人間ドックを受けようかな!補助金はある?

人間ドックを受けようかな!補助金はある?

Bu facebook
Bu twitter

今まで会社の健康診断だけで自分の身体をチェックしてきたけれど、女性特有の病気等も気になるし、思い切って人間ドックを受けてみようかな!そんな、初めて人間ドックをご自身で受けてみようかなと思っている方に。
人間ドックの補助金や安くなるコツはあるのでしょうか。

■人間ドックの費用はどれくらいかかるの?

人間ドックは、病気の治療を目的としていないため、健康保険・国民健康保険の適用にはならず全額自己負担になります。
人間ドックの費用は、実施する医療機関によって異なりますが、大まかな目安として日帰りの人間ドックが3万円から5万円、宿泊を要する1泊2日コースであれば6万円から10万円程度となっています。

■人間ドックに補助金はあるの?

人間ドックは、全額自己負担になるため結構な費用負担になりますよね。そのため、加入している国民健康保険(地方自治体)や健康保険(協会健保・健康保険組合)によって補助金が支給されるケースがあります。

[国民健康保険の場合]

国民健康保険の滞納がない方であれば、人間ドックの補助金を市区町村役場にて申請することができます。補助金の金額や支給形態は、居住している自治体によって異なります。

例えば、品川区(東京23区)では、40歳以上の方であれば、区内・区外の医療機関を問わず、8,000円(上限)まで補助金が支給されます。また、多摩市(東京都下)では、30歳以上の方が対象で、費用の5割(限度額2万円)まで助成金が支給されます。

上記の通り、定額制のところもあれば、費用の7~8割制(ただし上限金額が2~3万円)となっているケースもあり、自治体によって様々ですので確認してみてください。
また、申請手続きについては、人間ドック受診前人間ドック受診後で異なりますので、事前に確認するようにしましょう。

[健康保険組合の場合]

大手企業などに勤めていている方が加入する健康保険組合の場合は、さらに格安で人間ドックを受診できる可能性があります。

例えば、ある健康保険組合の場合、日帰りの人間ドックで1万円、1泊2日コースであれば2万円程度で受診することが可能です。ただし、加入している健康保険組合によって待遇が大きく異なりますので、受診前に確認したほうが良いでしょう。

■その他、人間ドックを安く受けられるコツとは?

国民健康保険、健康保険といった公的医療保険のみならず、民間の生命保険に加入している場合も、人間ドックの割引サービスを受けることができます。
例えば、ある大手生命保険会社では、提携医療機関で人間ドックを受診するとかかった費用から最大30%割引といったサービスを展開しています。

他にも、人間ドックを受診できる病院を比較サイトで探すと、安く受診できる病院がいくつか見つかりますので、その中から検査内容を確認のうえ受診するのも1つの手であるといえるでしょう。

--------------------
執筆者:瀬川 佳明
(ブロードマインド株式会社のファイナンシャルプランナー)
社会保険労務士の資格をもつ一児のパパ。
お金に係る国の制度など難しい分野についてもわかりやすく解説します。
--------------------

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP