3人兄弟の寝かしつけ…ストレスフルな日々に終止符を打った方法【コソダテフルな毎日 第15話】

3人兄弟の寝かしつけ…ストレスフルな日々に終止符を打った方法【コソダテフルな毎日 第15話】

Bu facebook
Bu twitter
こんにちは。コソダテフルな毎日のちゅいママです。4月で小3、年長、年少の3兄弟の母です。

最近、ブログの方で何人かの方に同じようなご質問をいただいたので、ウーマンエキサイトさんのほうでお答えをさせていただいてもよろしいでしょうか?

きっと同じような誰かの役に立てればと思います。

ワンオペで子ども3人、どうやって寝かしつけているの?
その質問ズバリ、「子ども3人、どうやって寝かしつけてましたか?」

はい、この問題。

・夫帰宅遅い
・赤ちゃんの3番目と、まだ1人で寝れない上2人
・対応できるおとな私だけ

ワンオペで複数の子供を一度に寝かさなければならないというこの難題!!

それに加えて、うちの3番目はとにかく寝てくれない子でして、全員が同時に寝てくれるなんて、めったにないことでした。



毎日繰り広げられる壮絶なポジション争い
まず最初の関門が、



壮絶なポジション争い。

ほーちゃんは、私が添い乳しながら寝かせるので必然的に隣になるでしょ? 

残りの片方の隣をめぐって長男と次男とで毎晩喧嘩勃発。

「順番ね。今日はゆいたん、明日はちゅんたん」と約束するも、なかなかそうは綺麗に行かないのが子育て。

その日の気分やご機嫌で「いや! 絶対隣がいい!」って言って聞かない日もあったりするので結局喧嘩。

ようやく寝るぞ…!って時に、ギャーギャー始まる兄弟喧嘩が地味にものすごいストレスでした。

同じように3人の子育てママには、こんな風に寝かせてるとも聞きました。


これができれば円満解決だったのでしょうが、我が家の場合は三男がこの体勢じゃ泣き出してしまう子だった上に、次男もなかなかの寝付きの悪い子なため適応できず。

行きついた先の寝かしつけ方と、子どもが起きてしまう連鎖反応に悩む日々
結局、こんな形で毎日しのいでいました。


でも、3人同時寝かしつけで一番大変なのは、寝る体勢とかポジション取りとかじゃなくて連鎖!!

一人が起きてたら、つられて残り二人も起きちゃうんですぅぅ!!!(叫)

ここが本当に難しい。

思い出して疲れるほど苦労をしました(遠い目)。

ほーちゃんがうまく寝付けなくてグズグズ泣くもんだから、せっかく寝付けそうだったゆいたんまでもギャーギャー泣いてしまい、

2人同時に抱っこして、リビングで揺らしながら泣き止むのを待った日もありましたね…。


少し大きくなったら、ほーちゃんが1人暗闇で遊びはじめて、それにつられてゆいたんも起きて2人で暗闇の中、ずっと遊び続けてるという意味不明な状態も発生!!



で、結果行き着いた先は……



寝ない時には寝かしつけやめる。

諦めた!!

ストレスをためるくらいなら、寝かしつけをやらないという方法に
もうね。正直に言います。早寝早起きが大事とされる幼児期に、23:30や24時過ぎてようやく寝る日もありました。(ゆいたんとほーちゃん)

でも、もう、今はしょうがない!!(開き直り)

1人目時代には絶対考えられないことでしたが、物理的にキャパが足りなくなった私、どんどんと理想を手放していきました。

幼稚園に入れば、おのずと疲れて早く寝る日も来ることはわかっていたので、

時間に縛りのない未就園時代はたまに遅く寝る日があったっていいやと思うことにして、

寝ない寝ないとストレスを貯めるぐらいなら、寝かしつけやめました。

そして、端で子供が起きていても、

夜22時を過ぎたらママの時間! ってことにして、好きなことして過ごしてました。

22時を過ぎたら絵本読んで~~って持ってきても、「今日はママ、閉店しました。」といって読みませんでした。

夜食のおやつを用意して、テレビ見ながら食べたりしました。

当然、ゆいたんも「欲しい!」ってやってきましたが、「今はママの時間だからママのもの。ゆいたんはまた明日ね」、と言って強引に食べたりしてました。

一見、冷たいように感じるかもしれないですが、丸一日子どもとべったりいる身からしたら、こうでもしないと自分の心身を健康に保てなかったんです。

どこかでピシャリと区切りをつけて自分の時間を持たないとストレスの発散しようがなく苦痛だったので、酷なようですがこのようなやり方に落ち着きました。

当然こんなやり方をしてるだなんて大きな声で言えないので、内心自分を責めるような気持ちもありましたが、

でも、心のどこかで「私を責めれる人は、誰もいない」とも思っていました。

夫も遅くに帰ってきて、まだ子供たちが起きていても責めはしませんでした。

丸一日べったり一緒にいることが、仕事よりも大変だってことを察していたんだと思います。

おのおの好きなことをして過ごしているうちに、床で雑魚寝してしまったゆいたんとほーちゃんを布団に運ぶ……。

こんな時期が小さい頃はよくありました。

生活リズムもあったようなもんじゃなかったですが、いずれ整っていきます。

幼稚園に入ってからは、20時~21時台には寝てます。

子どもが何人もいると、その子その子でそれぞれ寝るタイミングも違うし、寝る事に対する得意不得意も違うし、3人同時に寝かせるって大変なことです。

うまく寝てくれるように努力することは必要ですが、寝ないもんは寝ない!

人間だもの。
(ちゅいたんママ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup