妊娠後期、身体に痛み…出産に向けて可能な運動は|専門家の見解

妊娠後期、身体に痛み…出産に向けて可能な運動は|専門家の見解

Bu facebook
Bu twitter

妊娠後期に入るとお腹の赤ちゃんも安定してくるため、普段から軽い運動を取り入れ「出産に向けて体力をつけておいてね!」と産院から言われることが多いですよね。

しかし臨月に入りお腹も相当大きくなってくると、赤ちゃんが産まれる準備のため少しずつ下がってきて、恥骨や腰周辺が痛むことがあります。

こうした場合、運動をしたくても歩くだけで痛みが出ることもあるのですが、身体に負担をかけずにできる運動はないか、医療やヘルスケアの専門家が回答するQ&Aサイト「なるカラ」で看護師さんたちに聞いてみました。

臨月に入った妊婦さんからの相談:「臨月に入り恥骨と腰が痛むのですが、無理なくできる運動ってありますか?」

お腹をさする妊婦,妊娠,出産,運動 出典:ixil.info

先月臨月に入った妊婦です。

赤ちゃんも無事に育っているようで安心しており、出産にむけて運動をしたほうが良いと思っているのですが、臨月にはいった頃から恥骨と腰が痛み、歩くと激痛が走ります。

病院では少し動いた方がよいと言われていますが、痛くてなかなか動けません。

やはり、安産のためには我慢しても動いたほうが良いでしょうか?恥骨や腰に負担をかけずにできる運動などがあれば是非教えて頂きたいです。(30代・女性)

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP