本が読めない!?国語嫌いの子供に読解力をつけるには

本が読めない!?国語嫌いの子供に読解力をつけるには

Bu facebook
Bu twitter
2100865085_a394c86e64_z

子供の国語力、特に文章を読み解く力は、全ての学力の基礎になると言われています。「読書の習慣」に読解力を高める効果があることはみなさんご存知だと思いますが、読書が嫌いな子供に無理やり本を読ませることは難しいですよね。

そこで今回は、国語が苦手な子供の読解力を高めるために、親ができることについて考えてみましょう。

効果がたくさん!やはり大切な「読み聞かせ」

読み聞かせには、理解力や想像力、集中力など学力の基礎となるさまざまな能力を育てる効果があると言われています。まだ赤ちゃんのうちから絵本を読んであげている親御さんも多いことでしょう。

「もう小学生だから」「一人で読める年齢だから」と、読み聞かせを止めてしまうのはもったいない!読み聞かせには、一人で読書するのとはまた違った楽しみがあり、小学生以降も十分効果があるんです。

感動する本やためになる本など、つい大人目線からみた「いい絵本」を選んでしまいがちですが、できるだけいろいろなタイプの本を読んで、好きなお話と出会うきっかけを増やしてあげることが大切です。

「小学校○年生向け」という表示はあくまでも目安。小学生に幼児向けの絵本を読んであげても、その年代に応じた感じ方ができるからいいんです。

「読み聞かせしようとしても聞いてくれない」というお子さんには、好きなアニメの原作本やマンガの小説版から入るのも、興味を持ってもらうひとつの方法です。

子供への問いかけで読解力を育てよう

「読み方」のコツを伝授

なんとなく読んでいるけれど結局何が書いてあったのかわからない、行間に当然込められている思いが読み取れないなどの理由で、本の楽しさがわからないお子さんもいることでしょう。

そんな場合、ただ本を読ませていても読解力は育ちません。ポイントの押さえ方を教えることが近道です。

たとえば、文章を読んだあとに「どういう話だった?」「この子はどんな気持ちだったんだろう?」などと子供に問いかけてみましょう。話の内容をまとめられず、書いてあることをそのまま言うようなら、重要な点が読み取れていない可能性があります。

「この文章で重要な部分はここで、なぜここが大事なのか」というテクニックを教えることも、学力としての「読解力」を育てるためには必要です。どこで躓いているのかがわかれば、対応するのが楽になりますよ。

聞き方で意欲を失わせないように

本を読んだあとの問いかけは大切ですが、それが「理解度チェック」のようになってしまうと楽しみが薄れてしまいます。問いかけは、子供の意識や思考を動かしてあげるためのもの。上手にすれば、思考力を増す助けにもなるんです。

まずは、関心を示しながらよく聞いてあげることが第一。言葉に詰まったときも急かすことはせず、自分なりの表現がまとまるまで待つことが肝心です。場面やイメージが思い出せるようなサポートをしてあげるといいですね。

親の方が笑顔で楽しんで話を聞いていれば、子供も喜んで話してくれますよ。

親の「教えよう」という思いが強すぎると、きつい言い方をしてしまったり、子供の考えを尊重せずに自分の意見を押し付けてしまうことがあります。

しかしプレッシャーが強すぎると、読解力が育つどころか国語嫌いに拍車がかかってしまいますよね。口を挟みたくなってもぐっとこらえ、心を落ち着けて話ができるようにしましょう。

読解力を伸ばすことや国語を得意にすることを目標にするのではなく、まずは本の面白さや読む楽しみを感じられるよう、家庭全体で取り組むことから始めましょう。次の週末は、家族で図書館に出かけてみてはいかがでしょうか。

Photo/Jason Lander 参考/ 国語が苦手な子供の“読解力”をアップさせる親テク3つ 小学生の国語力は家庭での読書習慣・読み聞かせで伸ばす

関連コラム

読書で得られる効果がすごい!本好きな子供に育てる方法
もはや3次元は当たり前?すごい絵本がぞくぞく登場中!
絵本でバイリンガルに!英語絵本の読み聞かせ方
絶対に読んで欲しい!今人気の絵本・児童書 厳選3作品!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP