子供の集中力や好奇心を育む!カメラを持って撮影しよう!

子供の集中力や好奇心を育む!カメラを持って撮影しよう!

Bu facebook
Bu twitter
子供用カメラ

パパやママがスマートフォンで子供の写真を撮影しても、子供たちはあまり興味を示さないのに、一眼レフやコンパクトカメラで撮影すると途端に興味津々になったという経験はありませんか?

「ママ、カメラを貸して!」「私にも撮らせて!」という子供たちのリクエストに、「高価なカメラを壊されたらどうしよう」とためらってしまうママも多いのではないでしょうか。

しかし、幼児から小学校低学年くらいの子供にカメラを持たせて撮影させることは、子供の好奇心や集中力、感性を育むことにつながると言われているのです!

今回は、カメラを子供に持たせるメリットや、子供用カメラの選び方などをご紹介します。

カメラにはどんな効果があるの?

子供にカメラを持たせることで、子供たちは『好きなものを撮ろう』とします。そして積極的に好きなものを探そうとします。このことが子供の好奇心を育てていくのです。

またカメラを通して被写体を捉えて、より良い一瞬を撮影しようとすることで集中力が身に付くとも言われています。

さらには、子供が撮った写真を見て「子供って、こういうものをこんな風に見ているのだな」「こういうものに興味があるのだな」と、子供の視点や好み、個性など、親も知らない意外な一面に気が付くことができるのも、子供にカメラを持たせるメリットの一つです。

子供がカメラを通して気づいたことや、子供の撮影した写真に対しての親のコメントなどを伝えあうことで、親子間のコミュニケーションも取れ、楽しみを共有するのも良いですね!

子供と一緒に撮影にでかけよう

親はあれこれアドバイスをしたくなってしまいますが、ここはぐっとがまん。まずは子供の心のむくまま、自由に撮影させてみることをおすすめします。

子供は自分の気になるものや、好きなものを探してカメラを構えます。

なかなかできないときや、戸惑っているときは、「ここを押したらもっとアップで撮れるよ」「今度はしゃがんで撮ってごらん」「カメラを上に向けて撮ってみたら?」などと声をかけてあげましょう。

詳しいテクニックやアドバイスがなくても、親が与えるちょっとしたヒントをきっかけに子供はどんどん積極的に撮影するようになるでしょう。

撮影のためにおでかけするのももちろん楽しいですが、カメラがあるだけで、いつもの散歩道も子供には新鮮で楽しい場所になるのではないでしょうか。

幼児から小学校低学年の子供におすすめのカメラはどんなもの?

スマートフォンのカメラを使うママも多いと思いますが、子供に持たせるのであれば、やはりファインダーをのぞくようなタイプのカメラをおすすめします。

そして、子供の小さな手でも扱いやすい薄めのカメラが良いでしょう。

子供は好奇心のおもむくままにカメラを持って動き回りますから、防水・防塵タイプのカメラのほうが、安心して撮影させてあげられますね。

さらに、子供が興味を持つものに近づいて撮影できるように接写機能がついているカメラだとなお良し!

子供に適したカメラを渡してあげれば、子供も大人も安心して撮影に集中して、楽しむことができますよ。

こんなにたくさんある!子供用カメラ

KIDSデジタルカメラ2(ローヤル)

写真だけでなく動画も撮影可能な2.0メガピクセル・200万画素という多機能でありながら、操作がかんたんで本格的にカメラを楽しみたい子供にもぴったりの子供用カメラです。180度回転レンズで自分撮りもOK。

出典:Amazon

アンマンパンはじめてデジカメ2

見た目はおもちゃですが、本当に撮影できてしまうアンパンマンのかわいいデジカメ。アンパンマン大好きな幼児におすすめです。

アンパンマンの楽しいおしゃべりが20種類楽しめるほか、セルフタイマーやアンパンマンのマーチとともにスライドショーも流れます。SDカード付属でなんと2,500枚もの写真が保存可能です。

出典:Amazon

ニコンCOOLPIX S33

ニコンCOOLPIX S33

水深10mまでの防水性能と1.5mの耐衝撃性、-10℃の耐寒性能、優れた防塵性能が備わっているので、プールや公園の砂場など、子供が大好きな遊び場でも安心して使えるカメラです。子供も大人も満足できる本格的なカメラです。

出典:Nikon

子供にも親にも『カメラのある毎日』はとても良い効果がありそうですね。

『高価なものだから』『壊されたら困るから』と子供にカメラを持たせないようにしていたママも、子供用のデジタルカメラなら安心ですよ。

「子供のためにデジカメを買うのはちょっと…」というママは、『写ルンです』のようなインスタントカメラを子供に渡しても良いでしょう。

これからの行楽シーズン、カメラと一緒に親子で楽しい思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

写真/halfrain 参照/ いこーよ子供とおでかけ情報「写真遊びはじめよう」 おやこカメラ「子供にデジカメを持たせる3つの意味」

関連コラム

子供の味覚が危ない!味覚を育てる食生活とは
楽しく集中力アップ!ひらがな「かるた」で子供の知育遊び
低体温の子供が近年増加中!低体温がもたらす弊害と改善法
地頭のいい子に育てるために心がけたい3つのこと

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP