子どもが病気のときのお風呂って入れていいの?ダメなの?

子どもが病気のときのお風呂って入れていいの?ダメなの?

Bu facebook
Bu twitter

熱があったり、発疹が出ていたり、子どもの体調が悪いときお風呂はみんなどうしているのでしょうか。「汗でベトベトしていても可哀想だけど、お風呂に入れちゃって大丈夫なのかな…。」と、悩むママも多いと思います。そこで今回は、現役の看護師さんから症状別でのお風呂の良し悪しや、入浴する際の注意点を聞いてきました!

症状別で見る入浴のOK・NG

熱があるとき

お風呂には入らず横になって安静にしておくことが一番です。汗で体がベトベトしていて、子どもが気持ち悪がるようであれば、部屋を暖かくした状態で、温かいタオルで体をさっと拭いてあげましょう。新しいパジャマに着替えさせてあげるだけでも、かなりスッキリしますよ!

また、熱が下がったからといって、すぐに長湯をさせるのは危険です。体力が回復するまではシャワーでさっと汗を流す程度にしておいた方がいいでしょう。

発疹が出ているとき

発疹の原因によって、お風呂の良し悪しが大きく左右されます。あせもの場合は、常に肌を清潔に保つことが最優先なので、きちんとお風呂に入れてあげる方が良いでしょう。ただし、体が温まるとかゆみが増す場合もあるため、湯船に長く浸かるよりは、ぬるま湯でさっと体を流す程度がおすすめです。

原因の分からない発疹の場合は、勝手な判断でのお風呂は危険です。早めにかかりつけのお医者さんに相談してみましょう。

せきや鼻水が出ているとき

熱はなく鼻水だけが出ている場合は、お風呂に入れてあげてOKです。お風呂に入ることで体が芯から温められ、血行が良くなるので、鼻づまりが改善されることもよくあります。乾燥が原因のせきの場合も、お風呂に入ることで喉に適度な湿り気を与えることができ、一時的にせき症状を和らげることができます。

しかし、長引くせきの場合は、なんらかの病気が原因である可能性が高いので、医師に相談するまではお風呂は控えましょう。

病気中や病み上がりに子どもをお風呂に入れる際の注意点

一般的に病気中や病み上がりにお風呂を避けたほうがいい理由には、以下の2つがあります。

  • 体力や水分を消耗してしまう
  • お風呂上がりに冷えてしまう

そのため、子どもをお風呂に入れるときは、以下のポイントに注意しましょう。

  • 熱すぎるお風呂には入らない
  • 長風呂は避ける
  • 洗髪はしない
  • 脱衣所や浴室などをあらかじめ暖かくしておく
  • お風呂上がりはタオルで体をしっかりと拭き、すぐに着替える
  • 入浴後の水分補給を忘れない
  • 体が冷めないうちに布団に入って休む(ただし、体の火照りがとれてから)

お風呂に入る行為は、思っている以上に体力を消耗し、体内の水分もたくさん消費します。子どもの様子をよく観察し、熱はなくとも顔色が悪かったり、食欲や元気がなかったりなど、少しでも体力が落ちているようであれば、その日のお風呂は控えた方が良さそうですね。

関連コラム

風邪で熱のある子がお風呂に入るメリットと注意点とは?
その『咳』大丈夫?乳幼児の咳の原因と家庭でもできるケア
見逃さないで!赤ちゃんの『風邪』とその『サイン』
赤ちゃんが初めての発熱!どうしたらいい?対処法のまとめ
賢いママは持っている⁈100均の使えるおもちゃを厳選してご紹介!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP