妊娠中のワキや乳首の黒ずみの原因

妊娠中のワキや乳首の黒ずみの原因

Bu facebook
Bu twitter

妊娠中に、みまわれるさまざまな肌トラブルの中でも、人には聞きづらいのが「黒ずみ」に関する悩みです。特に、乳首や乳輪、デリケートゾーンの黒ずみは、なかなか相談できるものではありません。

妊娠4週を過ぎるころから、乳房のハリや乳首が敏感になるなどの変化とともに、だんだんと乳首が黒ずんできます。人によって程度はありますが、乳首がいつの間にか茶色っぽい色に変化していたり、ワキが黒ずんできたり、シミやそばかすが増えてきたりします。

知らずにいるとびっくりされるかもしれませんが、これは妊娠中に起こる当然の変化で、何も特殊なことではありません。こちらでは、そんな妊娠中の黒ずみについて、原因やケア方法を解説します。

ワキや乳首の黒ずみの原因

ワンピースを着た妊婦さん,妊娠中,黒ずみ,原因 出典:www.skincare-univ.com

ワキや乳首の黒ずみの原因は、妊娠によるホルモンの変化が原因と考えられます。妊娠中は、妊娠を継続するためにホルモンバランスが変化していきます。

妊娠20週くらいからエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンの分泌が急激に増加していきます。

そして、これらのホルモンはメラニン色素の色素細胞(メラノサイト)を刺激し、肌内部のメラニン色素が増えます。

これにより、色素沈着が起こりやすくなり、黒ずみやシミ、そばかすとなって現れてきます。特に、ワキや乳首、乳輪、外陰部などはメラニン色素が多いため、黒ずみやすい部分なのです。

また、メラニン色素は肌を守る働きがあるため、乳首に関しては赤ちゃんの授乳に備えて黒ずんでくるという考え方もあるようです。

ワキや乳首の黒ずみのケア

ケア方法としては、ビタミンC誘導体などの美白成分を配合した乳液やクリームを使用する方法があります。また、より高い効果を望む場合は黒ずみ専用のクリームやジェル、ピーリング剤を使用する方法もあります。

妊娠中の体は目まぐるしく変化していきますが、ワキや乳首の黒ずみも、著しいものがあります。妊娠中は黒ずみが濃くなることはあっても、薄くなることはあまりなく、不安に思われるかもしれません。

でも、これは妊娠による一時的な変化であって、多くの場合、出産後、ホルモンバランスが元の状態に戻るのにともない徐々に薄くなりますのでご安心ください。

なので、積極的にケアする必要はあまりありません。乳首に関しては、出産を終えても、赤ちゃんが授乳している間は黒ずんだままですが、授乳が終われば徐々に薄くなるはずです。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP