夏休みの帰省費用。交通費にお土産代と意外にかかるけど……

夏休みの帰省費用。交通費にお土産代と意外にかかるけど……

Bu facebook
Bu twitter

すっかり夏の陽気になって、世間も夏休みムードですね。家族そろって実家に帰省する計画を立てている方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな帰省シーズンにかかる費用についてのコラムです。

■帰省にかかる交通費。安くする手段は?

実家がすぐ近くにある、という方にはあまりピンとこないかもしれませんが、実家が遠方の方にとっては悩みの種となる帰省にかかる費用。自分一人でパパッと帰るのではなく、『夫婦と子供で』となると、その分費用もかさみますよね。
そんなお悩みを少しでも解消できるように、利用する交通機関別にちょっとした節約方法をご紹介いたします。

【新幹線の場合】

・「ぷらっとこだま」:JR東海ツアーズより発売されている、事前予約することで割引が適用されるサービスです。

・「のぞみ早特往復きっぷ」:JR西日本より発売されている、利用日の21日前~7日前までの購入で、新幹線「のぞみ」の普通車指定席の往復利用に割引が適用されるサービスです。

・「EXファミリー早特」:J-WESTカード「エクスプレス」への入会(年会費1,000円/税抜)で、利用することができる予約サービスで、2名以上が同一行程で旅行をする際に適用される割引サービスです。(JR東海・JR西日本にて利用可能)

・「えきねっとトクだ値」:JR東日本より発売されている、「えきねっと会員(登録無料)」限定の割引サービスです。また、利用日の13日前の午前1時40分までの予約申し込みで、さらに早割も適用される「お先にトクだ値」というサービスもあります。

【飛行機の場合】

・「早割」を利用:LCC航空以外の航空会社では、各社名称は違いますが、「早割」というサービスを提供しています。利用日の80日前~3日前までの予約で、それぞれ割引が受けられるサービスです。最大70%ほどの割引が適用されることもありますので、予定が立ったらすぐに予約すると良いでしょう。

・「セール」時に安く購入:LCC航空の場合は、もともと低価格であることから「早割」などのサービスはありません。しかし、定期的または不定期にリリースされる「セール」中に予約・購入することにより、お得にチケットを買うことができます。セールの情報は、メールマガジンやSNSなどを通じて発信されたり、会員になることで情報を得られるようですので気になる方はぜひチェックしてみてください。

上記のように、各旅客鉄道・航空会社よりさまざまな割引サービスが発売されていますので、帰省の予定が立ったらすぐに予約することをおすすめします。

【高速道路利用の場合】

・ETC割引を利用:高速道路を利用する際に、ETCがあるといろいろな割引を受けることができます。たとえば、「休日割引」や「深夜割引」では30%ほどの割引が適用となります。よく車を利用するという方は、こちらの割引を利用することをおすすめいたします。

■帰省にかかるお土産代の相場は?

帰省の際に手土産を持っていくと、気が利いているな!と印象アップすること間違いなしですが、いくらくらいのものを持っていけばいいのか悩ましいですよね。高価すぎても気を遣わせてしまいますので、だいたい1,000円~3,000円くらいのものを用意しましょう。もし、ご兄弟や親戚などが居合わせた際にも渡したほうがいいかな?と気になる方は、当日いるかどうか事前に連絡を取っておくとスマートかと思います。
なお、お盆の時期ですとお仏壇へのお供え物の用意も必要かと思いますので、あまり無理のないお土産で良いかと思います。

また、職場などへのお土産代も同じくらいで良いかと思います。こちらは個包装のものを1人に1つ、というケースが多いかと思いますので、数量の間違いだけは避けたいところですね……。

■帰省にかかるお金の貯め方

実家が遠方で、家族4人で帰省すると何十万円もかかってしまう……という方は、帰省のタイミングを「2年に1回」や「お正月のみ」にするなどと決めて、そこへ向けて帰省の費用を貯めてみてはいかがでしょうか。いくら貯金があるからといって、毎回何十万円も帰省にかかっていては大変ですよね。帰省の費用は貯金から捻出するのではなく、貯金とは別に蓄えておいた方が将来的にも安心かと思います。

また、旅行会社や航空会社がリリースしている「旅行積立」というものもあります。
こちらは、満期時に銀行でいう利息にあたる「サービス額」が上乗せされて受け取れますが、原則「旅行券」としての受け取りしかできません。しかし、「サービス額率(利率)」が高いので、毎年帰省などの定期的なイベントがあり旅行券としての受け取りでもかまわない!という方は、調べてみてはいかがでしょうか。

費用がかかって気が滅入る……なんて思わずにお得に帰省できると、お子さんたちもおじいちゃん・おばあちゃんと楽しく過ごせると思いますので、早め早めの計画でストレスフリーに帰省しましょう!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP