夫の不貞により離婚。気になる養育費の相場とは!?

夫の不貞により離婚。気になる養育費の相場とは!?

Bu facebook
Bu twitter

魔が差してしまったのか、夫の不貞が発覚……。これにより離婚を決意した私。子ども2人の親権は私が取ったけれど、いざ心配なのがお金のこと。子ども2人を連れて、これからどうやって生活していけばよいの!?そんな悩みをお持ちの方も、もしかしたらSodanを見てくださっているのでは?
そこで今回は、「離婚した場合の養育費の相場」についてのコラムをお届けしたいと思います。

■養育費の相場

まず、養育費はどのように設定されるものなのか、みなさんご存知でしょうか?

設定のための基準ですが、

・父母の収入
・子供の人数や年齢
・住宅ローンなどの有無や育休中などの、父母の経済状況

などを参考にして、東京・大阪の裁判官の共同研究により作成された「
養育費算定表」を元にすることが一般的です。たとえば、子どもが2人おり、2人とも0歳~14歳の場合をみてみると、養育費支払い義務者の年収が500万円・権利者(支払われる側)の年収が200万円の時、養育費の相場は「6万円~8万円/月」となります。
このように、だいたいの金額の枠組みを「養育費算定表」によって定め、最終的な支払金額を話し合いなどで決定するというのが主な流れとなっているようです。

ちなみに、上記と同じ条件で子どもが1人の場合は「4~6万円/月」、子どもが3人の場合は「8~10万円/月」が相場であることが「養育費算定表」からわかります。
大抵の場合、毎月定められた金額が振り込みなどで支払われることになりますので、子どもが成人するまできちんと支払い続けられる金額を設定することが第一というわけですね。

■養育費を払い続けてもらうために

養育費の支払いを取り決めたからといって、支払いが最後まで継続するという保証があるわけではありません。途中から支払われなくなった……という話を聞いたことがある、という方もいるかと思います。これについては、家庭裁判所で執り行われた離婚であれば、支払いの督促手続きなどをしてくれますので、支払が滞った際には家庭裁判所に相談してみてください。また、公正証書による養育費の取り決めをしている場合には、給与・財産などを差し押さえる強制執行もできる場合があるようですので、離婚の際は家庭裁判所に関わってもらったほうが、後々のためになりそうですね。

養育費支払い義務者側としては、支払い続けるための条件として、子どもとの「面会交流権」の取得などを挙げる方も少なくありません。「面会交流権」とは、子どもとの直接の面会、写真や手紙のやり取り、プレゼントの受け渡しなどを行える権利のことです。夫婦間でうまくいかなかったとしても、子どもとは血を分けた親子である以上、子どもに会いたいと思うことは不自然ではありませんよね。離婚後の子どもの心のケアになることもありますので、このような権利が認められています。離婚後も間接的に関わりがあることに違和感を覚える方もいるかと思いますが、養育費を支払い続けてもらうためだけでなく、子どものためにもなると思って前向きに捉えられると気持ち的にも楽になるかと思います。

■今後、ひとり親として生活していくために

いざ、ひとり親になってみたものの、養育費以外の生活面が何よりも不安……と思われる方も多いと思います。ここでは、少しでもバックアップにつながる、さまざまな手当や助成金を紹介してみたいと思います。

【児童手当】

日本国内に住む0歳~中学卒業までのすべての児童が対象です。3歳未満は10,000円、3歳以上は5,000円(第3子以降は10,000円)が受給できます。

【児童扶養手当】

父母どちらか一方からしか養育を受けられない児童のために、所得に応じて地方自治体から支給されます。※所得が制限額を超える場合は支給されません。
また、受給者には、JR通勤定期乗車券の3割引・公営バスの割引などの交通機関の割引制度もあります。

【児童育成手当】

18歳までの児童を扶養するひとり親家庭が対象となります。1人につき月13,500円支給されます。※所得が制限額を超える場合は支給されません。

【ひとり親家族等医療費助成制度】

ひとり親家庭が医療を受けるのに必要な費用の一部を助成する制度です。自治体によって条件が異なりますので確認してみてください。

また、所得税・住民税・国民年金・国民健康保険などの免除制度などもありますので、各自治体に相談してみましょう。保育園の保育料などに関しても、免除や減額などの制度を設けている自治体もあります。一人で悩まずに、まずはお住まいの自治体に確認してみてください。

離婚の道を決断することは、本当に大変ないばらの道かもしれません。それでも、ご自身の幸せ・お子さんの幸せが一番です。よい選択であったと思えるためのお手伝いになったらと思い、今回のコラムを書きました。私たちも、国も地域も、みなさんを応援しています。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP