そろばんを習う魅力とは?そろばんの効果ご紹介!

そろばんを習う魅力とは?そろばんの効果ご紹介!

Bu facebook
Bu twitter

「読み・書き・そろばん」という言葉を耳にしたことはありませんか?「そろばん」は昔からある定番の習い事ですよね。しかし、電卓やパソコンの普及や習い事教室の幅が広がったことでそろばん教室に通う子供は少なくなっているようです。そろばんを学んだとしても実際の生活でそろばんを使うことは少ない……という声もあります。

でも、実はそろばんはたくさんのメリットがある習い事なんです。そこで今日は改めて「そろばん」を学ぶ魅力について紹介していきたいと思います。

そろばんの魅力とは

そろばんを学ぶと、集中力、計算力、記憶力、競争力などが身につくと言われています。

集中力

試験には時間制限があり、その中で答えを出そうとするので、結果的に集中力が身につきます。

計算力

そろばんを学ぶことによって、頭の中に形成されたそろばんをはじいて、さくさくと計算できるようになるのです。桁数が多くなってもそろばんをはじいていけば答えが出るので、計算能力の強化につながります。

暗算ができるようになると、テストなどで計算問題が出ても時間をロスすることなく問題を解けるようになります。

記憶力

問題を解くときには数字を一瞬で記憶してそろばんをはじき、その答えをさらに記憶して、答案用紙に書きます。これを繰り返しているうちに記憶力が鍛えられるというわけなんですね。

競争力

そろばん教室には他にもたくさんの子供が通っています。その子供たちを一緒に学習するなかで自然と競争力が身につきます。

またパズルを解いているような感覚で少しずつ難易度の高い問題にチャレンジできるので、「楽しい」と思いながら学べるのも魅力です。

他にも、そろばんは瞬時に数字を“映像”として記憶するので、右脳を鍛えることにもつながります。計算をすることで左脳を鍛えながら右脳も鍛えられるなんて一石二鳥ですね!

そろばんに興味があれば未就学児でも学べる

そろばんを習うのは、早ければ早いほどいいというわけではありません。早すぎると最初は難しくて挫折してしまうかもしれません。しかし、子供が数字に興味を持っていたり、そろばんそのものに興味があるようならば未就学児でも始めてみるといいでしょう。

未就学児は、数えられる数字も限られています。最初はパパやママがお手本をみせながら「1、2、3、4、5」と数を数えながらそろばんをはじくことから始めるのはいかがでしょうか。そろばんをはじくことに慣れてから教室に通っても遅くはありません。

小学生になってからでも遅くはない

多くの子供は小学校低学年になってからそろばん教室に通い始めるようです。低学年となると算数の勉強も始まり、数字に関する基礎知識を身につけていきます。そろばんを習えば算数の勉強にもつながりますし、算数への苦手意識を持たずに済む可能性も。

また、低学年の頃から数字に慣れ親しんでおくことで基礎固めができ、高学年になるとやる気次第ではグングン実力をつけることができます。計算力は大人になっても役立つので、しっかりと取り組ませてあげたいですね。もちろん小学校高学年から始めても決して遅くはありません。お子さんが学びたいと思ったときがそろばんを始めるベストタイミングなのです。

そろばん教室を見学しよう

どこで誰から習うかで上達具合は異なります。だからこそ体験レッスンや見学会にはぜひ参加しておきたいところです。教室によって通っている子供の様子、教室の雰囲気、先生の質、月謝などはさまざま。そろばんの上達には継続と子供の向上心が大切なので、長く続けられる教室を選びましょう。子供が楽しく通えるかどうかを吟味するためにも、いくつか教室を見学して決めるようにしたいですね。

そろばんは一昔前の習い事、というイメージがあるかもしれません。しかし、子供にとってメリットがいっぱいですし、掛け持ちするにも負担が少ない習い事なので、お子さんの意思を確かめつつチャレンジさせてあげたいですね。

参照/ いくしぇあ「そろばんによる効果とは?いつから始めるのが最適?選び方は?」

関連コラム

試さないのはもったいない!音楽が子供に与える驚きのメリットとは
暗算だけじゃない!そろばんを学ぶメリット
大人に聞いた!やっておいてよかった習い事
ピアノの習い事の効果がスゴイ!子供の脳の活性化にも繋がる理由とは?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP