いま、日本のモノづくりが超熱い! 親子で楽しもう、オープンファクトリー【東京編】

いま、日本のモノづくりが超熱い! 親子で楽しもう、オープンファクトリー【東京編】

Bu facebook
Bu twitter
『オープンファクトリー』とは、その期間だけ限定で、つくり手がモノをつくり出していく工場や工房を公開し、来場者に現場を体感してもらう「工場見学」の取り組みです。
出典:www.openfactory-japan.com
ワークショップが同時開催されることも多く、親子で楽しめますのでオススメ。今回は【東京編】です。
台東モノマチ
いま、東京の東側が面白い!と言われています。中心になっているのは台東区。ここに新しい世代のデザイナーや職人、クリエイター達が集まってきています。 今までの“下町”のイメージを覆す、おしゃれなショップや工房、カフェなどが、次々と登場しています。

Monomati
古くから製造、卸の集積地としての歴史を持つ、御徒町〜蔵前〜浅草橋エリアのモノづくりに関わる店舗、メーカー、問屋、職人工房、クリエイター、飲食店等が、なんと190組も参加しています!オススメはやっぱりワークショップ。予約なしで気軽に参加できるワークショップもたくさん!
モノマチのコラボ企画「着せ替えノート」の最高傑作はこの男の子!黄色の台紙に黄色のフエルトの髪、大きなバナナ柄の布を洋服に選ぶこのセンス!固定観念なんてなんのその。自由だな〜
出典:twitter.com

Monomati2
商店街や飲食店も参加していますので、こんなイベントも。みんな楽しそう!

Monomati3
台東モノマチ年に1〜2回の開催です。ぜひチェックしてくださいね。
浅草A-round(エーラウンド)
観光のイメージの強い浅草。外国人旅行者も多く、いつも大きな賑わいを見せています。 実はそんな浅草、日本の皮革産業発祥の地で約140年の歴史をもつ“モノづくりの街”なのです!
戦時中軍隊用の靴づくりが浅草で始まったのがきっかけで、今では革靴の生産量、産業集積地として日本一!

Asakusa
オススメは、地域のガイドさんと一緒に巡る まちあるきツアー。普段使っている靴やバッグがどんな場所で、どのように作られているのかを間近で見ることができ、解説してもらえます。即売会もあるので、浅草ならではの楽しみ方がありますよ。

Asakusafes1
浅草エーラウンド(A-ROUND)。浅の市でワッフルを食べたり、靴や革をゲットしたりぶらりと巡りました。半額以下のお買い得な革もありました。宝探しに浅草へヽ(´▽`)
出典:twitter.com

Asakusa2
浅草エーラウンドこの期間には、商店街でのライブなども合わせて、150以上のイベントが開催されます。
すみだファクトリーめぐり スミファ
スカイツリーのお膝元、墨田区。 隅田川の花火大会、大相撲などのイメージの強いこの地域ですが、日本の高度経済成長を支えた町工場がひしめき、都内では大田区につぐ2番目の工場数を誇っています。

Sumi
日本の軽工業の発祥の地である墨田区。 金属加工やガラス、繊維、皮革などさまざまな工場があり、日用品や各種部品の製造拠点として、人々の生活を支えてきました。多岐にわたるジャンルの工場が点在しているので、見応えたっぷりです。そんなスミファの魅力は、何といっても企画力!人気のツアーは抽選になる程の盛況ぶりです。親子向けはもちろん、女性向けのツアーや、商品開発を考えるツアーまで!もちろん、ワークショップも充実!

Sumi2
墨田区の工場を見学できるイベント、スミファがやっていたので今日はまわってきた。 皆さん仕事にプライドを持っていて熱かった! 息子も家を出る時はそんなに乗り気ではなさそうだったけど、社長さん達の話を聞いて「面白い!!」と。 お土産も貰ってしまった。良いイベント。
出典:twitter.com

Sumi3
スミファスカイツリーを横目に見ながら、日本のモノづくりの原点を体感してみてはいかがでしょうか!?
おおたオープンファクトリー
東京23区で最大数となる約4000件の工場が立地する大田区。 テレビドラマの舞台となることも多いですね。

Ota
大田区は、試作品や特注品、高精度が求められる部品づくりなど、高度な技術が必要とされる工場が多いのが特徴です。多摩川沿いには戦前から白洋舎やキャノンなど最先端の工場がつくられ、日本の工業を支えてきました。

Ota2
おおたオープンファクトリー参加して来ました!大人も子供も楽しそうでした(^-^) 描いた職人カードもかなり好評で、ちびっ子達が自転車でコンプリートに走っていたり♩
出典:twitter.com
おおたオープンファクトリーなんと、飛行機や人工衛星に使われる部品を作っている工場も! 夢が膨らみますね。 子供たちにとっても、世界トップレベルの技術に触れられる貴重な機会になるでしょう。
いかがでしたか? 思わず大人のほうが夢中になってしまいそうですね!オープンファクトリーを通して、モノを大切にする心や日本の良さを見直す機会にしてみてはいかがでしょう!?
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP