認可保育園に落ちてしまった方へ。これからできること

認可保育園に落ちてしまった方へ。これからできること

Bu facebook
Bu twitter
4月の入園に向けて、1月に初旬から2月にかけて、認可保育園の第一次選考の結果が続々と通知されています。

無事に希望が通った方もいる一方で、落ちてしまった方が、今からできることをまとめてみました。

まずは、自治体のこれからのスケジュールや状況を確認し、把握しましょう。

地域で保育園を希望する方のためのグループなどもあるので、そちらを探して情報を集めるのも役にたちます。


■二次募集に応募する
通える範囲の保育認可施設の二次募集に応募するというものです。

これは、内定後の辞退や欠員が出た保育園で行われます。二次募集がない自治体もありますが、受付があるところはすぐに準備して応募しましょう。

その際、第一次希望では候補に入れていなくても、保育ママなど可能性を広げてみましょう。

また膨大で面倒な書類を準備するのか…とめげそうになるかもしれませんが、がんばりましょう。
■認可外を探す
認可保育園に落ちた時のことを考えて、すでに予約申し込みを済ませている方も多いと思います。

認可に内定した人が辞退したりした枠も狙えるので、すでに終了していたりしても諦めずに再度連絡しましょう。

とりあえず認可外に入れることで加点され、次回の認可園申し込みが通りやすくもなります。
市外、区外など、通勤圏内からも可能な範囲を考えて再度徹底的に探してみましょう。
■その他の可能性を探る
●勤務先に復職を延期してもらう

0歳児枠で希望していた人は、1年伸ばす、あるいは希望を取り下げないまま、数ヶ月でも交渉できるかどうか、まずかけあってみる、相談してみましょう。

●パパが育休を取る

筆者の周囲にも3人ほど、こういう機会だから、とパパが育休を取得したケースがありました。危機感があれば、出産のタイミングでは考えなかったパパも考えを考えるチャンスもあります。

●両親、義両親に協力をあおぐ

同居する、どちらかが引っ越すなども考えつつ、しばらくの間でも預かってもらえないか交渉してみるのもひとつです。実母にチャイルドマインダーの資格を取得してもらい、他の子も預かれるようにしてしまった知人もいます。

●一時保育ルーム、インターナショナルスクールを探す

時間単位の利用が可能な一時保育施設や英会話を教えてくれるインターナショナルスクールでもプレスクールなどで短時間、あるいはフルタイムの定期保育をしているところがあります。また、幼稚園でも1歳半からのプレスクールを受け入れているところもあります。
認可園よりも費用はかさみますが、教育内容が充実しているなどのメリットもあります。

●ベビーシッターを頼む

1時間1000円から預けられるサービスも増えてきました。当然高額にはなりますが、1対1のきめ細やかな対応、預ける時間の融通もききます。ファミリーサポートなどを併用する手もあります。

職場や職業にもよりますが、両親や義両親、ベビーシッター一時保育ルームを利用しながら、在宅ワークで復帰する方法もあります。

また、5、6月あたりには、復職したものの、子どもの病気など様々な理由で働き続けるのが難しくなり、離職したりして、保育園を辞められる方も少なからずいます。
残念な状況ではありますが、そこでまた可能性があるので、めげずに探してみるのもよいでしょう。

●その他の選択肢として…

転職する、離職する、引越しするというものもあります。

保育施設付きの職場への転職、離職して在宅ワークや起業するなど、また実家の側に引っ越すなどもあるでしょう。

いずれも大きな決断ですが、各家庭のベストな手段が見つかるといいですね。

ライター 志田実恵
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP