我が子のスクールカースト事情、勉強や運動の成績で1軍・2軍が決まる!?

我が子のスクールカースト事情、勉強や運動の成績で1軍・2軍が決まる!?

Bu facebook
Bu twitter
皆さんの学生時代に目立つグループや大人しいグループなどの派閥はありませんでしたか?仲の良い友達同士が、いつの間にか順位をつけられてしまう…それが現在「スクールカースト」と名がついてしまっています。我が子自身は気にしていなくても、スクールカースト事情がママ友の関係にも響く、と親のほうがヤキモキしてしまう状況もあるようです。
■カースト制のライン分けとは?
上位に位置づけされるのは主に目立つ子。おしゃれに気を使っていたり、異性の話に興味があったり、運動や勉強に秀でている子たちがおのずと上位に属するようです。子供達は好きなもの、趣味や共通するものが多いほど仲良くなるため、似通っているグループがそれぞれに位置づけされるのでしょう。
『立ち位置なんて考えたこともなかったわ
楽しんで学校に毎日行ってる、それだけでOKだ
そういう概念を子供に持たせちゃうからいじめがなくならないんだと思った』
『1軍とか2軍とかどうでもいいかな。
結局いろんな意味で目立ってるのが1軍ってことでしょ。
先生に目つけられるのも1軍。
そんなの中学校行ったら先輩にも目つけられる。
イジメとかなくて仲のいいグループにいるのが1番いい。』
『グループに分かれちゃうのは仕方ないですよねぇ、仲がいい人と一緒にいるようになるのは自然なことだし、全員と仲良くなんて無理だとも思っています。
自分の子に仲良しな子はいるんだろうか?誰かをいじめたりしていないだろうか?いじめられてはいないだろうか?
といった事が気になる(良し悪しではなく)のは当然だと思いますよ。
ただ、どんなグループにいるかなんてことは気にしないほうがいいと思いますよ。』
■カースト制はあって然るもの
スクールカーストから始まり、職場やママ友の間ですらランク分けされてしまうのは昔からの常ではなかったでしょうか。しかしあくまで一定数の集団の中でしか存在しない優劣同士で、何か摩擦や問題が起こることは極めて少ないと言えます。トラブルは同じグループ内部で起こりがちである為、順位がつけられたところでそこまで心配する必要はなさそうです。
『自分達が小学生のときからあった。
カースト上位下位というより目立つグループか目立たないグループかってことだよね。
そういうのって見ていたらだいたいわかるし、我が子が地味な子達と仲良くしてたら確かに少しショックかも。
ま、それで居心地よくて楽しいならいいんだけど、あの子達と気が合うのかぁ…って思ってしまいそう(笑)
自分が目立つグループにいたからよけいに。』
『なんだろう。男子にも女子にもあるよね。
カーストって言うか活発な子は自分達が派手で目立ってるって勝手に優越感で上に立ってる気になってるけど
地味な子は上下なんて気にしてなくてただ地味な性格と派手な性格で好きに集まってるって感覚だよね。
やっぱり気にして見え張り合ってる子がギャーギャー騒いでて子供だし大人しくてもお洒落にしてて変な騒ぎには巻き込まれない、そんな子になってほしいな。
でもお洒落でクールにしてる子って派手な性格の子には妬まれて苛められそうかな。』
『カーストとまでは思わないけど、派手なグループ、中間のグループ、地味なグループっていうのは、自分の時もあったし、娘のクラスでもありそう。
派手なグループは、成長が早いのかなぁ、見た目はどうであれ(笑)女子力があって大人っぽいよね。
うちは多分地味なグループだと思う。遊びなんかま鬼ごっこと鉄棒とかやってるし、子供っぽい方かな。でも、毎日楽しく友達と遊んでるし、もめ事まないみたいだし平和だから良かったと思ってるよ!
運動できない訳でもないし、ただおとなしくてでしゃばらない子達のグループだから、派手な子達からは下に見られてる感じはあるかも。
ま、本人達はそんなのなんとも思ってなさそうだけどね。』
『高学年はグループは確かにあるよね。
うちの子のとこはグループの子以外とは遊ばない暗黙のルールってある。だから他の子と遊んでしまうと明るい子でも大人しいグループでもダメみたいな感じ。
他のグループに行くってなると完全に抜けて他に行かないとダメ。
ケンカするとうちの娘もグループ抜けて違うグループ行く事あったし。
前グループとは遊ばないみたい。
これは子供の世界だからいじめない限り見守るしかないかな。
いじめや1人になるから親の助けも必要だと思うけど。』
クラス30人程度の中から自分の気の合う子を見つけなければならない…これほど高度な処世術があるでしょうか。手探りの中で思考錯誤しながら自分の居場所を探すこと、こうして世の中に出て行く術を身につけていくということなのです。第三者から見た我が子の位置付けよりも、我が子が楽しく伸び伸びと過ごせているか、まずはその話に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP