話題の透明クレヨン!使い方をマスターして子どもとお絵かき!

話題の透明クレヨン!使い方をマスターして子どもとお絵かき!

Bu facebook
Bu twitter

「透明クレヨン」をご存知ですか? 今話題の文房具で、注目を集めている「透明な」クレヨン。一般的なクレヨンと違い、手にもつきにくいので、幼児のころから親子で一緒に塗り絵などをする時に遊ぶことができます。

「透明なクレヨンって?」と思うかもしれませんが、実物を見てみると「なるほど!」と思うことができるアイテム。使い方を試行錯誤しながら子どもと楽しく遊んでみてください!

コクヨの「透明クレヨン」とは?

クレヨンだけど「透明」な不思議なアイテム

コクヨ 透明クレヨン,透明,クレヨン,使い方 出典:amzn.to

コクヨの「透明クレヨン」は、新開発の”透明オイルゲルのクレヨン”のこと。色を塗っても、下に描いた線などが透けて見えます。

例えば、下にボールペンなどで書いておいた絵が消えないので、「重ねて」描くことができます。そのため、塗り絵など多少はみだしてもラフな感じで素敵に見えます。

何より面白いのが透明のゲルの発色。なめらかな描きごこちで絵の上に重ねるだけで、水彩絵の具のようにして書くことができるのが特徴です。

また、化粧品にも使われている原料から作られていて、子どもの手についても安心です。

5色は、あか、き、きみどり、みどり、あおのセット。10色はあか、だいだい、き、きみどり、みどり、みず、あお、むらさき、うすだいだい、ちゃのセットです。

【透明くれよん5色 商品概要】
参考価格:1,169円

【透明くれよん10色 商品概要】
参考価格:1,944円

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

透明クレヨンの使い方~基礎編~

透け感を活かしてお絵かきしよう!

魚の絵とクレヨン,透明,クレヨン,使い方 出典:www.kokuyo-shop.jp

透明クレヨンは、今までのクレヨンとは違った、普段はできない遊び方ができます。

コクヨの透明クレヨンの商品ページでは、下地が透けるので、下地をあえて見せる絵を楽しんでみる方法が紹介されています。

これは面白そう!購入したらぜひやってみたいですね。

・魚のホネ 
 →「あお」で魚を描く 

・クリスマスツリー 
 →「みどり」で葉を、他の色でオーナメントを描く 

・恐竜のホネ 
 →「ちゃいろ」で肉づきを描く

コクヨのホームページには、ダウンロードできる恐竜の下絵、魚の下絵、ツリーの下絵もありますよ!絵に自信がない人でも、専用ページからダウンロードすれば、すぐに子どもと遊ぶことができますね。

この記事に関連するリンクはこちら

透明クレヨンの使い方~応用編~

水彩画デビューにも!

水彩画,透明,クレヨン,使い方

透明クレヨンは水彩画のような色なので、幼児の水彩画デビューにも使えます。水彩画をはじめようと思うと筆、絵の具を用意して、筆を洗うバケツを用意して…。と準備が大変ですね。

絵の具を手につけたり、水をこぼす心配もありますよね。でも、透明クレヨンなら、手が汚れません。それなのに簡単に水彩画のようなプロのような仕上がりになるんです!

絵画教室に通わなくても、透明クレヨンさえあれば絵の具デビューした気分になれるかもしれませんね。アート作品に挑戦してみましょう。

透明クレヨンを子どもと一緒に楽しむアイデア

①色を塗るとちょうちょに!

クレヨンで描いたちょうちょ,透明,クレヨン,使い方

丸と線だけで描けるちょうちょは、お絵かきの初級編にぴったりの形です。透明クレヨンを使って親子で1つの絵を完成させてみるのも素敵な方法ですよ。

例えば、ちょうちょの内側部分だけを黒で書いておいて、上から透明クレヨンで塗ってもらいます。

「何になるかな?」と言いながら塗れば、あっという間にちょうちょのできあがり!画用紙に何匹もちょうちょを飛ばしてみるのも、きっとかわいいはずです。

②傘の骨だけ描いておいて……

傘と子どものイラスト,透明,クレヨン,使い方

お絵かきに慣れてきたら、傘のイラストにも挑戦してみましょう。傘を書いて、雨を上から降らせるのも、透明クレヨンなら簡単に表現できそうです。大雨を降らせてみてもいいですね。

下絵が生きる使い方ができるのも透明クレヨンの特徴。例えば、傘の骨部分だけを黒く書いておきます。

そして、上から好きな色で塗ってもらいます。最初は中心から出ている線だけの状態が傘になるのが面白いと思えるはず!

傘は何色で塗ってもOKなので、自由にカラフルな傘をいくつも描いてみましょう!

③自作の塗り絵も

自家製塗り絵を,透明,クレヨン,使い方 出典:www.instagram.com

ママやパパが絵に自信があったら、自作の塗り絵をしてもらうのもいいかもしれません。最初に黒いボールペンやサインペンで下絵を書いておき、その上から透明クレヨンで塗ってもらいます。

下絵がしっかりしていれば多少はみ出してもOK!ラフに塗っても、下の絵が消えないのでかっこよく見えます。

まとめ

透明クレヨンは普通のクレヨンと違い、手にもつかず、独特の風合いが楽しめるクレヨン。塗り絵で楽しむほか、水彩画風にして。いろいろ使えそうですね。

下地をいかす塗り方を考えて…と独自の遊び方をすることもできます。発想力次第で面白い使い方を考えだすことができそうですね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP