子供の「ひとりでお着替え」がスムーズにできるようになるために

子供の「ひとりでお着替え」がスムーズにできるようになるために

Bu facebook
Bu twitter
お着替え

入園シーズンがやってきました。入園前に自分できちんとできるようにしておきたいことの一つが『着替え』です。保育園ではお昼寝の時間に着替えたり、幼稚園でも登園したらすぐ着替えをしたりするところもあります。できれば、先生に手伝ってもらうことなくひとりでも着替えられるようにしておきたいですよね。

春休みで少し時間の余裕のあるこのタイミングで、「ひとりでお着替え」の練習を少しずつ始めませんか?

まずはパジャマから始めてみる

まずは、子供が自分で着替えやすい服を選んであげたいもの。はじめてのお着替えに適している服はどんなものなのでしょうか?

  • 生地が柔らかい
  • 身幅や襟繰りに余裕のあるもの
  • ボタンが大きくて止めやすい
  • ズボンはボタンやファスナーなどではなくウエストゴムであること

これを踏まえると、はじめてひとりで着替える練習に適している服はずばり「パジャマ」! 練習のタイミングは、朝など時間にあまり余裕がない時に挑戦すると、うまくいかないときに大人もついイライラしてしまうので、お風呂上がりがベストです。

子供は服の前後が判断しにくいので、「電車の絵が前」とか「リボンが付いている方が前」など柄で覚えるように教えてあげたり、分かりにくい場合にはワッペンなどで印をつけてあげたりすると良いでしょう。

まずは服を床に平置きした状態(トップスは後ろが表、ボトムスは履きたい向きのまま)にして、子供がスムーズに着られるようにサポートしてあげましょう。教える時には子供と向かい合うのではなく、二人羽織のように子供の後ろに回って同じ向きになってあげるのがポイント。初めのうちは親が見本を見せてあげると、子供にも動きが理解しやすくなりますよ。

ボタンの掛け方はちょっとひと工夫!

ボタンをはめたり外したりの動作は子供がつまずきやすいポイントです。ボタンを細いホールに通すのはコツをつかむまではなかなかスムーズにできないかもしれません。 そんな時には、最初にホールの穴に内側から指を通してボタンをつまみ引っ張りだすように教えてみましょう。指でボタンを迎えに行ってあげるイメージです。そのうち上手にボタンが掛けられるようになります。

手先が器用に動かせない場合には、「貯金箱」が練習に使えます。長細い穴にお金を入れる指の動きはボタン掛けに良く似ていますね。おもちゃのお金などを使って遊びに取り入れてみましょう。

大人にとっては何の問題もない衣服の着脱も、小さな子供にとっては思った以上に時間が掛かったり手こずったりするものです。特に慣れないうちはひとつひとつの動作をこなしていくのが大変。つい手を出して全部大人がやってしまいそうになりますが、ここはグッと我慢です。「自分で着替えられた!」ということが子供の大きな自信にもつながるので、パパ・ママは側でサポートすることに徹しましょう。

そして、最後まで頑張ってできたらしっかり褒めてあげること。頑張りをちゃんと認めてあげましょうね。時には子供の気分が乗らなくて着替えの練習をしたくないと訴えることもあるでしょう。そんな時は無理強いせずにちょっと休憩して、また別の日に挑戦。 気持ちと時間に余裕を持って親子で取り組んで下さいね。

参照/ MARCH「簡単だから試して!入園前に子供が一人で着替えれるようになる方法」 身辺自立の指導法「着替編」

関連コラム

もうすぐ新環境!集団生活をはじめる前の準備
日本でも当たり前に?幼児期からのコンピューター教育
子供にも効果抜群!塗り絵がもたらす効果とは
必ず乗れる4ステップ!補助輪なし自転車を練習しよう

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP