ニフレル徹底解剖!気になる混雑状況や割引テクニックは?

ニフレル徹底解剖!気になる混雑状況や割引テクニックは?

Bu facebook
Bu twitter

大阪の新スポット「ニフレル」をご存知ですか?大人気観光スポットでも知られる海遊館がプロデュースする生き物の美しさや不思議さを体験出来るミュージアムです。

万博公園内にあるので、散策をしながら楽しんだりアクセスの良さでもおすすめ。ただこのスポット、とても混んでるんじゃない?割引で利用できないの?と疑問も多いはず。

今回はそんなニフレルを徹底解剖します!混雑状況はもちろん、割引テクニックや概要などぜひ参考にして下さい。

ニフレルとは?

「感性にふれる」をコンセプトに2015年11月にオープンした新感覚ミュージアム。海の中で泳ぐ魚の美しさや動物の行動の不思議に迫っています。館内は7つのゾーンに分かれ、「わざにふれる」「うごきにふれる」など展示方法も様々。

今までになかったスタイリッシュな空間では、動物達の世界にお邪魔したりと魚だけでなく動物を見ることも出来ます。またシアターゾーンやカフェもありますよ。150種、約2,000点の生き物を展示しています。

おすすめはフォトゾーン3Dアートのような立体的なアートスポットで写真をパシャリ。きっと素敵な思い出になりますよ。

ニフレルの見どころはここ!

ニフレルには見どころいっぱい!趣向を凝らしたゾーンで時が経つのを忘れるほど。7つに分かれた見どころの中で、特にお子さんと楽しんでほしいスポットをご紹介します。

1.うごきにふれる

生き物たちが住む世界にわたしたちがちょっとお邪魔するゾーンです。ゾーン内を流れる小川まで見に行くことが出来ます。実際に自分のそばを生き物たちが歩いていたりと、より身近に感じることが出来ます。

ワオキツネザルが動き回ったり、ふくろうが頭上を飛んでいるので子どもも大はしゃぎ!まさに「うごき」そのものを感じるスポットです。

2.WONDER MOMENTS(ワンダーモーメンツ)

松尾高弘氏が手掛ける光のインスタレーションを体験出来るゾーンです。頭上にあるバルーンを中心に映像が映し出され、音楽と共に美しく不思議な空間を作り出します。

暗い場所なので怖がるお子さんもいるかもしれませんが、普段は感じることが出来ない映像にきっと喜びますよ。宇宙や花などいろいろな映像が流れます。一度体験したら忘れられない空間です。

3.食べる水

drops-of-water-578897_1920
(画像はイメージです)

ニフレルにあるカフェ「ピクニック・カフェ イート・イート・イート」は植物が多い開放的な空間。ピクニックに食べたいホットドッグやサンドウィッチなどを販売しています。見た目もおしゃれで美味しい商品ばかり。

その中でもちょっと不思議な商品を販売。それが「食べる水」です。水風船のような容器に入っており、出してみるとスライムのようなゼリーに。思わずどのように出来ているのかお子さんと悩んでしまいそう。ぜひ不思議な水をお召し上がりください。

ニフレルの混雑状況は?

営業時間は10:00~20:00年中無休。季節により多少変動します。夕方からは少し照明を落とし「サンセット版」、夜にはデートにもぴったりな「ナイト版」となります。

ニフレルはとても人気なので、チケット売り場は10時のオープン時に20分ほど待ち時間があり、土日や連休はもっと並びます。ピークは11:00~14:00。行くなら10時のオープンと同時か、夕方以降がおすすめ。特にお昼前後は大変混雑します。

特に平日の午前中は幼稚園や学校など団体のお客さんが多いので午後からがベター。滞在時間は1時間~2時間程なので、夕方からでも満喫出来ますよ。

お得な割引情報はこちら

チケットは高校生以上¥1,900、小・中学生が¥1,000、幼児が¥600となっています。今のところ年間パスポートの発行予定はありません。また団体割引や障害者手帳をお持ちの方以外の割引はありません。

しかしここでおすすめなのがWebチケットの購入です。こちらも割引はありませんが、公式HPよりチケットを購入すれば指定した時間にチケット売り場に並ばず入館できます。効率的に入館したい人におすすめです。

生き物の知らなかった姿を発見しよう

ニフレルは今まで魚や動物を見て漠然と「なんだかかわいいな」「面白いな」と思っていたのを、「あれ?不思議」「こんなに美しいのか」という新しい発見をするスポットです。

こんな魅せ方があったのかと大人も再発見すること間違いなし!ゾーンによって展示方法が変わるのもおもしろいですね。万博公園には他にも楽しめるスポットがいっぱい!午前中にお出かけをして、午後からニフレルへ行くのがおすすめです。

動物園や水族館は飽きたという人は、ぜひニフレルへお出かけしましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP