兄弟差別で起こる子供への影響『カイン・コンプレックス』

兄弟差別で起こる子供への影響『カイン・コンプレックス』

Bu facebook
Bu twitter
カイン・コンプレックス

「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい」 「お姉ちゃんの勉強の邪魔をしないの」 なんて言葉、つい言ってしまいがちですよね。

パパ・ママ自身も、子供のころ親にきょうだいのうちの誰かがひいきされていた覚えがあるかもしれませんね。親は決して兄弟差別をしているつもりはなく何気なく言うものですが、子供はそんな風には思いません。

「何で私だけ我慢ばかり……」「どうしていつも僕が叱られないといけないの?」親にしてみれば些細なことでも、子供はこうやって落ち込んだり悩んだりします。どんなきょうだいでも少なからず争ったり互いに劣等感を感じながら育っていくものですが、それが行き過ぎると子供の人生に大きな悪影響が出ることもあるんだそう。

今回はそんな兄弟差別が主な原因になって生まれる『カイン・コンプレックス』と対処法をご紹介します。

兄弟・姉妹への葛藤やライバル心『カイン・コンプレックス』

『カイン・コンプレックス』を一言で説明すると、『きょうだいの間で生じるさまざまな葛藤や嫉妬』のことです。

カインとは旧約聖書の創世記に出てくる、アダムとイブの息子の名前。農夫である兄カインと羊飼いをしている弟アベルは神様に捧げものをするのですが、アベルは贖罪の血でもある子羊を捧げたのに対し、カインは単に畑の作物を捧げたため、神様はカインの捧げものを気にも留めませんでした。カインは弟に嫉妬し、激しく憎み、ついに殺してしまった……という話から、心理学者のユングが提唱した概念なのです。

芸能人やアスリートのきょうだいが起こした不祥事のニュースなどで、この言葉を耳にしたことがある方も多いかもしれませんね。

差を付けないようにとどんなに親が気を付けていても、きょうだいとはいえ違いや差はたくさんあるので、些細な嫉妬や葛藤が生まれるのは避けられません。子供に愛情がちゃんと伝わっていれば良いのですが、「僕は/私は他のきょうだいより愛されていない」と子供が感じた場合、心の大きな傷になって長期間癒えない可能性もあり、注意が必要です。

その後の人間関係にも影響することも

カイン・コンプレックスは、もともときょうだいに向けられる感情ですが、場合によっては大人になってから友人、先輩、後輩、同僚、上司など、周囲の人にも嫉妬や憎しみの感情が沸いてきやすくなることもあるそう。「あの人のほうが上司に認められている」「あの人には彼氏がいるのに私にはいない」など、一人で思い込み、嫉妬してしまうのです。

カイン・コンプレックスを抱えたまま大人になると、人をうらやんでばかりいる、人間関係がうまくいきにくい、生きづらさを感じるなど、人生に悪い影響が出やすくなるかもしれません。

自分を一番愛して欲しい気持ちに気づいて!

子供はどの子も「自分のことを一番愛してほしい」と願っています。子供を育てるには、親をはじめ周囲の大人がたくさんの愛情を注ぐことが欠かせません。さびしい思いをさせてしまったらそれ以上に「大切だと思っている」ことを伝えなくてはなりませんし、愛情が足りていないと思ったら子供の心に寄り添って愛情で包んであげる必要があります。

親は特定の子をひいきせずに接しようとしますが、いつも平等にすることはとても難しいこと。また、子供は平等に愛されることを望んでいるのではなく、自分を一番愛して欲しいと思っているからこそ、「○○ちゃんが大切だよ」「○○君のこと大好きだよ」など、きょうだい一人ひとりに気持ちを伝えていくことが大切なのです。

きょうだいがいる家庭で注意すべきことは?

絶対に比較しない

きょうだいを比べて優劣をつけることは、最もやってはいけないことです。きょうだいで似ていても違う人間で、それぞれに得意・不得意があり、個性があります。親が比較しなくても子供自身が比べて落ち込んだり見下したりしているときには、励ましたり注意したりしましょう。

それぞれの良いところを見つけて褒める

勉強やスポーツ、音楽など特定のものだけを見るのではなく、子供それぞれの特性を見ましょう。親が平等に接していても、子供自身が比較して落ち込むこともあります。そういうときには「○○くんは走るのが速いね」「○○ちゃんはいつもお手伝いをしてくれるね」とその子の良さを具体的に挙げて思い切り褒めてあげてください。親に認められていることで安心し、子供の心にも余裕が生まれてきょうだいがお互いを尊重しあえる関係になっていくことでしょう。

我慢させたときなど、時々は特別扱いを

できれば「お兄ちゃん・お姉ちゃんなんだから!」などと生まれ順を理由にして物事を解決せずに済めば良いのですが、つい言ってしまいがちですよね。

日頃から何かと我慢させてしまっているな……と思ったときには、他のきょうだいがいないところで「いつも弟・妹に譲ってくれてありがとう。今日は○○くん/○○ちゃんがパパ・ママに思い切り甘えてね」と特別扱いしてあげましょう!

親はひいきしている認識がなくても、子供が差別されていると思うことによる影響は怖いですよね。子供に「愛している」とたくさん伝えて、心を満たし、安心させてあげましょう。

大人になっても仲の良いきょうだいのままだといいですね!

Photo/Donnie Ray Jones 参照/ Yahoo!ニュース「きょうだいトラブルの心理学:兄弟喧嘩、同胞葛藤、カイン・コンプレックス:兄弟は平等に愛してはいけない」

関連コラム

子供に宿題をやらせると悪影響ってホント?
最もケガが多いのはすべり台!子供が安全に遊ぶための注意点とは
斜視が治らないことも!子供がVRに接する際の注意点は?
子供部屋は必要?子供部屋を作るときに注意したいこと

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP