査の流れやかかる費用など、基本的な事柄が理解できるように厳選した内容を盛り込みました。検査を考えるべき時期についても触れているので、気になっている方はぜひチェックしてみて下さい。

赤ちゃんが欲しいと思っているのになかなか妊娠しないと、私って不妊症なのかなとだんだん不安になってきたりしませんか? でも、デリケートな話題だけに人に相談しづらかったり、受診するのにも勇気が必要だったりします。ただ、1人で思い悩んでいるだけでは何も進まないし、どんどん年をとって妊娠しづらくなるというリスクもあります。そこで、まずは不妊症検査がどんなものなのかを知って、将来に備えてみませんか。

不妊症とは

日本産婦人科学会によると、不妊は、妊娠を望む男女が避妊せずに性交渉を持っている状況においても、一定期間妊娠しない状態をいいます。一定期間というのが1年間であり、以前は2年と考えられていたものが短縮されました。その背景には、晩婚化や出産年齢の高齢化など、年々妊娠成立の壁が高くなっていることが挙げられます。また、健康的な男女が妊娠を望んで性交渉をした場合、1年以内の妊娠率は80%を超えるとも言われており、1年以内に妊娠しないケースが不妊症だと考えられています。

不妊症検査を考えるべき時期

不妊の定義で示されているとおり、避妊をしなくても1年以内に妊娠しない場合に不妊症検査を考え始める方もいますが、例外もあります。例えば、過去に子宮の病気を患ったことがある方は、健康な方に比べて不妊の恐れが高いため早めの検査をする方がよいでしょう。また、30歳を超えてから妊活をする方も、妊娠の確率は年齢とともに低下していくため、早めに検査を受けておくと安心です。

晩婚化が進んでいる最近では、ブライダルチェックとして結婚前に不妊に関する検査を受ける人も増えています。早めに検査をすれば安心できますし、年齢とともに低下していく妊娠の確率を考慮すれば、不妊検査を考えるのは早い方がよいと言えます。

自分でできることは早めにしておく

不妊症検査はもう少し先にと考えている方でも、自分でできる不妊のチェックは早くからしておきましょう。代表的な方法としては、基礎体温の測定が挙げられます。不妊症検査のために初めて受診した時点で基礎体温を測定していなければ、検査の進行が遅れたり、診断まで余計に時間がかかったりすることだってあり得ます。

基礎体温を最低でも3ヶ月は続けて測定し、グラフが低温相と高温相の2相になっているか、高温期の長さは正常範囲内であるかなどをチェックしておきましょう。正常なグラフと比較して逸脱している項目があれば、早めの受診や治療開始にもつながりますので、そういった点からも自宅で簡単にできる基礎体温の測定は早めに習慣化しておきたいものです。

不妊症検査の流れ

基本的な不妊症検査の流れとしては、まず問診やカウンセリングを受けます。そこで、病歴や妊娠歴、月経周期、生活習慣、妊娠に対するカップルの希望などを専門家に伝え、検査のスケジュールを組みます。まずは、月経周期に合わせて採血や内診、超音波検査など比較的身体への侵襲が少ない検査を行い、原因を探します。それでも原因が分からなかったり、本人の希望があったりする場合には、実際に卵胞をお腹の中から取り出して調べるなどといった高度な検査に進んだりもします。

精液検査のみなら男性の不妊症検査も受け入れているというレディースクリニックもありますし、受けられる検査の内容や種類は施設によって異なります。受けたい検査を実施している施設であるのか、個々の予定に応じて検査のスケジュールに柔軟に対応してくれるのかなど、初期の段階で確認するようにしておきましょう。

月経周期に合わせて受ける検査

女性の不妊症検査には、月経周期の特定の時期にしかできない検査もあります。例えば、排卵の有無を調べるためには、超音波検査で排卵前に卵胞の存在を確認し、排卵後に卵巣内から卵胞がなくなっているかをチェックするため、排卵前後での検査が必要です。また、卵胞の成熟を促す女性ホルモンが正常に分泌されているかを調べるためには、排卵前の卵胞期に検査が必要です。

このように、月経周期に合わせて検査を受ける必要があり、仕事の予定などを調整しながら受診していかなければなりません。月経周期が一定でない方の場合、次の生理が来てから検査の予定を組んでいくというケースもあります。そのため、忙しい方ではなかなか都合をつけることができず、一通りの検査を終えるのに半年以上かかるということだってあり得ます。

どこまで検査をするのかを決めるのは自分

一言で不妊症といっても、その原因はさまざまです。卵子や精子はしっかりと育っているのか、育った卵子の通り道は整備されているのか、卵子とパートナーの精子との相性、受精卵が着床できる子宮内環境など、多種多様な検査をして不妊の原因を究明していきます。ただ、一通りの検査をしても、原因不明のケースも多々あります。しかも、一つ一つの検査には、時間も費用もかかりますし、身体への侵襲を伴うものだってあります。

そういった制約やリスクがある中で検査を行っていくわけですから、一般的な不妊症検査の流れというのももちろん重要ではありますが、どこまで検査をするのかという事に関して受ける人の意思が非常に重要となります。

不妊症検査の内容

女性の不妊症検査の場合、採血や超音波といった同じ検査方法でも、月経周期のどの時期に実施するかで、検査する内容が変わってきます。また、同じ検査でも受ける施設によってかかる費用は異なります。保険適応の検査でも差はありますし、保険適応外の検査になると万単位で費用が異なることも珍しくはありません。身体への影響については、全く侵襲のない検査から、ちょっと痛みがある程度の検査、入院が必要になるくらい身体への影響が大きい検査もあります。検査後に後悔しないためにも、検査内容や費用、起こり得るリスクについてしっかりと説明を受けてから検査に臨むようにしましょう。

採血検査(女性ホルモン値の測定)

代表的な女性ホルモン値の検査には、エストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。一般的によく行われている採血検査と変わりなく、短時間で検査することが可能です。卵胞期に分泌が促進されるエストロゲンは、卵胞期に測定して充分な分泌があるのかを確認します。また、受精卵の着床をサポートするプロゲステロンは、排卵後の黄体期に検査します。

検査費用は、調べる項目の種類や数によって変わりますが、3000円前後が目安です。

超音波検査

検査器具を膣から挿入して、子宮や卵巣周囲を観察したり、卵胞の成長具合を測定したりします。排卵前になると、超音波検査で卵胞のサイズを測定し、尿検査などの結果とあわせて排卵日を予測します。卵胞の成長速度によっては、排卵前に複数回の検査が必要となります。また、排卵後には、子宮内膜に受精卵が着床できる厚さがあるか、排卵は済んでいるのかなどのチェックをします。

検査費用は、1回の超音波検査で3000円前後が目安です。

子宮卵管造影検査

膣から子宮へカテーテルをいれて、子宮の奇形や筋腫の有無、卵管の閉塞状況、組織の癒着などを調べる検査です。検査は、生理が終了してから排卵が起こる前の卵胞期に行います。カテーテルを挿入する時や、造影剤が卵管の狭窄部を通る時などに痛みを感じることもありますが、無痛で検査できる方もいます。痛み止めを使用できる施設もあるので、不安が強い方はあらかじめ相談しておくとよいでしょう。

検査費用は、3000~10000円程度に収まる場合が多いようです。

卵管通水検査

膣から子宮へカテーテルをいれて、生理食塩水を流し、卵管の通り具合を調べる検査です。子宮卵管造影に比べ、レントゲン撮影が必要ないために簡便ですし、被爆のリスクもありません。ただ、通り具合が画像で表示されるわけではなく、水を注入できる量や通り具合といった医師の感覚をもとに検査結果が出るため、精度面では造影検査の方が優れているようです。個人差はありますが、通水を行うことで卵管の通りがスムーズになり、一時的に妊娠の確率が上がるといったメリットもあります。

検査費用は、3000円~8000円程度の施設が多く、保険が適用されています。

フーナーテスト

性交渉後の女性の頸管粘液を採取して、精子の数や活動量をチェックする検査です。あらかじめ排卵日を予測し、その付近で性交渉をもって、性交渉後12時間以内に検査を行います。12時間を超えて検査を受けることも可能ではありますが、検査精度を保つのであれば性交渉後できる限り早い検査が望ましいといえます。検査では、頸管粘液の分泌状況や男性側の不妊因子の有無も調べることができます。粘液中の精子の数が極端に少なかったり、活動量が低下していたりする場合には、再度フーナーテストを行って評価したり、男性の不妊検査もすすめられたりもするでしょう。

フーナーテストの費用の目安は、1000円前後です。

女性の特殊不妊検査

これまで説明してきた一般的な不妊検査で原因がわからなかったり、さらに詳しい検査が必要になったりする時には、特殊不妊検査に進みます。腹腔鏡検査や子宮鏡検査、抗精子抗体検査、染色体異常などの検査です。子宮鏡検査や抗精子抗体、染色体の検査は外来で調べることができますが、腹腔鏡検査になると入院が必要です。腹腔鏡検査では、全身麻酔をかけながら、腹部にあけた小さな穴から直接卵巣や子宮周辺部の観察をします。全身麻酔を受けるための、肺機能や心機能の検査、レントゲン撮影なども必要になってきます。

子宮鏡検査の費用は、3000円~5000円程度の施設が多いです。抗精子抗体や染色体検査は保険適応外のため、一般的には10000円前後ですが、受診施設によって異なります。腹腔鏡検査になると3日前後の入院も必要になってくるので、10万円以上の負担が発生することも珍しくはありません。

男性の不妊検査

比較的、簡単に受けられる精液検査や採血検査があります。精液検査では、精子の運動率や濃度などを調べます。また、採血検査では、卵胞刺激ホルモンや男性ホルモンなどの値を測定し、正常範囲内であるか確認します。どちらの検査も保険適応となりますので、自己負担は1000円から3000円程度を目安にして下さい。

男性の場合も、一般検査で異常が見つかるなど更なる検査を希望するときには、精管精嚢の造影検査や精巣組織を直接採取する生検など、入院が必要な検査にすすみます。入院は1週間程度で、費用には数万円から数十万円ほど必要です。

不妊症検査への取り組み方を考えよう

不妊症検査を考えるべき時期や検査内容について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。不妊症検査には、時間もお金もかかるといった印象がありますが、少しでも具体的にイメージすることができましたか? 特に費用面に関しては、保険適用の可否によって大きく変わってきますし、施設毎に設定金額も異なったりしますので、検査前にしっかりと確認しましょう。

カップルの価値観や考え方、経済状況、検査に費やせる時間などをもとに、ご紹介した検査時期や内容を参考にして、不妊症検査にどう取り組んでいくのかを考えていただければと思います。

関連リンク
子ども2人が発達障害!? 「生きづらいと思ってたら親子で発達障害でした」
男性依存症の母と義父からのわいせつ行為の影響? 母になるのがおそろしい……
旦那の●●を胸で暖めて電車移動ってはずかしい!不妊事情のリアルマンガ
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP