“リケジョ”が育つ!?今、海外では女の子向け理系玩具がブーム!

“リケジョ”が育つ!?今、海外では女の子向け理系玩具がブーム!

Bu facebook
Bu twitter
ede4cd9215315bd4181e62f4e2100438_s

最近、日本でも“リケジョ”という言葉が浸透し、理系の女性が注目されています。 でも多くの女の子ママたちは「普通、女の子は理系分野が苦手」と思っていませんか? 

一般的に男の子の方が理系に強く、女の子は理系が苦手というイメージがあります。しかし実際はそれは性差ではなく、女の子が幼い頃に理系分野に親しむ機会ないからではと考えられるようになってきています。

アメリカで注目される『STEM教育』とは?

"STEM"という言葉、まだ日本では聞き慣れないと思いますが、"STEM"とは"Science(サイエンス)"、"Technology(テクノロジー)"、"engineering(エンジニアリング)"、"mathematics(数学)"のそれぞれの頭文字をとったもの。つまり『STEM教育』とは理系教育を重視する教育方針のことを指します。アメリカ、オバマ政権ではハイテク産業の発展が国力強化につながると考え、このSTEM教育の強化を国家戦略に掲げています。

幼い頃から理系分野に親しむことが大切!

理系分野が得意になるかどうかは、幼少期の教育が大切であるといわれます。幼稚園や小学校低学年の時期に科学や数学など理系分野に興味を持った子供は、高校進学後、理数科目で好成績を収める可能性が高いとか。 つまり、子供の頃に玩具などで理系分野に親しんだ経験があるかどうかが、理系分野に強くなるかどうかのキーとなりそうです。

女の子の理数嫌いは幼い頃の遊びのせい?

多くの女の子が理系分野に苦手意識があるのは、幼い頃に理系遊びの機会がない、理系感覚を養う経験に乏しいからなのではないかと最近ではいわれ始めています。 これまで理系の玩具はそもそも男の子をターゲットとして作られたものが多く、女の子が楽しめる理系玩具があるかというと、従来はなかなか見当たりませんでした。

そこでSTEM教育を推進するアメリカでは、女の子向けの理系玩具の開発が盛んに行われ、人気商品が続々と発売されています。代表的なヒット玩具をいくつかご紹介します。

エンジニアリングに興味を持つきっかけに『Goldie Blox(ゴールディ・ブロックス)』

GoldieBlox 出典:GoldieBlox

女の子向け理系玩具の草分けといわれているのがこの『GoldieBlox』。 発明家の女の子ゴールディが冒険をする絵本と、そこに登場するマシンを実際に作ってみるキットがセットになっていて、ものが動く仕組みを自然と学ぶことができます。

上の写真はシリーズのひとつ「GoldieBlox and the Spinning Machine」で、絵本の指示に従ってリボンを巻きつけ引っ張ると人形達がクルクルと回転する仕組み。工学的には基本中の基本である、ものの動きとそのメカニズムを遊びながら学べます。色合いやキャラクターは女の子が親しみやすいイメージでつくられています。

この玩具の開発者でありGoldieBlox のCEOであるDebra Sterlingは、スタンフォード大学でエンジニアリングの学位を取得しています。彼女は子どもの頃、レゴは男の子の玩具だからと与えられず、ものを作る喜びを覚えたのは高校生になってからだそう。「こんなおもちゃがあったら良かった」という思いや、女性エンジニアを多く育成したいという思いからGoldieBlox開発に至ったそうです。

GoldieBlox広告動画でDebraが語る「ファッションドールは女の子に知性よりも美に価値を置くように伝えている」という訴えはセンセーショナルな問題提起となり、今のアメリカの女の子向け理系玩具ブームを巻き起こたといわれています。

プログラミングを身近に!アクションフィギュア『Ruby Rails(ルビー・レイルズ)』

RubyRails 出典:GoldieBlox こちらはGoldieBlox社から発売されている少女プロブラマーのキャラクター玩具。RubyRailsという名はWeb上のアプリケーション開発フレームワーク『Ruby on Rails』にちなんだもの。キャラクターに親しみながら幼い女の子にもプログラミングやエンジニアリングの世界を身近に感じられるようにするのがねらいです。

進化系ドールハウス『roominate(ルーミネート)』

roomimate 出典:roominate

自分で一からデザインを考えDIY感覚で作り上げるドールハウスです。人気の『ルーミネート・シャトー』には、家のパーツと共にスクリュードライバー、モーター、電気ケーブル、電池なども入り、自分で電気を配線できるようになっています。電気の点灯、風車の旋回、エレベータの稼働なども自分で考えながら動かすので、電気的、工学的な分野に親しむことができます。ドールハウスづくりを通して立体構造や空間把握能力を養い、試行錯誤しながらつくり上げることで問題解決能力を育むこともできるのです。

賢いことはオシャレ!ファッションドール『Project MC2』

PROJECT-MC2 出典:Project Mc2

『Project MC2』は科学知識で悪と戦う理系女子高生のスパイチームをモチーフにしたファッションドールで、かわいい科学実験キットがセットになっています。人形と同じキャラクターが活躍するオリジナルドラマがNetflixで配信され日本でも見ることができます。キャッチフレーズは「Smart is the New Cool」!“賢いことはオシャレでかっこいい”と女の子に感じてもらうことがテーマとなっています。

多彩な職業!ファッションドール『Lottie(ロッティ)』

Lottie-doll 出典:Lottie

このファッションドールは理系分野に限らず、天文学者、化石採集家、ロボット作りマニア、ロカビリー、空手家など、様々な職業や趣味を持っています。お人形遊びを通して、人生には様々な選択肢があり「女の子だから」、「男の子だから」と趣味や職業を限定する必要はないことを学べます。また女の子たちの”痩せたい願望”に駆り立てないよう、小学生らしい体型に作られているのもポイントです。

他にも、現在アメリカのショッピングサイトでは、”STEM玩具”を検索すると2,000以上もの商品がヒットするそうです。

理系の職業で必要な能力は、理系科目で好成績を取ることだけではありません。科学や工学の実際の仕事ではチームでの取り組みが多いもの。コミュニケーション能力に長けた女性の方が、むしろ向いているのではとも期待されているそうです。

理系玩具に親しんだ女の子たちは、将来「女の子だから」というジェンダーの枠を軽々と飛び越えて、人生を自由に活き活きと歩むことができるかもしれませんね。こうした新たな玩具は理系分野に強くなるだけでなく、女の子の明るい未来を切り開くものかもしれません。

参照/ ライブドアニュース Blogos 「女の子はいつから『頭からっぽ』になってしまうのか~『ピンクの世界』に閉じ込めないために私たちができること Tech Crunch Japan「GoldieBloxは、女の子がエンジニアリングを好きになるきっかけを与えるおもちゃ」 ウィキペディア「STEM教育」 科学検定公式サイト「【竹口薫:科学エッセイ】STEM教育ってなに?」

関連コラム

性別で違う!?女の子に効く「叱り方」とは
レゴで分数を教えると、とってもわかりやすい!?レゴで算数嫌いを克服!
憧れの理系!子供を理系にするにはどうしたらいいの?
100均のおもちゃがすごい!ダイソー&セリアで買えるおすすめ知育玩具はこれだ!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP