子どものマットレスの選び方!時期別の人気おすすめ5選

子どものマットレスの選び方!時期別の人気おすすめ5選

Bu facebook
Bu twitter

良質な眠りのためには自分の体に合った寝具を選ぶことは大切ですよね。大人でも、合っていない寝具や枕で眠ると体が痛くなったり、途中で起きてしまったりと、快適に眠ることができませんよね。

中でもマットレスは、眠っているときに体を支えるものなので、自分に合ったものを選ぶことがとっても重要です。

育ちざかりの子どもにとって睡眠は健やかな成長に欠かせないもので、睡眠環境を整えることはさらに大切なことです。

そこで、今回は健やかな成長をサポートしてくれるマットレスの選び方をご紹介します。

マットレスの役割と重要性

体にかかる負担を軽減し、発育をサポートと、マットレスの役割はたくさん!

マットレス,マットレス,選び方,子ども

私たちが普段使っているマットレスですが、その役割をご存じない方も多いでしょう。ただ気持ちがいいからなんとなく使っているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、実はマットレスにはとても大きな役割があるんです。マットレスの一番の役割は、体重によって睡眠時にかかってしまう圧力を吸収して、体への負担を軽減させるということです。

睡眠時は特に腰への負担が大きく、なんと体重の44%もの圧力がかかってしまいます。その圧力のせいで腰痛になってしまうという方も少なくありません。

そしてそれは、成長が著しい赤ちゃんや子どもにとっても大きな問題です。子どもは大人に比べて、関節が柔らかく骨も弱いため、就寝時に関節や骨に負担をかけない安全な姿勢を保つことが重要です。

マットレスで、眠っている間に背骨の成長を妨げないような、子どもにとって理想のマットレスを選んであげましょう。

子ども用マットレスを選ぶ際のポイント

一番のポイントは「硬さ」!抗菌の機能が付いたマットレスもおすすめ

ウレタンマットレス,マットレス,選び方,子ども

子ども用のマットレスを選ぶ際に、一番重要なのは「硬さ」です。柔らかすぎると身体が沈みすぎてしまい、身体のいろいろな部分に負担がかかってしまう場合があります。また、硬すぎると、骨が圧迫されてしまい、血の流れが悪くなってしまいます。

柔らかすぎず硬すぎないマットレスと言うのが、理想的なマットレスです。子どもにとって理想の硬さとは、立った時の姿勢に近く、あおむけの姿勢で寝続けても苦にならない程度の硬さです。

ですが、そのようなマットレスを短時間で選ぶのは難しいですよね。どのマットレスが良いのかわからないという場合は、実際に店舗で横になって、少し硬いと感じる程度のマットレスを選ぶと良いでしょう。

ベビー用品メーカーや布団メーカーなどの子ども用マットレスは、子ども用に作られています。ネット通販で買いたいという方でもきちんとメーカーと品物を選べば問題ありません。

しかし心配な方は、実際にお店で試してみることをおすすめします。

また、子どもが使うものなので、清潔に使いたいですよね。マットレスには防ダニや抗菌の機能のついたものもあります。きれいなマットレスで気持ちよく眠れそうですね。親としても安心です。

子どもの時期別!おすすめのマットレスの種類

体がしっかりしてきたらプロファイルマットレスがおすすめ

プロファイルマットレス,マットレス,選び方,子ども

まだベビー寝具を使っているお子さんは、お昼寝などで場所を変えることもあるでしょうから、持ち運びに便利な2つ折りタイプがおすすめです。

ベビー寝具を卒業したジュニアは、敷布団とは別にマットレスを用意した方が良いでしょう。敷布団もマットレスも赤ちゃんほどの硬さは必要ありませんが、体が沈みこまずにあおむけで寝続けられるような硬めのものがおすすめです。

体重も増えてきて、寝返りも頻繁になってきたら、しっかりとした材質でできた、プロファイルマットレスがおすすめです。

おすすめの子ども用マットレスのご紹介

【1】ブーリ スプリング入りマットレス Lサイズ

ベビーベッドにぴったりなマットレス

ブーリ スプリング入りマットレス Lサイズ(70×132cm),マットレス,選び方,子ども 出典:www.amazon.co.jp

こちらは6歳までベッド専用のスプリング入りマットレスです。ボンネルコイル入りで通気性に優れており、成長過程の赤ちゃんの眠りに必要な適度な硬さを備えています。

子ども用なので、安心して使えますね。適度な固さなので、体が沈み込んでしまうこともなく、寝返りも打ちやすいです。

この商品の基本情報

商品の特徴
*[本体サイズ] 132×70×11㎝
*[素材] 詰め物・カバー:ポリエステル100%

商品情報
*メーカー:ブーリジャパン
*参考価格:¥17,064
*対象年齢:~6才
*カラー:ホワイト
*サイズ:70×133×11cm
*商品重量:6.5kg

【2】固わた敷布団(2つ折マットレスタイプ) ベビーサイズ

2つ折りできるタイプのマットレス

固わた敷布団(2つ折マットレスタイプ) ベビーサイズ(70×120cm),マットレス,選び方,子ども 出典:www.amazon.co.jp

こちらは2つ折りのマットレスタイプ。持ち運びにも、収納にも便利です。しっかりとした厚みで、へたりにくく、しっかりと赤ちゃんを支えてくれます。

適度な弾力と硬さで、産まれたばかりの新生児から使用できます。綿100%の生地を使用しているので、通気性も良く、吸湿性にも優れています。

日本国内の布団工場にて加工した、信頼の日本製の布団です。

この商品の基本情報

商品の特徴
*サイズ 70×120×6cm
*生 地 ポリエステル65%、綿35%
*中 綿 ポリエステル100% (6cm厚 圧縮固綿使用)
*厚 み 6cm 中綿量 1.6kg

商品情報
*ブランド:サカイ
*メーカー:ふとん工場サカイ
*参考価格:¥5389

口コミ

・弾力がある
・大人用も欲しいくらい気持ちいい
・大きさがちょうど良い

【3】GELTRON(ジェルトロン) ベビーマットレス

洗えて清潔が嬉しい!

GELTRON(ジェルトロン) ベビーマットレス,マットレス,選び方,子ども 出典:www.amazon.co.jp

こちらの商品は「ジェルトロン」という、立体格子型グミ状ジェルが使用されています。この「ジェルトロン」が赤ちゃんの優しく体と肌を支えてくれます。

また、通気性に非常に優れた構造により、発汗量の多い赤ちゃんでも安心・快適です。パーツ別に洗えるので、おねしょなどで汚しても安心ですね。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:J-sleep
*参考価格:¥39,800

【4】ブリヂストン 三つ折り マットレス 点で支えて 体圧分散 厚み10cm 高硬度 防ダニ プロファイル マットレス シングル

プロファイル形状にした高硬度なマットレス

 三つ折り マットレス ,マットレス,選び方,子ども 出典:amzn.to

こちらはプロファイルタイプのマットレスです。しっかりとした硬さで体を点で支えるので、体圧分散性が抜群です!

また、もう1つの特徴として、防ダニ特殊加工生地が使用されています。しかも側生地に防ダニ加工も施されています!

安全性の高い薬品を使用しているので、極めて安全性が高く、安心して小さなお子さんにも使用できます。

厚みはあるものの、3つ折りできるようになっているので簡単に折りたたむことができ、収納にも便利です。

この商品の基本情報

・参考価格:¥12,800
・サイズ:厚み約10cm×幅100cm×長さ200cm
・硬さ:かため(プロファイル形状加工) 重量 約4.4kg
・組成:【側生地】綿100% 【中材】ウレタンフォーム
・復元率:95%
・側地は中国製 (日本でウレタンフォームを詰めています)

【5】ottostyle.jp 高反発マットレス プロファイル加工 極厚10cm ダブル 硬さ160ニュートン/かため

高反発マットレスで、寝心地抜群!

ottostyle.jp 高反発マットレス プロファイル加工 極厚10cm ダブル 硬さ160ニュートン/かため (高密度ウレタンフォーム使用) ブラウン 【体圧分散】【快適睡眠】,マットレス,選び方,子ども 出典:www.amazon.co.jp

こちらはプロファイルタイプの、高反発マットレスです。下からの跳ね返りの力により、沈み込みが少ないのが特徴です。 そのため、寝返りがうちやすく就寝時の身体の一部分(首・肩・腰・足)にかかる体圧も分散されます。

弾性が高く、適度な硬さで身体を支えるので、底つき感もなく「へたり」にくいです。また、子どもにも優しい低ホルムアルデヒドで安心ですね。

この商品の基本情報

商品の特徴
*サイズ (約)195cm×140cm×10cm ダブルサイズ 重量 (約)7.9kg
*材質 マットレス本体 : 高反発ウレタン(密度27kg/m3) カバー : ポリエステル100%
*硬さ 160ニュートン
商品情報
*ブランド:ottostyle.jp
*メーカー:コンポジット
*参考価格:¥8,480
*カラー:ブラウン・クリーミーホワイト
*サイズ:10cm / ダブル / プロファイル加工(でこぼこ)

口コミ

・硬さがちょうど良い
・弾力性が抜群
・腰痛持ちでも楽に眠れるほど快適
・眠りやすい
・コスパがいい

まとめ

いかがでしたでしょうか。以上が育ちざかりの子どもにおすすめしたいマットレスでした。やはり子どもが健康に育ってほしいというのは、どこの親御さんも思っているかと思います。

ぜひぜひマットレス選びの参考にしてください!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP