離乳食初期の白身魚|おすすめレシピと下ごしらえ、冷凍保存方法

離乳食初期の白身魚|おすすめレシピと下ごしらえ、冷凍保存方法

Bu facebook
Bu twitter

赤ちゃんが生まれて、成長して日に日に出来ることが増えていくのは本当にうれしいですよね!そしてあっという間に離乳食を始める時期に…

「好き嫌いのない子になってほしい」「たくさん食べて体の丈夫な子になってほしい」などママには様々な思いがあると思います。

離乳食は赤ちゃんの体を成長させてくれることはもちろん心までも発達させてくれる大切なものです。

今回は離乳食初期の後半から食べられる「白身魚」の下ごしらえからレシピ、保存方法までご紹介していきたいと思います。お粥やお野菜になれてきたら、たんぱく質を含む白身魚にステップアップしてみてはいかがですか?

白身魚はいつから食べさせられる?

離乳食開始5~6か月頃から徐々に食べさせよう

離乳食,離乳食初期,白身魚, 出典:Instagram: nk1219hkさん*写真はイメージです

5~6か月頃になり、食べ物に興味を示したり、ママやパパが食べているところを見てよだれが出たり口をパクパクと動かし始めたら、離乳食開始のサインです。

まずは食べ物を上手に飲み込こむことに慣らすことから始まります。一日一回、おかゆや野菜ペーストからスタート!

徐々に食材の種類を増やしていき、赤ちゃんが食べ物に慣れてきた1ヶ月くらいを目安に白身魚を食べさせてみましょう。魚の離乳食は「白身魚」→「赤身魚」→「青皮魚」の順で進めるといいとですよ。

食べても大丈夫?

離乳食初期から食べられる白身魚ですが、中でも鯛、カレイ、ヒラメ、しらすなどを中心とするのがおすすめです。

これらの魚はたんぱく質が豊富に含まれていて、低脂肪で、臭みが少ない、といううれしい3拍子が揃っています。

脂質が少ないので消化が良く、離乳食初期にとっても向いているんです。食べやすい食材なのでぜひ取り入れてみましょう!

白身魚に含まれる栄養は?

赤ちゃんに良い3つの栄養素が豊富!

白身魚には栄養素がたっぷり含まれていますので、積極的に食べさせたい食材のひとつです。では、一体どんな栄養が含まれているのでしょうか?

まず1つめは、たんぱく質です。白身魚にはたんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質は体の血と肉になる大切な栄養素ですので赤ちゃんから食べさせてあげたいですね。

なかでも白身魚には、たんぱく質の中でも食材からしか摂ることのできない「必須アミノ酸」が含まれています。

たんぱく質をしっかり摂ることによって、体力や病気への抵抗力が強くなり、丈夫な体を作ってくれる効果が期待できるんです。

2つめの栄養素は、ビタミンB群です。白身魚にはビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は、たんぱく質が血や肉になるのをサポートしてくれる栄養素です。

たんぱく質とビタミンB群の相乗効果で脳や神経、皮膚を健康に保つために必要な栄養素です。健康な体を作るために欠かせないですね。

3つめはビタミンDです。丈夫な体を作るには丈夫な骨を作ることがとても大事です。骨を丈夫にするにはカルシウムですよね!

そんな大切なカルシウムですが実は体に吸収されづらく、カルシウムだけを摂ってもあまり効果が得られないといわれているんです。

そこで救世主となるのがビタミンDなんです。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けてくれる効果が期待できます。

いかがでしょうか。白身魚を食べるだけで丈夫で健康な体を作るのに必要な栄養素がたっぷり摂れるなんて、とっても頼もしい食材ですね。

食べ合わせの良い食材は?

ほうれん草,離乳食初期,白身魚, 出典:Instagram: shiraishifarmさん*写真はイメージです

白身魚に含まれるビタミンDがカルシウムの吸収を助けてくれることを先ほど記述しました。ぜひともカルシウムを摂取して吸収を促しましょう!

カルシウムは、シシャモなどの小魚や乳製品、海藻類に多く含まれているといわれていますが、離乳食初期だと食べられるものが限られていますね。

初期からでも食べられる食材のなかでは、ほうれん草や小松菜などの緑黄色野菜にもカルシウムが含まれているんです。これらは調理がしやすいので、一緒に食べやすい食材としておすすめです。

その他には大根もおすすめです。大根にはたんぱく質の分解酵素が含まれているので、一緒に食べると吸収しやすいたんぱく質に変えてくれます。野菜と魚をバランスよく取り入れましょうね。

白身魚を食べさせる際の注意点

下ごしらえの注意点

白身魚を食べさせる際に、いくつか注意したい点があります。ここでは下ごしらえの手順と注意点を紹介します。

1.白身魚の切り身を用意します。
2.用意した魚を加熱します。
3.身が白くなりしっかりと中まで火が通ったらザルなどにあげます。
4.骨や皮などを取り除き、身をほぐします。 
5.すりつぶしてお湯でのばします。
※片栗粉でとろみをつけてあげると食べやすいです。

注意点は、しっかりと中まで加熱することと、骨を誤って飲み込まないようにしっかりと取り除くことです。皮も赤ちゃんは消化しづらいため取り除きましょう。

下ごしらえが大変な時は、骨や皮などが取り除いてある刺身用の切り身を用意すると便利ですよ!

白身魚のアレルギーについて

離乳食初期から食べられる白身魚ですが、「タラ」はヒスタミン中毒があるため初期・中期は避けた方がよいでしょう。

また、魚が古くなるとヒスタミンが増えるため、白身魚を食べるときは新鮮なものを食べるように気を付けましょう。

タラ以外の白身魚を食べてアレルギー反応が出た場合は、白身魚に含まれる特定のたんぱく質がアレルギーの原因となっていると考えられます。

また魚アレルギーは1種類の魚だけではなく、複数の魚を食べてアレルギーが出る場合もあります。

ですので、白身魚のアレルギーが出た場合には、他の魚を食べるときにも注意が必要です。アレルギーの主な症状はじんましんが多いです。

ほかにも腹痛、下痢、吐き気などが症状として出る場合があります。はじめて白身魚を食べさせるときは、少量ずつにして、食べさせたあともアレルギー反応がないか様子を見ながら進めるようにしましょう。

白身魚の選び方

新鮮な生魚を選びましょう!

魚市場,離乳食初期,白身魚, 出典:Instagram: guuguu0528さん*写真はイメージです

選ぶ際の注意点は以下の2つです。覚えやすいですね!
・塩分の含まない生魚を選びましょう。
・新鮮な魚を選びましょう。

魚は古くなるとヒスタミンが増えます。魚アレルギーが無くてもヒスタミンが増えてアレルギー症状が出る場合があるため、新鮮なものを選びましょう。

魚の調理法/下ごしらえ方法

加熱の仕方は?

加熱方法は茹でる、蒸す、電子レンジで加熱するという3つの方法があります。

1.茹でる
沸騰したお湯にくぐらせます。身が白くなりしっかりと中まで加熱されたのを確認してザルにあげ、水気を切ります。

2.蒸す
蒸し器で蒸すと栄養が逃げづらいのでおすすめです。

3.電子レンジで加熱する
耐熱皿に魚を乗せて、大さじ1の水をふりかけ電子レンジで30秒ほど加熱します。中まで加熱されたら出来上がりです。

以上3つの方法があります。時間がない場合は電子レンジでの加熱が手軽ですね。どの方法の場合も、中までしっかり加熱するよう心がけましょう。

冷凍できる?

毎回離乳食を最初から作るのはとても大変ですよね。白身魚は一度加熱処理をしてしまえば冷凍保存できます!

一食分ずつ小分けにして冷凍しておけば、使うときに電子レンジで温めてすぐ使えるので便利ですね。冷凍保存できますが、少しずつ鮮度は落ちますのでなるべく早めに使いましょう。

調理に便利な調理道具を3つご紹介

赤ちゃんが離乳食を食べてくれるとうれしいですよね。でも作るのがなかなか大変です。市販で売っているレトルトの離乳食も便利ですが毎回レトルトもなぁ…と思う人もいると思います。

離乳食を作るのに出来るだけ簡単に早く出来たらそれに越したことはないですよね。そこで便利な調理道具を少し紹介したいと思います。これらの調理器具を活用して大変な離乳食づくりを楽しく乗り切っていきましょう!

【1】シリコンスチーマー ウノ|ViV

ViV シリコンスチーマー ウノ パプリカレッド 59627,離乳食初期,白身魚, 出典:www.amazon.co.jp

電子レンジでチンするだけで簡単に加熱することが出来ます。時間もかからないのであっという間に出来るし、なんといっても簡単に出来るのがうれしいですね!

ひとつあれば魚だけでなく野菜やお肉の加熱、おかゆを作ることもできる万能調理道具です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,944
*メーカー:ワールドクリエイト
*カラー:パプリカレッド

商品の特徴
*メーカー型番:59627
*サイズ:H80×D125×W190mm
*本体重量:214g
*材質:シリコン樹脂
*原産国:中国
*付属品:レシピ
*容量:640cc
*耐熱:270℃、耐冷:-30℃

口コミ

・見た目は小さめだけど意外と入ってよいです。
・一人分の量が手軽に作れる。
・持ち手がしっかりしていて熱くないのが良い。
・劣化しづらい。

【2】SELECT 100 ミニすり鉢|貝印

貝印 SELECT 100 ミニすり鉢 DH-3020,離乳食初期,白身魚, 出典:www.amazon.co.jp

加熱した後につぶすのに便利なすり鉢ですが、すり鉢兼用食器はすり潰してそのまま食器として使えるので、器に移し替える手間が省けます!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 2,700
*メーカー:貝印
*サイズ:Pack 1
*商品サイズ:10cm x 10cm x 6cm

商品の特徴
*メーカー型番: DH-3020
*サイズ: 64×104×102mm
*重量: 232g
*材質:本体/陶磁器、すりこ木/天然木(朴)

口コミ

・色形がシンプルで使いやすい。
・手に収まる形で扱いやすい。
・日本製なので安心。
・凍らせた離乳食をまとめて入れてチンしてそのまますりつぶせるので楽。

【3】わけわけフリージングブロックトレー |リッチェル

リッチェル わけわけフリージングブロックトレー 1ブロック容量25ml,離乳食初期,白身魚, 出典:www.amazon.co.jp

毎回少量の離乳食を作るのは大変ですよね。そんなとき大活躍なのが冷凍保存できるトレーです。数種類作っておけばアレンジでいろんな離乳食が作れますね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 356
*メーカー:リッチェル
*カラー:マルチカラー
*サイズ:容量25ml
*商品重量:41g

商品の特徴
*[製造国] 中華人民共和国
*[素材] ポリプロピレン
*[対象] ~ 5ヶ月

口コミ

・汚れが付きにくい。
・色の濃い食材でも色移りしない。
・簡単に食材を外すことができる。
・蓋がしっかり閉まる。
・重ねられて便利。

白身魚を使ったおすすめレシピをご紹介

【1】白身魚と野菜スープのおかゆ

はじめての白身魚におすすめ

離乳食♥初期*白身魚と野菜スープのおかゆ,離乳食初期,白身魚, 出典:cookpad.com

はじめての白身魚は食べ慣れているお粥と一緒に!魚はボソボソしていて食べづらそうなイメージですが、お粥に混ぜてしまえばボソボソ感もなくなります。

野菜スープで味付けもされているので、きっと食べやすくてモリモリ食べてくれますよ!お米と野菜とお魚なんて栄養満点ですね!

作り方
1.10倍がゆを用意。
2.野菜スープを作る。
3.沸騰したお湯で真鯛を茹でる。
4.すり鉢ですりつぶしゆで汁や湯などを加えてのばす。
5.10倍がゆに野菜スープを加え、白身魚をトッピングして出来上がり。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】白身魚とブロッコリーのリゾット

和風になりがちの白身魚を洋風に

白身魚とブロッコリーのリゾット,離乳食初期,白身魚, 出典:cookpad.com

魚といえば和食のイメージですよね。離乳食でも和食だけで考えているとレパートリーも少なくなりがちですが、そんな時にうれしい洋風レシピです。

白身魚とブロッコリーのリゾットなんて名前からしてもおいしそうですよね!ブロッコリー、玉ねぎ、野菜スープ、白身魚、お粥をぐつぐつと煮るだけ完成です。

野菜類や白身魚を加熱したり、野菜スープを作ったりと、なんだか大変そうに感じますが、あらかじめ野菜類、白身魚、野菜スープの下ごしらえをしておけばあとは煮込むだけなのであっという間に出来ますよ。

作り方
1.先に、にんじん・たまねぎ・じゃがいも・きゃべつ等を一緒に茹で、そのゆで汁を野菜スープにする。
2.白身魚は茹でてすり鉢ですりつぶす(または細かくきざむ) 。
3.ブロッコリーは、やわらかく茹でて穂先だけを使用。 たまねぎは、柔らかくなるまで茹でてきざむ。
4.耐熱の器におかゆと1〜3を入れ、電子レンジで加熱し、完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】白身魚のアクアパッツァ風

おしゃれにアレンジ!

白身魚のアクアパッツァ風,離乳食初期,白身魚, 出典:cookpad.com

おしゃれな料理って難しいイメージがありますよね。ましてや離乳食でアクアパッツァなんて!でも材料は白身魚とトマトだけです。作り方も下ごしらえしたトマトと白身魚を混ぜ合わせるだけ!

下ごしらえさえしとけばあっという間に出来るので、時間がない時でもすぐに出来るうれしいレシピです。とっても簡単で離乳食作り初心者のママさんにも出来ちゃいます。

作り方
1.トマトのヘタの反対側に十文字に切り込みを入れる。
2.トマトを沸騰したお湯にさっと通し、冷水に浸して皮を剥く。
3.横半分に切ったあと、種をスプーンで取り、裏ごしする。
4.沸騰したお湯で真鯛を茹でる。
5.すり鉢ですり潰し、茹で汁やお湯などでのばす。
6.トマトと鯛を混ぜ合わせて出来上がりです。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】初期の離乳食☆かぼちゃのクリーミー粥

かぼちゃの甘さで食べやすい

初期の離乳食☆かぼちゃのクリーミー粥,離乳食初期,白身魚, 出典:cookpad.com

白身魚はボソボソして食べづらいので苦手な赤ちゃんも多いのではないでしょうか?でも栄養満点なので出来れば食べてほしいですよね。お粥に混ぜるだけだといつも通りだし…そんな時におすすめのレシピです。

材料はかぼちゃのペースト、にんじんのマッシュ、白身魚、10倍粥、粉ミルク、水です。この材料を鍋に入れてぐつぐつと煮て馴染んだら完成!

作り方
1.十倍粥、水、粉ミルク、かぼちゃペースト、にんじんマッシュをお鍋の中に入れます。
2.1を火にかけて、馴染んできたら出来上がりです。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】離乳食初期 白身魚と大根おろしのおかゆ

食べ合わせの良い大根と合わせて栄養を吸収しよう

離乳食♥初期*白身魚と大根おろしのおかゆ,離乳食初期,白身魚, 出典:cookpad.com

大根は白身魚と食べ合わせの良い食材です。なので一緒に食べて赤ちゃんにたくさん栄養を取ってもらいましょう!

材料はお粥、白身魚、大根おろしです。お粥に大根おろしを混ぜて白身魚をトッピングして完成。お粥のレパートリーのひとつにいかがですか?

作り方
1.10倍がゆを用意する。
2.大根はすりおろしたあとレンジで温める。
3.沸騰したお湯で真鯛を茹でる。
4.すり鉢ですりつぶし、茹で汁や湯などでのばす。
5.10倍がゆに大根おろしを加えて、鯛をトッピングして出来上がりです。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

離乳食初期に食べられる白身魚についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?白身魚にはご紹介した栄養以外にもたくさんうれしい栄養が含まれているので、赤ちゃんにはぜひ好きになってほしいですね。

下ごしらえも簡単だし冷凍保存が出来るのもうれしいです。積極的に取り入れて赤ちゃんにたくさん栄養を取ってもらいましょう。

赤ちゃんが喜ぶようなおいしい離乳食を、楽しく作ってくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP