帝王切開後の妊娠、いつからOK?自然分娩できる?子宮破裂のリスクも

帝王切開後の妊娠、いつからOK?自然分娩できる?子宮破裂のリスクも

Bu facebook
Bu twitter

出産はすべての人が自然分娩というわけではありません。逆子などで予定帝王切開となる人もいれば、自然分娩の予定だったのが、陣痛促進剤を使っても陣痛がこなくて緊急帝王切開となる人もいます。

帝王切開による分娩となった場合、今後の出産にどのような影響があるのか、帝王切開後の妊娠はいつから可能なのか、次の妊娠におけるリスクはあるのか、次の出産で自然分娩をすることは可能なのか、等の気になるポイントを解説致します。

帝王切開について

帝王切開の基本知識

帝王切開,帝王切開後,妊娠,

帝王切開には、予定帝王切開と緊急帝王切開があります。どちらの場合も母子のどちらかに問題があり、自然分娩にはリスクが高いと判断された場合に帝王切開がおこなわれます。

予定帝王切開となる原因の多くは逆子、前置胎盤、以前に帝王切開をしている、それ以外の子宮の手術をしている、などです。そのため、あらかじめ帝王切開する日を決めておこないます。

緊急帝王切開となるのは、自然分娩が進まず母子のどちらかに命の危険が迫ったときなど緊急を要する事態が起きた場合です。したがって、緊急帝王切開は自然分娩を予定していた人でも起こりうることなのです。

現在、このような帝王切開は出産する人の5人に1人の割合でおこなわれています。そのため、まれなケースというものではなくなってきています。

帝王切開が増えた理由としては、高齢出産が増えてきたことや、医療技術の進歩によって安全に出産するということを優先するようになったことなどがあげられます。

帝王切開になると保険適用となり、自然分娩よりも自己負担額が安くなることもあります。しかし開腹手術となるので、痛みや回復が自然分娩よりも長引く傾向にあり退院時期も少し遅くなります。

帝王切開後の痛み

ママの指を握る新生児,帝王切開後,妊娠, 出典:www.photo-ac.com

術後すぐは麻酔がきいているので痛みはさほどありませんが、麻酔が切れ始める頃から手術後1~2日が痛みのピークです。硬膜外腔にカテーテルを入れたままにして鎮痛剤を投与したり痛み止めを処方したりしますが、自然分娩に比べると痛みは長引きます。

手術後から4~5日もすれば、痛みはあるものの痛み止めを飲まなくても過ごせるほどになり、だいぶ楽になります。ベッドから起き上がったり、咳やくしゃみをしたり、笑ったりと、お腹に力がかかるようなときは痛みが出るので、注意が必要です。

退院後も必要であれば痛み止めを使いながら生活することもできるので、あまり我慢せず痛み止めをうまく使いながら生活することが大切です。

帝王切開の痛みは日に日になくなってきますが、しばらくの間は傷口がかゆくなったり、お腹に力を入れられない、といった状態とうまく付き合っていく必要があります。

次回の分娩も帝王切開になる?

妊婦と子ども,帝王切開後,妊娠,

1度帝王切開をすると、多くの人が次の分娩時も帝王切開をすすめられます。それは、前回の帝王切開の傷口によって子宮壁が薄くなったりして、陣痛の収縮による子宮破裂を引き起こす恐れがあるためです。

しかし、前回の出産から1年以上経過している、母体や胎児に問題がない、などの条件をクリアしていれば、「TOLAC(トーラック、trial of labor after cesarean delivery)」と呼ばれる、帝王切開後の経腟分娩が可能となる場合もあります。

TOLACはどこの病院でもできるわけではなく、緊急事態に対応できる病院でないとおこなっていません。基本的には、1度帝王切開した人には次回の出産も帝王切開することをすすめることが多いので、妊婦さん本人の意思によって、TOLACするかどうかを選択するようになります。

帝王切開後の妊娠は期間をあけるべき?

最短でいつから妊娠して良い?

数字の1の形のクラフトパン,帝王切開後,妊娠, 出典:www.photo-ac.com

一般的に、帝王切開による出産後1年間は妊娠を控えるように言われています。それは、帝王切開の傷の治りを優先して子宮を休ませる必要があるためです。

傷がまだ完全に治っていないのに次の妊娠をした場合、最悪子宮破裂する可能性もあります。そのようなことから、出産後3~4ヶ月は夫婦生活を控え、子宮の傷を治すことを最優先に考えて、できるだけ安静に過ごしてください。

最短は出産後1年ですが、個人個人によって傷の治り具合などは異なるので、2~3年期間を空ける人もいます。帝王切開を経験した人が次の妊娠を希望する場合、1度産婦人科で検査してもらうのも良いでしょう。

子宮を休めることがリスクを軽減する

お母さんと赤ちゃん,帝王切開後,妊娠,

帝王切開は開腹手術です。お腹や子宮にメスを入れるため、母体にはかなりの負担となります。子宮にメスを入れることで、手術する前にはなかった縫合箇所ができます。そうすることで、縫合箇所付近の子宮壁が手術前よりも薄くなります。

お腹や子宮の傷が完全に回復する前に妊娠してしまうと、子宮が上手く大きくならなかったり陣痛に耐え切れなくなったりして、最悪の場合子宮破裂を引き起こすこともあります。このようなリスクを少しでも軽減するには、帝王切開でできた傷を完全に治してから妊娠することが必要です。

また、自然分娩であっても10ヶ月かけて膨らんだ子宮を元の大きさに戻したり、出産によって産道が傷ついたところを治したりする時間が必要です。

産後に無理をすると悪露が長引いたり、子宮の戻りが悪かったり骨盤が歪み腰痛が起きたりとさまざまな症状が出てきます。したがって、帝王切開であろうと自然分娩であろうと、出産後は子宮を休めることで母体の回復を促して次の妊娠に備えることが大切です。

次の妊娠時のリスク|子宮破裂、出血、早産、前置胎盤

子宮破裂

手術,帝王切開後,妊娠, 出典:www.photo-ac.com

帝王切開後の妊娠で、最もリスクがあるのは子宮破裂です。前回の帝王切開によって子宮壁が薄くなっているので、陣痛の収縮に耐え切れず子宮の1部が破れてしまうことがあります。

子宮破裂は、前回帝王切開をした場合以外にも、子宮の手術をしたことがある、多胎児や巨大児の妊娠で子宮が大きくなり子宮壁が薄くなっている、という場合にも起こることがあり、帝王切開で分娩した方に限定されるリスクではありません。

子宮破裂の発生頻度は0.02~0.1%とまれですが、帝王切開後の妊娠となるとそのリスクは高まるので、注意が必要です。そのようなリスクを軽減するために、出産予定日よりも前に、再度帝王切開により出産するのです。

出血

医師の診察イメージ,帝王切開後,妊娠, 出典:pixabay.com

妊娠後の出血は妊娠初期に起こりやすく、妊婦さんの4人に1人が経験しています。原因は着床出血によるもの、絨毛膜下血腫によるもの、ポリープによるものなどさまざまです。

その中で帝王切開経験者に関係するものとして、とても稀な病気ではありますが「帝王切開瘢痕部(はんこんぶ)妊娠」があります。以前帝王切開をうけた傷の中に赤ちゃんが着床してしまうことです。

子宮の内側に妊娠は起こっているのですが、正しい内膜の中への着床ではないので、「異所性妊娠(子宮外妊娠)」のひとつにあげられます。

そこでは、赤ちゃんが十分に育っていくことができず、突然大出血をきたしてしまうこともあります。気になる出血があるときには、病院でしっかり診察を受けることが大事です。

早産

横になる妊婦,帝王切開後,妊娠,

お腹が張りやすい人に特に注意してほしいのが早産です。帝王切開によってできた傷口は、どうしても他の部分に比べて子宮壁が薄くなったり弱くなったりしているので、子宮収縮が起こり、頻繁にお腹の張りを感じるときには、早産や子宮破裂を起こす心配がでてきます。

また、上の子がいることで安静にすることがなかなか難しいため、お腹が張りやすくなることもあります。お腹が張ったらできるだけ安静にして、お腹の張りがよくでる場合には病院の先生に相談してください。

前置胎盤

大きな病院,帝王切開後,妊娠, 出典:www.photo-ac.com

前置胎盤とは、受精卵が子宮の下の方に着床してしまい、胎盤が子宮口を覆ってしまうことをいいます。妊娠週数がすすみ子宮が大きくなることで、胎盤の位置も上に上がっていくことがあるため、正確な診断は妊娠後期になります。

しかし、中期でもその傾向があるときには出血が起こる可能性があるため、慎重に経過をみていくことがあります。

帝王切開の経験がある場合には、前置胎盤の中でも特に「癒着胎盤」のリスクがあります。胎盤が子宮の筋肉内に入り込んで形成され、分娩時に胎盤がはがれづらくなり大出血をきたします。出血が止まらないときには子宮を摘出する必要が出てくることもあります。

癒着胎盤は分娩前の診断が難しいこともありますが、可能性がある場合は輸血が十分にできるような大きな病院での管理が必要になります。

帝王切開に関する体験談

子宮口が開き切る前に破水し、緊急帝王切開に

aippeさんからの体験談:
本陣痛が始まってから、赤ちゃんの通り道である子宮口が思うように開きませんでした。陣痛促進剤を打ってからも6cm開くのがやっと。赤ちゃんが出てくるのに必要な幅は最低でも10cm。

子宮口が開き切る前に破水してしまい、中の赤ちゃんにうまく酸素がまわらなくなっていました。赤ちゃんの心拍が少しずつ落ちてきていて、私も長時間にわたる陣痛で体力をなくしてしまっている状態でした。

これでは母子共に危険な状態だと先生が判断し、緊急帝王切開をすることになりました。

帝王切開で出産!赤ちゃんと対面し涙が溢れました

shunmamaさんからの体験談:
帝王切開では、手術室まで歩いていきました。ベッドに横になり、横を向いて身体をまるめて、おへそを見る感じの態勢で、背中に麻酔を打ちました。

それから下半身の感覚がなくなり、胸のところで見えないように仕切られて、お腹に消毒液がぬられ、手術となりました。

お腹を切り、その後胸の下から、ぐっと押され赤ちゃんが出てきました。すぐに対面し、涙が溢れてきて、看護師さんが拭いてくれました。その後注射を打たれ、しばらく寝ました。目をあけると病室で旦那が待っていました。

まとめ

自分のためにもこれから生まれてくる赤ちゃんのためにも、帝王切開後の妊娠は前回の出産から1年以上経過してから計画しましょう。

出産後に家族みんなが健康で楽しく笑顔で過ごすことができるということが1番大切なのですから、少しでもリスクを減らし、ママの体を十分休めてから次の出産に備えてください。

また、帝王切開後でも経腟分娩することもできます。もしその意向があれば、病院の先生や家族とよく相談してから決めてください。
(文書作成:nobii)

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP