4歳児向け絵本の選び方!子どもが喜ぶ人気のおすすめ10選

4歳児向け絵本の選び方!子どもが喜ぶ人気のおすすめ10選

Bu facebook
Bu twitter

4歳の子どもは幼稚園や保育園でいうと年中さんにあたる年齢になります。ママパパと離れて新たな環境に入ることも多く、年下のお友達も年上のお友達も増える時期ですね。

集団生活が始まると、同年代の子たちと遊ぶ楽しさやけんかや心の葛藤などを感じることも増え、心身ともに成長が目覚ましいころですね。

たくさんの歌や絵本に触れる4歳さん、「絵本を読んで」や「自分で絵本読めるよ」「この絵本が欲しい」といった主張も多くなって好奇心もぐんぐん成長中でしょう。

ここでは、そんな4歳児におすすめの絵本をたっぷり10冊ご紹介して参ります!

4歳が喜ぶ絵本って?選び方のポイント

4歳児のこころは成長過程です

絵本を読む親子,絵本,おすすめ,4歳

4歳児は、本格的に家庭以外での活動(幼稚園・保育園)が始まり、集団生活が出来るようになっていきます。そのため、ママパパ以外の人に対する興味が高まって来る時です。

先生やお友達などの他者との関わりから、譲り合うことや思いやりの気持ちを覚えるようになり、そこからまた自我も目覚め始めます。

遊びから想像力を学んでいる大切なとき

お友達と遊ぶ子供,絵本,おすすめ,4歳

以前は黙々と一人遊びに講じていた子どもでも、この頃にはお砂場でお友達と泥遊びや砂のお城を作ったり、葉っぱや石を使ってお店屋さんごっこなどの遊びをしてみたりと、遊びにお友達が加わることが多くなっていきます。

また、人工のおもちゃ以外にも、手近な石や木の実といった自然の道具が加わり、工夫した遊びが出来るようになっていきます。

そんな遊びの中から、葉や木の実の色を知ったり、季節や四季の移ろいを学びます。人や社会、自然を知ることによって、より多くの想像力が膨らみ、成長していくのがこの4歳の時期なのです。

感受性と想像力豊かなこの時期を育むのに、絵本はまさに最適な教材です。絵本を通して、いろいろなものを学習していけるのもこの時期から。

お友達と一緒に遊ぶ内容の本や、色彩や言葉が充実した目にも楽しい絵本、キャラクターがたくさん出てくる可愛らしい本、学習型の知育の絵本など、素敵な絵本を子供と一緒に探して、食後のひと時や夜眠るときに読んであげましょう。

文字の理解|個人差があります焦りは禁物です

1人で絵本を読む子ども,絵本,おすすめ,4歳

4歳の子どもは文字に関心がある子、文字に全く関心がない子、数字は好きだけど平仮名は苦手な子など、読解や言葉の理解に差があります。

それは子どもの興味の問題です。今はまだ時期尚早なのだと判断して、無理に読ませたり書かせることはせず、子どものペースに合わせましょう。

ママパパが絵本を読んであげることで文字に関心を向かせ、読みたいという気持ちにつなげる準備をしてあげましょう。

それでは、実際にこの時期の子どもに最適な絵本を、特長ごとにご紹介して参りましょう。

【1】くれよんのくろくん|なかやみわ (童心社)

シリーズで楽しめる!クレヨンの可愛いキャラクタが魅力的

くれよんのくろくん,絵本,おすすめ,4歳 出典:amzn.to

くれよんのくろくんを主人公に、様々な色のクレヨンたちが活躍するシリーズで楽しめる絵本です。

最初の「くれよんのくろくん」から読み進めると、くろ君のキャラクターがしっかりつかめると思います。

4歳児特有のお友達との関わり合いを、この絵本を通して学ぶことも出来ます。

くろ君は優しく大人しい目立たない子、ほかの色はそんなくろ君を最初は地味だと相手にしませんが、実はとても大切な存在だと気が付いていくのです。仲間と活躍する様子がとても心動かされ引き込まれます。

シリーズを通してほかの色が登場して、協力し合いながら何かに取り組んだり解決したりするところがとても愛らしく、絵の雰囲気も温かみがあり、子どもも親も大ファンになる絵本です。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

参考価格 ¥1,296(税込)
出版社 童心社

口コミ

・絵がほのぼのとしていて、こちらも暖かな気持ちになれます

・色を学ぶ、という木手であれば、色に興味を持ってくる年齢の小さな子どもにおすすめです。また、お友達関係も学べるので、幼稚園・保育園に通うようになった子どもにもおすすめできます。

・図書館で見つけ、何度も借りて読んであげましたが、子どもがとても気に入ったので購入してしまいました。

【2】ノラネコぐんだんきしゃぽっぽ|工藤ノリコ (白泉社)

擬音語が面白い!愛らしい猫のキャラクタが繰り広げる珍騒動

ノラネコぐんだんきしゃぽっぽ,絵本,おすすめ,4歳 出典:amzn.to

ノラネコ軍団の絵本はとにかく絵がコミカルでキャラクターがファニー!まるで四コマ漫画のキャラクターのようなノラネコたちが繰り広げるいたずらなどが、大変面白い内容です。

最初は汽車のお話だったので、乗り物好きの息子のために購入したのですが、シリーズのパン工場やお寿司屋さんなど、シリーズごとに食べ物が登場するようになった今も絵とキャラクターの可愛さから継続してシリーズを集めています。

また、展開が漫画のようなドラマティックな展開だったり、文字に擬音語が多いので、普段絵本に関心の無い子どもでも釘づけ大笑いで見てくれます。

話の展開やテンポが軽快なので、読み聞かせにおすすめです。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

参考価格 ¥1,296(税込)
出版社 白泉社

口コミ

・ノラネコ達の大胆な行動にハラハラ!緊張感のある展開ですが、一方で、その緊張感を和らげるニャーニャーというノラネコの鳴き声がいいアクセントに!大人も子どもも大爆笑の絵本です。

・ノラネコたちの絵がかわいいです。とくに、ノラネコの表情は必見!

・うちの息子は電車好きなので、電車が出てくるこの絵本には大はまり!図書館で読んでいましたが、最終的に購入しました

【3】おさるのジョージ どうぶつだいすき|M.&H.A.レイ (岩波書店)

アニメでもおなじみ。毎回巻き起こす珍事件に子どもも釘づけ!

おさるのジョージ どうぶつだいすき,絵本,おすすめ,4歳 出典:amzn.to

テレビアニメでもお馴染みの、おさるのジョージの原作絵本集です。きっと「ものまねおさる」時代にお世話になったママパパもいらっしゃるのではないでしょうか?

最近はテレビアニメとタイトルを合わせて絵本が改訂されて発売されています。

我が家でも1か月に1冊のペースで買い揃えている絵本です。その中でも比較的発売が最近で、子どもが大好きなのが、この「どうぶつだいすき」です。

おさるのジョージが、黄色い帽子のおじさんといつもの動物園ではなく、サファリパークに行くお話し。サファリパークの車で移動中に身を乗り出したジョージが車から落ちてしまってさあ大変!迷子になってしまいます。。

いつものようにいろいろと珍事件を巻き起こすジョージですが、最後はみんなにっこりハッピーな楽しい結末。絵も可愛らしく、いろいろな動物が登場するので、何度も飽きずに読んでしまいます。

絵本に興味のない子どもでも、アニメがきっかけで見てくれるかもしれませんね。是非シリーズでお気に入りを探してみてください。

基本情報

参考価格 ¥972(税込)
出版社 岩波書店

口コミ

・おさるのジョージが好きな方にはおすすめです!新刊が出たと知ってすぐに購入しました。大満足です。

【4】ちょっとだけ|瀧村 有子 (福音館書店)

お姉ちゃんになって奮闘する健気さに涙

ちょっとだけ,絵本,おすすめ,4歳 出典:amzn.to

4歳くらいになると弟や妹が生まれて、兄ちゃん・お姉ちゃんになる子が多くいるのではないでしょうか?そんな子におすすめなのがこの絵本です。

お姉ちゃんになって、頑張って何でも一人でやらないといけないと奮闘するなっちゃんがとても健気で涙が出てしまう1冊。

ちょっとだけ色々な事が1人で出来るようになるなっちゃん。見てほしいときにママは赤ちゃんのお世話でそばにはいなくて、いつもさみしい思いを我慢しているなっちゃん。そんななっちゃんに最後はママが気が付いて甘えさせてあげるシーンが感動します。

「なんだか、兄弟が出来るから上の子にと思って読んであげたのに、親の私が読んで泣いちゃった」と子どもではなく読み聞かせをしていたママが泣いてしまうというハプニングが続出の絵本。

下の子どもを妊娠中のママや、焼きもちを焼かれて困っている兄弟をお持ちのママに是非おすすめ。読み聞かせてあげてほしい一冊です。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

参考価格 ¥972(税込)
出版社 福音館書店

口コミ

・気持ちが温かになれる絵本です。幼稚園からの帰り道に子どもに読み聞かせましたが、うっかり大人の私が感動して落涙してしまいました。

・一人っ子の家庭にもおすすめです。我が家も子どもは一人ですが、弟や妹ができたら、、、と想像を膨らませてくれる本です。何度も読めて、手元に長く置いておきたい絵本です。

【5】1から100までのえほん|たむらたいへい (戸田デザイン研究室)

知育絵本|1から100までを旅する壮大な冒険に出かけよう!

1から100までのえほん,絵本,おすすめ,4歳 出典:amzn.to

1から10まで数えられるけれど数字は無限。子どもは10まで数字を数えられれば、次は10以上の数字を知りたがるものです。

でも一緒にお風呂で数えていくのも大変ですし、言葉を伝えるのと、数字の大きさを具体的に教えるのは全く違います。

そんな時に、簡単に楽しく数字を覚えられるのが、この絵本です。主人公のコアラや、たくさんの動物たちと一緒に海や空、山や野原を冒険しながら数字の冒険をしていきます。正直100までが物語になっているこの絵本はかなり壮大です。

1回で読むにはページ数がかなりあるので、1日一回お休みの前にママが読んであげるお楽しみの本にしてはいかがでしょうか?

基本情報

価格 ¥1,728 (税込)
出版社 戸田デザイン研究所

口コミ

・小さい子どもが、数字を覚えるのにおすすめの本です。親子で読みましたが、絵が可愛いので興味津々。絵を見るだけで数字が分かるので、子どもがあっという間に数字を理解してくれました!

・息子がなかなか2ケタの数字を理解できなかったのですが、絵本を読んで2ケタの壁を克服できました。

【6】とけいのほん|まついのりこ (福音館書店)

知育絵本|可愛いどんぐりが教えてくれる時間の概念

とけいのほん,絵本,おすすめ,4歳 出典:amzn.to

4歳児くらいになると、数字や時計に本格的に興味がわき「今なん時?」と、ことあるごとに聞かれるママさんも多いのではないでしょうか?

そんな時計や時間をカウントするのが大好きな子どもにおすすめなのが、この「とけいのほん」です。

この絵本は1と2がありますが、1で短針と長針の違いが分かり、時間(短針)だけではなく分(長針)も理解する事が出来ます。

どんぐりぼうやが探検をしながら時計の概念を教えてくれます。時間はわかるけど細かい何分までは、なかなか理解できない子どもでも、この絵本がきっかけで読めるうになったという子どもも。

どんぐり坊やと冒険をしながら時計を楽しく覚えましょう。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

価格 ¥972 (税込)
出版社 福音館書店

口コミ

・私自身、小さい頃に読んでいてお気に入りの絵本でした。子どもにも読ませたいと思い、購入したのですが、子どもも気に入ってくれています

・購入してわずかな期間で子どもが時計を読めるようになりました。時間、を教えるにはとってもおすすめの絵本です。

【7】はじめてであう すうがくの絵本|安野 光雅 (福音館書店)

知育絵本|4歳から読んで続けることで学べる絵本

はじめてであう すうがくの絵本,絵本,おすすめ,4歳 出典:amzn.to

タイトルから、小難しい本に思われるかもしれませんが、中を開いて見てみてください。可愛らしい動物や小人たちが数字や図形の概念を教えてくれる、とても楽しい絵本です。

文字や説明が増えますが、内容はとっても簡単。挿絵を一緒に見ながら楽しむ事が出来ます。

数学というと、数字や記号が多くて特にママは苦手な方も多いと思います。ですが、この「すうがくの本」に出てくる数学は、数学?と一瞬考えてしまうようなとっても初歩的なことを簡単に教えてくれます。

こっちとこっちおんなじ絵だけど、こちらのほうが大きいね!とか、この四角とこの四角の大きさはどこが違うの?これは形が違うだけで、同じ数あるね!など。。可愛らしい挿絵で優しく教えてくれるすうがくの世界。

小さなうちはママが読み聞かせながら、大きくなったら自分で読んでなぞなぞを解くように楽しむ事が出来る、長く愛用できる一冊です。

基本情報

価格 ¥1,728
出版社 福音館書店

口コミ

・数学、というととっつきにくくて難しい、という印象を持つかもしれませんが、この本はとても分かりやすいです。4歳の子どもに買い与えましたが、自分で仲間はずれの解説ページを楽しんで読んでくれています。

・絵がとてもきれいで、絵を眺めているだけでも楽しめます。

【8】ベンジーふねのたび|マーガレット・ブロイ・グレアム (福音館書店)

一緒に船旅を味わえる壮大な一冊です

ベンジーのふねのたび,絵本,おすすめ,4歳 出典:amzn.to

「どろんこハリー」の作者で有名なこの絵本。どろんこハリーも可愛らしいワンちゃんが活躍する楽しいお話ですが、個人的にはベンジーのほうがおすすめです。

そんなベンジーシリーズの中でも、この「ふねのたび」は、ベンジーが船での家族旅行に着いて行く事が出来ず、脱走して違う船に乗り込んで1か月船の旅に行ってしますお話です。

船の中では、優しい水夫たちにご飯を貰ったり、猫の友達と走り回ったり。。とても楽しく過ごします。

ですが、港に着いて懐かしい我が家を思い出して帰っていきます。最後は旅行から帰ってずっと心配していた家族と再会して大喜び。

ワンちゃんの壮大な船の旅が、リアルに描かれていて読んでいて引き込まれます。一緒に旅行気分が味わえる一冊です。

基本情報

価格 ¥1,296
出版社 福音館書店

口コミ

・外国の絵本ですが、日本語訳が素晴らしく、絵本の世界にぐいぐい吸い込まれます

・色鉛筆で描かれた絵がとても優しく、温かみがあります。

【9】十二支のおはなし|内田 麟太郎 (岩崎書店)

親も意外と知らない十二支のお話。一緒に学び直しましょう

十二支のおはなし,絵本,おすすめ,4歳 出典:amzn.to

お正月時期になると「なんで今年は〇〇年なの?」って子どもに干支聞かれたりはしませんか?

我が家も4歳の年に初めて子どもに聞かれ、十二支について説明したのですが、順番の話はなかなかうまく伝えられず、絵本を探してこの内田麟太郎さんの絵本にたどり着きました。

この絵本の動物たちは独特の力強いタッチで個性的。子どもは何度も読んでいます。そして、定番の十二支のお話。大人も実は意外と知らなかったり忘れていたりで、改めてそうだった!と思いだします。

神様にご挨拶に行く動物たち、12番までに入れば大将になれるというレースに参加します。。

定番のストーリーが子どもにはとても新鮮で、大人には懐かしい。そんな親子で楽しめて勉強にもなる絵本です。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

価格 ¥1,296
出版社 岩崎書店

口コミ

・子どもが子の絵本で干支を覚えました。

・好みが分かれるかもしれないですが、大きくはっきりした力強い絵です。可愛い、と娘は気に入って楽しんでくれています。

【10】もりのホテル|ふくざわ ゆみこ (学研)

泊まってみたい!思わず引き込まれる世界観

もりのホテル,絵本,おすすめ,4歳 出典:amzn.to

可愛らしい動物が活躍する絵本が人気ふくざわゆみこさんの新刊です。森の大木でホテルを営む可愛いアライグマ。そんな「もりのホテル」には毎日たくさんのお客さんがやってきます。

おおきなくまや鳥の大群に蛇まで。。そんな珍客にも期待に添えるお部屋を提供するアライグマの店主。

そして、いい香りが漂ってきそうな夕食など、ホテルのおもてなしを見ていると、ママと子どもも思わず泊まってみたい!と夢中になってしまうと思います。

柔らかく繊細な絵も、とても引き込まれます。「ぎょうれつシリーズ」も大変面白い本です。この絵本で引き込まれたらぜひそちらも手に取ってみてください。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

価格 ¥1,404
出版社 学研

口コミ

・子ども達が目を輝かせながら聞いてました!

・温かく、柔らかな絵のタッチです。次の展開が楽しみで親子で絵本を楽しめました。

まとめ

今回、新旧の4歳児に向けた楽しい絵本を紹介させていただきました。どれも、定評のあるとても楽しい絵本です。4歳の子どもは想像力がぐんぐん伸びているとても大切な時期です。

今まで絵本に関心の無かった子どもでも、この時期に改めて絵本を読んであげると、以前と違って関心を示して「また読んで!」とせがまれたりするかもしれません。そうなったら、しめたものです!絵本の楽しさから、読書の楽しさを教えて想像力を養ってあげたいですね。

ここでご紹介した絵本作家さんは、たくさんの絵本を出されています。お気に入りの作家さんを見つけて、シリーズで集めても素敵ですね。ぜひこのお休みの時期に、本屋さんや図書館で探してみてください。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP