夏も終盤!紫外線を中からケアするには、あの食べ物がいい!

夏も終盤!紫外線を中からケアするには、あの食べ物がいい!

Bu facebook
Bu twitter

子どもとたっぷりお出かけした夏休み。海やキャンプなどで日焼けしてしまい、今から美白ケアをはじめようと心がけている人も多いのでは? 紫外線のダメージを秋に持ち越さないためには、日頃のケアが重要です。

ここでは、紫外線に良いといわれる食べ物で作る、この時期にぴったりなレシピをご紹介します。

まだまだ強い夏の紫外線対策には“ビタミン”と“ミネラル”を

紫外線を浴びることでできてしまうシミやそばかす。これらを食べ物で予防するには、ビタミンとミネラルを摂るのが一番です。なかでも予防効果があるといわれるのは、ビタミンC。それに加えて、肌の老化などを防ぐβカロテン・ビタミンE、肌の新陳代謝を促進させるビタミンB2と亜鉛なども併せて摂ると、より効率的です。

ビタミンCが柑橘類やイチゴといった果物に含まれているのは、皆さんよくご存じだと思います。また、βカロテンはカボチャ・ニンジンなどの緑黄色野菜に。そのほかレバーやウナギなどにはビタミンB2、牡蠣や牛肉には亜鉛が豊富に含まれています。

トマトに含まれるリコピンも、メラニンを生成する活性酸素を除去する働きがあるため、紫外線対策におすすめですよ。

ただし、最近は柑橘類に紫外線の感受性を高める『ソラレン』という成分が含まれていることが判明し、朝に食べると反対にシミの原因をつくってしまうことも。朝の果物は体にいいといいますが、シミ予防には朝は柑橘類を避けたほうが良いそうです。

紫外線に良いこれらの食材を使ったおすすめのレシピをご紹介します。

ビタミンCをたっぷり摂って、夏も揺るがない美肌作り!

食べてUVケア レシピ1

出典:楽天レシピ@りんごみかん1002

つい手が伸びるおいしさの『甘夏のはちみつ漬け』。皮をむいた甘夏の実を、はちみつと一緒に容器に入れ、半日程度漬けるだけ。柑橘系にある独特の酸味もまろやかになり、とても食べやすい味になりますよ。こちらはしょうがをプラスしているので、エアコンで冷えた体にも◎

材料(2人分)

  • 甘夏…1個
  • 蜂蜜…大さじ3から4
  • 白ワイン…大さじ1
  • 生姜…半かけ
  • ミント…少々

作り方

  1. 生姜はすりおろしておく
  2. 甘夏は皮を剥いて、実を取り出したら蜂蜜・生姜・白ワインと混ぜる
  3. 冷蔵庫で冷やす
  4. ミントを飾ってできあがり

βカロテン満点なニンジンを大量に食べるなら『しりしり』がおすすめ!

食べてUVケア レシピ2

出典:楽天レシピ@イ・シュリー

ニンジンの代表的なレシピの1つである、『しりしり』。沖縄の郷土料理として知られ、ピーラーで削ったニンジンとツナを炒め、最後に卵をからめるだけと作り方も簡単です。かつおだしを、ニンジンを炒める前と、すべて炒めたあとの2回に分けて入れるのが、風味豊かに仕上げるコツです。

材料(2~3人分)

  • 人参…1本
  • ツナ缶…1缶
  • 卵…1個
  • 粉末かつおダシ…小さじ1
  • 塩コショウ…少々
  • サラダ油…小さじ2

作り方

  1. ニンジンは皮を剥くように削っていく
  2. フライパンにサラダ油を入れて熱したら、ニンジン・塩コショウ・ダシ1/2を加えてよく炒める
  3. ツナ缶を加えて更に炒める
  4. 卵を溶き入れて、炒り卵を作る感じで混ぜ合わせていく
  5. 最後に残っているダシ1/2を加え、軽く炒めたら完成♪

トマトたっぷりのアクアパッツァで、リコピンを上手に摂取

食べてUVケア レシピ3

出典:楽天レシピ@グルヤマ

リコピンをたっぷりのトマトと、ビタミンB2を含む鯛などの白身魚は、紫外線対策メニューにピッタリ! これらを同時に摂れる『アクアパッツァ』は、おしゃれで見栄えも良い料理のひとつ。

フライパンで鯛を焼いたあと、白ワインやアサリ、オリーブなどと一緒に炊けば、できあがりです。残った煮汁はスープにしてもおいしいので、最後まで味わうことができますよ♪

材 料(2~3人分)

  • 白身魚→イサキ、メバル、鯛、カサゴなど…1匹
  • にんにく…3片
  • 香味野菜→セロリ葉、パセリ、ハーブなど…適宜
  • あさり…1パック
  • ミニトマト…1パック
  • 黒オリーブ(種なし)…8~10個
  • 白ワイン…100cc
  • 塩、こしょう…適宜
  • オリーブオイル…大さじ2

作り方

  1. あさりは塩抜き。にんにくはみじん切り。黒オリーブはスライス。ミニトマトは半分に切る。
  2. 用意した魚の鱗・内臓・エラなどを取り除き、表と裏に塩をふる。
  3. 魚のお腹ににんにく1片、香味野菜を詰める。
  4. フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて熱したら、魚を両面軽く焼く。
  5. 白ワイン・あさり・黒オリーブ・ミニトマトを加え、材料が浸るぐらいの水を入れる。
  6. フタをして強めの中火で煮込む。
  7. 魚に火が通ったら、塩コショウで味を調えて完成です!

今回紹介したレシピのほかにも、紫外線対策におすすめなのはハーブティー。ローズヒップやカモミールなどには、ビタミンCがふんだんに入っているので、体の中から紫外線ケアができます。夏が終わっても紫外線ケアを怠らず、美しい白い肌を手に入れましょうね。

参照/
美肌レシピ「紫外線対策として有効な食べ物」
Natural Healthy Standard Blog「朝の柑橘系フルーツは危ない!?タイミングを選んで賢くビタミンCを摂取!」
簡単!栄養andカロリー計算「ビタミンB2の多い食品と、食品のビタミンB2の含有量一覧表」
簡単!栄養andカロリー計算「亜鉛の多い食品と、食品の亜鉛の含有量の一覧表」

関連コラム

フライパン1つで簡単おしゃれ!おもてなしもできる『ワンパン』料理レシピ
赤ちゃんにも旬の野菜を!初めてでも簡単な『トマト』の離乳食レシピ9選
『紫外線ダメージリペアジェル』プレゼント!うっかり日焼けにはアフターケアが重要!夏の紫外線ダメージを最小限に抑える方法
美白に風邪予防まで!実はスゴイ今が旬の『柿』を使ったおかずレシピ
賢いママは持っている⁈100均の使えるおもちゃを厳選してご紹介!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP