英語で読み聞かせのチャンス!イースターのおすすめ英語絵本

英語で読み聞かせのチャンス!イースターのおすすめ英語絵本

Bu facebook
Bu twitter

日本でも近年になって、普及しつつあるイースター。イースターはキリストの復活を祝う「復活祭」のことで、英語圏ではクリスマスと並んで非常に重要な行事です。

イースターにまつわる絵本は欧米でもたくさん出版されていますので、英語の読み聞かせに関心のあるママ・パパにとっては英語の読み聞かせをスタートさせるチャンス!

イースターエッグ製作などの準備と並行して、イースターの絵本を事前に読み聞かせをすれば、文化的背景や現地のムードなどもわかって一石二鳥ですよね。

今回は、子どもも大人も読んで楽しい、イースターの英語絵本を元子ども英語講師の筆者がご紹介します。

【イースターにおすすめの英語絵本(1)】「Ollie's Easter Eggs」

ユーモラスな挿絵、シンプルな文章に意外なストーリー!?しつけ絵本にも最適

Ollie's Easter Eggs表紙,イースター,英語絵本,読み聞かせ 出典:www.amazon.co.jp

まずは幼児から楽しめる「Ollie's Easter Eggs」をご紹介します。

カラフルな水彩の挿絵と、シンプルで明快な文章がこの絵本の特徴ですが、ストーリーはちょっぴりひねりが効いています。

少しわがままなガチョウの子のオリーが主人公。他のガチョウの子たちが、イースターエッグをカラフルにペイントしたり、エッグハント用に隠しているのをじっと眺めています。

お友だちのきれいなエッグが自分も欲しくなったオリーは、全部のエッグをこっそり取って隠してしまうのですが・・・

筆者はこのお話、とても好きです。オリーはやってはいけないことをする「悪い子」なんですが、小さな子どもって「きれいだから」とかシンプルな理由で悪いことをしてしまうときがありますよね。

どうしてお友だちのエッグを取っちゃだめなのか?取ればお友だちはどうなるのか?というしつけのための絵本としても、秀逸な1冊だと思います。

なお、こちらはオリーが主人公のシリーズ絵本です。こちらが気に入った方はぜひ他のシリーズも試してみてくださいね。

【参考価格】888円
【著者】Olivier Dunrea
【出版社】Houghton Mifflin Harcourt

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【イースターにおすすめの英語絵本(2)】「Peter Rabbit Easter Egg Hunt」

ママもうっとり!ポターが描きだすピーターラビットとイースターの世界

Peter Rabbit Easter Egg Hunt表紙,イースター,英語絵本,読み聞かせ 出典:www.amazon.co.jp

次に、ご存じベアトリクス・ポターの「ピーターラビット」シリーズの1冊で、愛らしいイースター絵本をご紹介します。

ピーターラビットと仲間たちがエッグハントにでかける様子を描いた絵本で、1つ1つのエッグやイースターの風景がイキイキと描かれています。

ピーターラビットの世界観に存分に入りこめるイラストレーションは素晴らしいの一言です。また、こちらはポップアップなどの仕掛けがたっぷりつまった楽しい絵本でもあるんです。

仕掛けだけでも十分に遊べるので、小さいお子さんにもおすすめです。うさぎ好きのお子さんはもちろん、ピーターラビットファンのママも大満足の1冊です。

【参考価格】713円
【著者】Beatrix Potter
【出版社】Warne; Pop Brdbk版

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【イースターにおすすめの英語絵本(3)】「The Golden Egg Book」

卵の中身は何でしょう? 華麗な挿絵に見とれてしまう名作絵本

The Golden Egg Book,イースター,英語絵本,読み聞かせ 出典:www.amazon.co.jp

最後に「Goodnight Moon(邦題:おやすみなさいおつきさま)」で有名なマーガレット・ワイズ・ブラウンの名作イースター絵本をご紹介します。

「The Golden Egg Book」という絵本で、内容はある日、1匹の子うさぎちゃんが大きな卵を見つけます。おや、中で何かが動いています。入っているのは人間の赤ちゃんかな、ゾウさんかな、それともネズミさんかな?

ゆすってみたり、足で押してみたりして、子うさぎちゃんは中身を確かめようとしますが・・・

ストーリーもユーモラスで面白いのですが、何といっても挿絵が素晴らしいのです!筆者はマーガレット・ワイズ・ブラウンの絵本が大好きで集めているのですが、こちらのイースター絵本は特におすすめです。

卵の中身を想像しているときのうさぎの描き方が素晴らしく、本当に可愛いらしいです! 

小さなお子さんには、「卵の中身は何だろね?」と当てっこすると、思いもよらぬ答えが返ってきて、親が笑ってしまうことも。いろんな楽しみ方ができる絵本だと思います。

【参考価格】503円
【著者】Margaret Wise Brown (著), Leonard Weisgard (イラスト)
【出版社】Golden Books

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

まとめ

今回はイースターにむけて読み聞かせができる、イースターをテーマにした英語絵本を集めてみましたが、いかがでしたか?

今は市販でも気軽に楽しめるプラスチック製のイースターエッグが市販されていますので、お家でも絵本のようにエッグハントをしてみると、よりいっそう絵本の世界を楽しめるかもしれませんね。

それでは、ハッピー・イースター!

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP