0歳から英語を習わせるのは早すぎる?始める前に考えておきたいポイント!

0歳から英語を習わせるのは早すぎる?始める前に考えておきたいポイント!

Bu facebook
Bu twitter
d996e20fe43997234329aabee15af2f5_s

英語教室や、英語の通信教育が多くなっている今、周りのお子さんたちが英語を習いだしたと聞いては焦ってしまうママも多いのではないでしょうか。小さいうちから英語に触れさせると良いとよく言われますが、小さいころっていつのこと?方法は?と悩みも尽きませんよね。まだ日本語も話せない赤ちゃんに英語を学ばせることへの不安もあると思います。 今回は0歳から英語を学ぶことについて、メリットとデメリットをあげながら考えてみたいと思います。

0歳から英語を習わせるメリット

・日本語の音の先入観がないので、耳から聞いたまま発声でき、英語の発音がよくなる ・耳で聞いたまま吸収するのでリスニング力が鍛えられる ・英語が遊びの一部になり、苦手というイメージがつきにくい ・遊びを通して英語のコミュニケーション能力が身につく

0歳から英語を習わせるデメリット

・日本語を覚えていく段階だと、英語との区別がつけにくい ・親の意思で英語を学ばせているため、親が一方的に過熱してしまう可能性もある ・継続するためには親の時間的・金銭的な余裕が必要 ・この時期はまだ目に見えた結果はすぐには出にくい

こうして考えてみると、メリット・デメリットはそれぞれあるものの、赤ちゃんだからこその吸収力がなによりも大きなメリットです。しかしその吸収力が発揮できるのは生まれてからのわずかな時期であることも確かです。そう考えると、やはり0歳からの英語教育が勧められていることも当然といえそうです。

デメリットはどう解消する?

では、どのようにデメリットを解消していけばよいでしょうか?さきほどあげたデメリットごとに考えてみましょう!

日本語を覚えていく段階で英語との区別がつけにくい

赤ちゃんは母国語である日本語もまだしっかり定まっていません。英語を学ぶときには喋れないから、まだ何もわからないから、と思って英語のレッスンと日本語をごちゃまぜにしたり、思いついたときに英語の教材を持ち出してみたりするのはNGです。区切りをあいまいにしたまま英語を進めると、赤ちゃんはきっと混乱してしまうでしょう。 赤ちゃんは、まだ反応が薄いだけで実際にはこちらが思っている以上の情報を吸収しています。英語の時間には英語の歌や絵本を、それ以外は日本語の絵本や手遊び歌を積極的に取り入れましょう。パパママが意識してメリハリをつけてあげることが大切です。

親が一方的に過熱してしまう可能性もある

赤ちゃんは自分で「~したい」とは言えないので、英語タイムはパパママが決めることになります。あまりにもパパママが熱心になりすぎて、押しつけの学習になってしまわないように気を付けましょう。 レッスンに通うにしても、通信教育をするにしても、時間を決めて取り組むことをお勧めします。また通信教育の場合は、パパママの気分によってやったりやらなかったりということがあるようです。時間をしっかり決める、学習をしたらカレンダーにシールを貼る、といった工夫をしながら進められるといいですね。

継続するために時間的・金銭的な余裕が必要

教室、通信教育とも費用も時間もある程度はかかります。また、通信教育の場合は、時間は自由であるものの、一緒に取り組んであげる時間が必要です。自分たちのライフサイクルにあっているか、赤ちゃんが集中できる時間帯に実施できるかどうか、金銭面で無理はないかなど客観的に考えてどの方法が合っているのかを検討してみましょう。教室などはお試しがあることも多いので、お試し体験をしてみてから考えるのもいいですね。

目に見えた結果は出にくい

まだ0歳の赤ちゃん、ママがあやせば笑ったり声を出して応えたり、そういった反応は見られるものの、英語を理解しているのかどうかはなかなかわかりにくく、ママはあまりの変化の無さにがっかりするかもしれません。大切なことは、赤ちゃんに英語の音を聞かせることであり、赤ちゃんに英語を理解させることではありません。ついつい期待してしまいがちですが、そこはあまり期待をせずに、まずは英語の歌でニコニコと嬉しそうに手足を動かしてくれれば花丸だと思ってくださいね。

0歳からの英語教育について考えてみましたが、結論としては「やり方さえ間違わなければメリットが大きい」といえそうです。 近頃は小学校でもネイティブの先生による英語の授業があったり、社会人になれば社内での公用語が英語という会社も増えています。必要とされるのは勉強としての英語ではなく、コミュニケーションをとるための生きた英語です。こういった生きた英語を自然と身につけるためにも、小さいころからの英語が勧められているようです。

赤ちゃんだからこそ吸収できる英語ならではの発音(日本語にない発音rとlの区別、vの発音など)も多く、小さいうちから始めることで無理なくそれらを身につけられそうです。そして大きくなってからはその土台がお子さんにとっての大切な基礎となり、力となるでしょう。

過剰な期待をしない、メリハリをつける、押し付けない、といったことをパパママが忘れることなく、親子で楽しく英語に触れられる時間を作ってあげられるといいですね。

参考/

初めての英語教育 早期英語教育のメリット・デメリット

World Wide Kids FAMILY WEBSITE 02

関連コラム

親が子供に『習わせている』『習わせたい』習い事ランキング最新版!
早めのスタートで差をつけよう!0歳からできるおすすめの習い事
英語力向上に不可欠?!幼児から始めたいネイティブとのコミュニケーション
「楽しさ・気持ちよさ」が大切!赤ちゃんの脳を育てる5つのポイント

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP