豆まきにも正式ルール?節分の由来と意味を知って福は内

豆まきにも正式ルール?節分の由来と意味を知って福は内

Bu facebook
Bu twitter
2238100625_aa27a0582f_z

あさって、2月3日は節分ですね!

保育園や幼稚園では、鬼のお面をつけた先生に豆を撒いたりするのではないでしょうか。また、当日は家族そろって豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりするというご家庭も多いことでしょう。

好奇心いっぱいの子供たちは、「節分ってなに?」「なんでお豆をまくの?」と質問してくるかもしれません。伝統的な行事でもある節分。文化を伝えるという意味でも「節分とは何なのか」を教えてあげたいものです。

そこで今日は、節分について詳しく見ていきましょう!

節分とは?

分という言葉には、『季節を分ける』という意味があります。 日本には四季(春、夏、秋、冬)があるので、季節の変わり目も年に4回あります。

春の始まりは立春、夏の始まりは立夏、秋の始まりは立秋、そして冬の始まりが立冬と呼ばれており、それぞれの前日が「節分」です。

旧暦では立春が一年の始まりとされており、その前日が一番大きな節目でした。今の暦で言うと、2月3日は大晦日みたいなものだったのですね。そのためいつしか、「節分=春の節分」を指すようになっていったようです。

豆をまく習慣は中国から伝わり、新年を前に鬼を払って、新しい年が不幸や災いのない一年になるようにと願う行事として定着していきました。

なぜ豆をまくの?

豆を使うようになった理由にはさまざまな説があります。 有名なのは、京都の鞍馬山に悪い鬼が出たとき、毘沙門天のお告げで豆を鬼の目に投げたところ見事退治できた!という言い伝えなどから、「魔(鬼)の目」「魔(鬼)を滅する」というもの。

豆まきに使う豆を炒るのは、「豆=魔目」を炒って(射って)鬼を封じ、その豆を人が食べることで鬼を退治する、という考えからきているそうです。また、豆から芽が出てしまうのは縁起が悪いので、生の豆を使わず炒るのだとも言われています。

鬼払いの儀式はなんと奈良時代から宮中の行事として行われ、室町時代には一般家庭にも広まりました。そして現在にまで続いているのですね。

豆まきに正式なやり方が!?

豆だけでなくお菓子をまいたり、地域によっては落花生をまいたり、いろいろな楽しみ方がある節分。実は、「鬼を払う儀式」としての正式なやり方があるのだそうです。

  1. 福豆を升に入れ、神棚にお供えする。
    ※神棚がない家では、高いところに白い紙にのせて置いておく。
  2. 節分の日の夜、家の奥から外に向かって、年男や年女が豆をまいていく。
  3. 窓を開けて「鬼は外」と外へ豆をまき、窓を閉めて「福は内」と室内へ豆をまく
  4. 最後は玄関で豆をまく
  5. 自分の数え年の数だけ豆を食べる。

地方や家庭によってルールが違うのも面白いところ。 豆を強く投げすぎてケガをしたり物を壊したりしないように気をつけつつ、それぞれのやり方で節分を楽しみましょう!

時代が変わっても大事にされている行事の節分。節分に関する子供たちの疑問にズバッと答えてあげられれば、パパやママの株が上昇するかも!?

節分の夜はぜひみんなで集まって、家族団らんの時間の機会にしてくださいね。

Photo/sakura_chihaya+ 参考/ ニュース365「節分と豆まきの由来!子どもに分かりやすく伝えるポイントは?」 これが知りたい!気になる情報局「節分の豆まきの由来とは?子供に聞かれても安心!」 今日は何の日「2月3日 節分」 追儺考

関連コラム

どうすればいい?子供の噛み癖の原因と直し方とは
気になる子供の肥満……。家庭でできる対策って?
機嫌が悪い!?それって病気のサインかも!
後始末に注意!ノロウイルスの予防法と二次感染対策

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP