急増中!ゲーム中毒夫との良い家庭環境を保つ2つのこと

急増中!ゲーム中毒夫との良い家庭環境を保つ2つのこと

Bu facebook
Bu twitter

20〜40代の夫は小さい頃から『ゲーム』が身近な存在で、触れていた世代。
大人になった今でも、夫たちがテレビ&スマホゲームにハマることもごく普通のことになっています。
きっと、家事で忙しい妻はのんびりゲームをしている夫の姿に納得いかないこともあるでしょう。でも、夫のゲームをしている姿への見方を、一度、少しだけ変えてみたら家庭内が明るくなるかも…☆

今の夫たちはゲーム好きが多い!

gamechuudokuottophoto1

最近のQAサイトでも、妻からの『ゲーム中毒』の夫に関する相談件数が多くなっています。その類の相談でよくあるのは、「夫がゲームに夢中になって、家庭のことが二の次になっている」という内容のもの。

でも、今の時代の夫たちは、子どもの頃の遊びと言えば、サッカーや野球などの外遊びの他にテレビゲームもあった世代。それに加え、今はスマホゲームもあり、ダウンロードすれば、お手軽にいつでもどこでもゲームを楽しめる環境です。夫たちの“ゲーム熱”は20〜30年経過した今でも健在です。

妻としては例えばこんなことを思っていませんか?

乳幼児がいる家庭の場合

休みの日くらいはゲームばかりせずに、おむつ交換などのお世話を少しでも手伝ってほしい。

小学生がいる家庭の場合 1

子どもががんばって宿題をこなしているときに、リビングでゲームしている夫を見ていると、どうしてもいら立ってしまう。

小学生がいる家庭の場合 2

子どもにはゲーム時間に制限をかけているが、夫は延々とゲームをしてしまい、しかも自分には甘い。

他にもテレビゲームの場合、テレビを独占するので、妻たちが観たい番組がリアルタイムで観られなくて困っている、というような不満もあるようです。

ゲームをやめてもらうことは、『至難の業』

夫がゲームをやめてくれたら妻のイライラも解消されますよね。でも、夫にゲームをやめてもらうよう、お願いすることはかなり難しいこと。本音を妻が夫へ口頭で訴えることは、控えるのがベターです。

それは、夫が普段、家族のためにがんばって働いているから。働き盛りの世代でもある夫は、ゲームで日頃のストレスを発散し、心身のリフレッシュをしています。息抜きの一つになっているので、妻が「やめて!」と促しても、夫はきっとスルーすると思います。

ただし、夫のゲーム中毒の度合いによって、日中の生活リズムが乱れた場合はゲームの使い方を見直してもらいましょう。
とくに、夫と同じくらい妻も働いている家庭の場合、ゲームが原因で家事育児が妻だけに集中してしまうなんてことは避けたいですよね。そのような場合は、二人でよく話し合って家事育児の役割を分担し、それをこなしていればゲームもOKというようにうまく取り決めるようにするとよいでしょう。

妻が良い家庭環境のためにやってほしい2つのこと

ゲーム中毒の夫がいても良い家庭環境はキープできます。
妻がやってほしいことは次の2つです

  • ゲームにハマる夫の心境を理解する。良い点を洗い出し、広い心で接する。
  • ゲームをしていないタイミングで、些細なネタでも構わないので、子どものこと、園や学校のできごとを話すように心掛ける

以上のことを実践すれば、夫もゲームにハマっても、家庭のことを気に掛けるきっかけへとつながります。

筆者の私も少し前まで、夫のゲームのハマり具合が気になっていました。
でも、中学生の娘が数学のテスト勉強で困っていたときに、夫がゲームを一旦中断して勉強を教えていた様子を見て、改めて頼りになる存在だと感じました。

子育てのポイントで、夫が父としての役割をこなせていると認められたら、夫のゲーム中毒に対する見方も寛容になれるのかもしれませんね。

写真/たかるみ

参照/
マーミー「旦那がゲームばかりで離婚!?依存症夫にしないための対策5つ」
日刊ゲンダイ「デジタル中毒夫の勘違いで…『スマホ』が離婚の引き金になる」

関連コラム

子どもが喜ぶ!学べる!クリスマスプレゼントTOP3 〜2015年版〜
夫婦喧嘩は夫の暴力より妻の暴力が深刻化?
「少年の心」だなんて甘いもんじゃない!『ガキ夫』を持つ妻の嘆きと上手な対処法
仕事も家庭も諦めない!『ロンキャリ女子』が急増中

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP