赤ちゃんとの「絵本の時間」を作りませんか?読み聞かせの効果と始め方*

赤ちゃんとの「絵本の時間」を作りませんか?読み聞かせの効果と始め方*

Bu facebook
Bu twitter
6a6c3be9eec974bb17ad8e79f9954a39 (1)

赤ちゃんに本の読み聞かせはしていますか?
「赤ちゃんに本読んでもわからないでしょ?」と思うことなかれ。
赤ちゃんへの絵本の読み聞かせには様々な効果があるんです!

どんな効果があるの?

クシュラの奇跡

クシュラの軌跡という本があることをご存知でしょうか?
クシュラは複雑な思い障害を生まれ持っており、健康な赤ちゃんのようにしがみつくことも、ハイハイすることもできない女の子でした。
治療法も見つからず絶望的な日々。しかし母親が始めた「絵本の読み聞かせ」が彼女を変えていったのです。
彼女が3歳3か月の頃には本を丸暗記して話すことができるようになりました。
本を読み聞かせ続けたことで脳へ良い刺激を与え、知能と言葉の発達に大きな影響を与えたことから、読み聞かせは「天才が育つ」「頭の良い子が育つ」などと言われています。

リラックス効果

お腹の中にいた頃からずっと聞いてきたママの声。
これに勝るものはありません。
ママが忙しいのはもちろんですが、そんな日常の中でも赤ちゃんと一緒に過ごす「絵本の時間」は赤ちゃんにとっても、ママにとってもリラックス時間となりますよ。

集中力を養う

赤ちゃんは、じっとしていられない年齢になると絵本を読んでいる途中で立ち上がっちゃったり、違う遊びをはじめちゃったりするものです。
叱らなくて大丈夫。
それでも繰り返し絵本の時間を作って読んであげることで次第に興味を持ち、集中し始めます。

語呂が増える

本好きのお子さんはお喋りがとても上手です。たくさんの言葉を知っています。
まずは「ぶーぶー」や「ゴーゴー」、「ジャージャー」などの擬音から始めると赤ちゃんも真似しやすくて楽しんでくれますよ。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP