子どもへの上手な叱り方!子育てでイライラしないコツ

子どもへの上手な叱り方!子育てでイライラしないコツ

Bu facebook
Bu twitter

子育ての中で悪戦苦闘する1つに子どもへの叱り方があると思います。ただ、怒鳴ってみたり、「ダメ」と言ったりするだけでは子どもは理解してくれないものです。

どうやって叱ったら子どもはわかってくれるのか、親である自分もわからなくなってしまい、ママパパもイライラしてしまいがちですよね。

ここでは、叱り方1つでこんなにも子育てが楽になれるのか・・・という上手なコツとテクニックをご紹介します。ぜひ、参考にしてみて下さい。

子どもへの上手な叱り方|言うことを聞かない時

笑顔の子ども,子ども,叱り方,コツ

子どもが言う事を聞いてくれず、ワガママを言っては怒鳴って叱って子どもを泣かせてしまったという経験は誰しもが持っているのではないでしょうか?

ママやパパの気持ちに余裕がない時や体調が悪い時など、頭ではわかっていながらついつい怒鳴ってしまいますよね。

そんな時に限って子どもは話を聞いてくれないどころか、ますますヒートアップしていきます。そして、ママやパパはイライラが募るという悪循環に陥りますよね。

このような悪循環にならないためにはどうしたらよいでしょうか?

叱る言葉をちょっと我慢してみましょう

冷静になる子ども,子ども,叱り方,コツ 出典:Instagram: er_17さん*写真はイメージです

子どもがイヤイヤと泣いている状態の時にどんなに説明をしても、慰めても子どもは泣き止みません。

それは、自分のやりたい事に対して怒られているので、なかなか泣き止んでくれないのかもしれません。

小さい子どもにも子どもなりの意思や思いがあるからなのです。そんな時は、叱るのをちょっと我慢して子どもの様子や行動を観察して見守ってみましょう。

子どもながらに、これをやったらママやパパに怒られるだろうというのを少しは感じています。

それでも自分の意思があるので「ダメ」と言われるかもしれないけれど、行動を起こすのが子どもなのです。

また、泣き過ぎると、なぜ泣いているのかを子ども自身もわからなくなってきてしまうこともあります。

そんな時に叱らずに静かに見守ってみると、子どももママやパパが怒らない事に気づきます。子ども自身も冷静になることができるのです。

「あれ?いつもなら怒るのに何も言わない。おかしいな?ママがいつもと違う」というように子どもが親の変化やいつもと違う態度に気づいてくれるのです。

いつもと違う態度や発言をする事で子ども自身が何かに気づくチャンスが生まれてくるのです。

子どもも親も冷静になることで、ママやパパは子どもに何が伝えたいのかを明確に考えることができます。子どもも冷静にママやパパの話を聴く体勢が整うのです。

親も子どもも怒って泣いて疲れないためにも、ママやパパがまず冷静になってみることを心がけてみましょう。

子どもへの上手な叱り方|ダダをこねる時

泣いている子ども,子ども,叱り方,コツ

子どもが何かを欲しがってなかなかその場から離れてくれなかったり「アレ買って、コレ買って」とワガママになってしまう事があると思います。

そんな時は「今日は買わない!もう帰るんだよ!」などと、どうにかその場から離れさせようと叱るだけになってしまう事があるでしょう。

ママやパパも、周りの視線が気になったり先を急いでいたりすると、どうしても気持ちが焦ってしまいます。

そして、ついつい子どもへの言葉かけも、落ち着いてできなくなってしまいますよね。そんな時はどうしたら良いでしょうか?

子どもの話に耳を傾けてみましょう

買い物中の子ども,子ども,叱り方,コツ 出典:Instagram: a_n1226さん*写真はイメージです

大人も欲しい物がある時はそれなりの理由がありますよね?子どもも同じで欲しがる理由があるのです。

何かを欲しがっていたら、はじめに「どうしてこれが欲しいのかな?」と理由を聞いてあげてみて下さい。

そしてその理由をきちんと聞いてあげて、子どもに意見に賛同してあげると良いですね。

例えば、ママやパパには必要ない物であっても「いいね、ママもこれ欲しいな!」と子どもと同じ目線で答えてあげましょう。

それから「パパもこれが欲しいけれど今日は買えないから、今度のお誕生日の時に買いに行こうね!」などと伝えてみましょう。

もしかしたら、子どもも「今日は買えないけれど買えるかもしれない!」と見通しがつき納得することが出来るかもしれません。

ただ頭ごなしに「今日は買えない。今日はダメ」と言うのでは、買えない理由が子どもに伝わりませんよね。

まずは、子どもに買いたい理由を聞いてみましょう。そして、意見に賛同するような言葉を付け加えれば、子どもも納得する事ができるかもしれませんね!

忙しい時などはじっくり話を聞く余裕がないとは思いますが、少し余裕がある時などを使って実践してみてはいかがでしょうか?

子どもへの上手な叱り方|子どもが反発する時

手をつないで歩くママと小学生の子ども,子ども,叱り方,コツ

子どもによっては、叱ることで「これはいけない事なんだ」と理解してくれる子もいますが、反対に叱れば叱るほど、どんどん反発してしまう子どももいます。

特に、言葉がどんどん発達し知恵がついてくる頃は、ママパパが言う事に対して「口答え」するようになるかもしれません。

子どもの成長と捉えればうれしいことですが、わが子が扱いづらいと感じるママパパもいらっしゃるのではないでしょうか?

このような時期にはどのように叱れば良いのでしょうか?

叱る時のメリハリをつけましょう

手を重ね合わせる親子,子ども,叱り方,コツ 出典:Instagram: masumi_de.kurumiさん*写真はイメージです

叱る事は子どもを成長させるためには必要な事ではありますが、理解できないうちに叱っても意味がなくなってしまうのです。

自分の子どもがどの範囲なら理解できるのか、どんな言葉を選べばわかってくれるのかを見極める事が大切です。

子どもの理解力や成長はみんなそれぞれ違います。でも、自分の子どもだからこそわかることもあるでしょう。

幼稚園、小学校など、自分の親以外から叱られる機会もあることでしょう。

ママパパがいつも叱ってばかりいては叱られるのは当たり前と思ってしまい、他人から叱られてもいつもの事と思ってしまうのです。

叱る時のメリハリを普段から付けることで、叱られる事が当たり前にはならないはずです。また、叱られるのが当たり前になってしまうと、子どもは自分への自信をなくしていきます。

「自分はいつも叱られているから、自分はダメな子なんだ」と思ってしまうかもしれません。子どもがいけないことをしてしまったら、叱ることは大切なことです。

しかし、叱りっぱなしではなく、失敗してしまっても「ダメな子ではない、ママやパパにとっては大切な子」という事をきちんと伝えましょう。

子どもの年齢や個性に合わせて、言葉や態度などでしっかり表してあげるようにしましょう。子どももママやパパの気持ちを受け止めて自信を持つことができるでしょう。

まとめ

子どもへの上手な叱り方とコツについてご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

子育て中のママパパは色々とやることもあり、子どもと正面から向き合う時間もなかなかないと思います。

しかし、叱るタイミングが子どもと向き合える、子どもの話に耳を傾ける絶好のチャンスなのです。

この機会を逃さずにぜひ子どもと向き合ってみてくださいね。子どもの成長が感じられるチャンスかもしれません!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP