子連れナンジャタウンを攻略!おすすめの楽しみ方を紹介

子連れナンジャタウンを攻略!おすすめの楽しみ方を紹介

Bu facebook
Bu twitter

ゲームメーカーのナムコが「思い出とオドロキとトキメキの街」をテーマに掲げている屋内型施設ナンジャタウン。

子供に大人気のキャラクターのアトラクションがあったり、フードテーマパークとしても魅力が高くリピーターが多いアミューズメント施設です。池袋のサンシャインシティという抜群の立地にあるので、多くの来場者が訪れています。お天気に関係なく親子で1日遊べるナンジャタウンの楽しみ方をご紹介します。

 

3つの街で構成されているナンジャタウン

ドッキンッガム広場、福袋7丁目商店街、もののけ番外地と3つの街で構成されています。

まずはどんな施設か覗いてみましょう!

1.ドッキンガム広場

ナンジャタウンのメインキャラクターのモジャブが作った街です。明るい西洋風の街並みで、たくさんの遊びがつまった新しい街には遊び職人の街の「アソビーロード」があったり疑似対面の占いができたりと、色々なアトラクションも沢山です。

魔法体験!マジカル学園

可動型のシートに座って映像の世界で魔法使いになっちゃいましょう!

空飛ぶ教室に乗ってドラゴンが待っている森へと出発です。

お子様よりもパパやママの方が本気になるかもしれませんよ!

◆料金 800円

◆所要時間 10分

 

ナンジャ探偵団

謎を解きながら、ナンジャタウンをめぐって難事件・怪事件を解決する街巡り型のアトラクションです。こちらは大人が本気で挑める「謎解き」と「推理」要素がドッキングされているので、面白さとハマりやすさ、そして頭をつかって遊べます。

毎回更新されて行くシナリオなので、クリアした方もまた新たに挑めますね。

◆料金 600円

◆所要時間 ーーー

2.福袋七丁目商店街

一歩足を踏み入れると、どこかでみたような懐かしい風景、昭和30年代の日本の街並みが広がってノスタルジックな雰囲気となっています。 全国各地のご当地餃子が楽しめる「ナンジャ餃子スタジアム」や、かわいらしくデコレーションした女性に人気のデザートがたくさん揃う「福袋デザート横丁」などのフードも充実しています。さあ!見てみましょう。

福袋デザート横町

デコレーションされたデザート“デコデザート”がいつでも体験できるエリアです。

定評のある職人さんが織りなすデコデザートや全国のご当地アイス約50種類の中から選ぶ食べ比べなどメニューも種類も豊富です。ナンジャタウンだけの限定店も多くこちらでしか味わえないメニューになっています。目で見て楽しめて、お腹も嬉しいデザート横町は特に女性に大人気のスポットとなっています。アトラクションで遊んだ後のちょっとした休憩にもぴったりですね。

 ナンジャ餃子スタジアム

餃子の食べ比べができるナンジャ餃子スタジアム。

北海道から九州までのご当地餃子の店舗が集結しています。全部で100種類近くもの餃子が揃っていて、テーマ毎に集められた餃子を一皿で餃子の食べ比べができるのもナンジャ餃子スタジアムだけ!餃子店は全部で11店舗もありますが、それぞれのお店で単品でも食べれます。

モンドセレクションに輝いた餃子20種類以上の素材を使用した餃子の餡があったり日本三大中華街を代表する餃子の名店の味を食べ比べできたりと美味しいものに目がない餃子好きファミリーは必見ですよ!!

未来遊戯ガンガンナー

福袋七丁目商店街にもアトラクションがあります。お腹いっぱいになったら体を動かすと、腹ごなしになってまた楽しい時間をすごせますよ。

こちらはシューティングアトラクションです。銃と一体型になった座席に座って、4つのステージを移動しながらスクリーン上に現れた敵を撃破!4つのステージをクリアしたらボスステージが待っています!バーチャルにはない感覚が夢中になりすぎる爽快アトラクションとなっています!

◆料金 800円

◆所要時間 15分

 

3.もののけ番外地

ナンジャタウン3つ目の街は、もののけたちに乗っ取られた街です。和風ホラーエリアが広がっています!

ちょっと暗くてオドロオドロしいこの街に勇気をだして足を踏み入れてみると、さまざまな遊びや発見がありますよ。お子様もパパもママもドキドキしながら巡ってみませんか

もののけ探険隊

街巡り型のアトラクションです。街中に潜んでいる河童大王の手下のとんち妖怪を見つけ出し妖怪クイズに挑戦です!お子様と知恵を合わせてクイズを解いて捕われてしまった子猫の救出に親子で挑みましょう!!

◆料金 600円

◆所要時間 40分

ゾンビブレイカー

臨時雇いの「ゾンビブレイカー」となってお子様とゾンビ退治が体験できます!自分がゾンビに変えられてしまうというハプニングを回避するため、臨時隊員証(ICカード)を持って施設内を巡りながらミッションを遂行しましょう!お腹が満腹な時こそ、このドキドキ感がいいかもしれません!

◆料金 600円

◆所要時間 12分

ナンジャタウンの攻略法!

① イベントに参加してキャンペーンのお楽しみを味わおう!

シーズナルイベントやタイアップイベントが豊富なナンジャタウン。

最近では、アニメやコミックの発売記念や劇場公開作品の公開記念など、色々なタイアップイベントも個別に開催されています!イベントにちなんで、フードテーマパークでの期間限定メニューの販売も同時に行なっています。

トークショーがあったり限定のアイスや季節の行事にちなんだキャンペーン遊びが充実していると俄然気分も盛り上がる事間違いなしですよね!

イベントスケジュールは公式HPにてご確認ください!

② ナンジャタウンのストーリーキャラクターを知ろう!

・ナンジャタウンのシンボル ナジャヴ

ナンジャタウンにはメインキャラクター達がいます!

お子さんと事前に公式HPなどの動く絵本でナンジャタウンストーリーを見ておくと、訪れた時に楽しい発見がいっぱい!!

各街区ではイメージに応じたコスチュームを身にまとったキャラクター達のイラストを目にします。シーズンイベントの時期はメインキャラ達が園内に登場して一緒に記念撮影などもできるので、知っておくとより楽しさは倍増ですよ!

③ 特にイベントを気にしない方は平日がおすすめ!

大型連休や土日は各施設混雑が目立ちます。場所によっては通る道も大変だったりするので、ベビーカー連れの小さなお子様といくなら平日がおすすめ。週末でも午前中から行かれるほうが比較的空いています。

思いっきり体と頭を動かして、お腹いっぱい親子で楽しんじゃおう!

入園料だけならとってもリーズナブル。好きなアトラクションチケットのみを購入して、お腹が空いたら、食べ比べをしたり、甘いものを食べたり。アトラクションによっては難易度の高いものもあるので、時間をかけてお子様と一緒にチャレンジしてみるのも楽しく、逆に歩いて見て回るだけでも、ちょこちょこ仕掛けや遊びが随所に工夫されているので小さなお子様と一緒に発見するのを楽しんではいかがでしょう?

施設内はそれほど広くはないので、歩いて遊んで、頭と体を動かして、またちょっと休憩して、と家族で楽しいひとときをお過ごし下さい。


[住所] 東京都豊島区東池袋3丁目1−3 ワールドインポートマートビル2

[営業時間] 10時~22時

[アクセス] 東池袋駅から徒歩3分 /池袋駅から徒歩8分

[休園日] 年中無休

[入園料] 大人 500円 子供 300円

アトラクションのご利用については、園内の自販機にてアトラクションコイン「ナンジャコイン」(1枚200円)をお買い求めください。一部現金利用のアトラクションもあります。

3歳以下のお子様のご入園は無料。

入園料とアトラクション乗り放題のナンジャタウンパスポートや午後3時から入園するアフター3パスポートなどもあります。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP