産後こそ「スタイル重視」の服選び! 試着でチェックすべき4つのポイント

産後こそ「スタイル重視」の服選び! 試着でチェックすべき4つのポイント

Bu facebook
Bu twitter
いつも同じようなテイストの服や、体型をカバーする服ばかり買っていませんか? 出産や年齢とともに体型は変わっていきますが、自分の体型を活かした服を選ぶことで、スタイルがよく見えます。


© pikselstock - Fotolia.com


今回は、スタイル別に気をつけたい洋服選びのポイントをご紹介します。

■まずは「自分のチャームポイント」を知ることから!

授乳や加齢が原因で体型が崩れてしまい、似合う服が少なくなったと嘆く人も少なくないはず。だからといって、魅力がなくなるわけではありません。誰にでもチャームポイントは必ずあります。お風呂に入ったときや着替えるとき、ボディチェックをしてみてください。

自分の体でいちばん好きな部分はどこですか? ほどよくボリュームがあるヒップ、くっきりきれいな鎖骨…チャームポイントになるパーツが映える服を選んでみてください。

ボリュームあるヒップの人は、ニット素材のワンピでヒップのラインをアピールしたらキュートに。鎖骨がすてきな人は、ボートネックのトップスでさりげなく見せるといいでしょう。自分の魅力を知ることで、スタイルよく見えるのだから、一石二鳥ですね。


■スタイル別の服選びのポイント

・スリム体型

© cherry_d - Fotolia.com


スリムな人は、ゆったりしすぎた服はかえって貧弱に見えてしまいます。ニットのセットアップやスキニージーンズなど、ほどよく体のラインがわかる服を着たほうがスタイルよく見えますよ。

・ぽっちゃり体型

© BigLike Images - Fotolia.com


ぽっちゃりさんは、素材選びを工夫してみましょう。ボリュームあるバストが気になるなら、バストの大きさが強調されるカットソーよりもパリッとした綿、麻素材のシャツをチョイス。

下半身が気になるのなら、ボトムスにハリのある素材を持ってきて。ゆったりチュニックでおなかもおしりも隠していませんか? 丈が長すぎず、ボリューム感が出ないデザインを選べば、すっきり見えます。

また、スタイルに関わらず、セールで気に入ったデザインの服があったけれどサイズが合わないとき、妥協してその服を買ってしまうことはありませんか? サイズが大きすぎると、かわいいデザインでもだらしない印象になってしまうことも。

スタイルよく見せるためには、ジャストサイズの服を買うことです。そして、首・手首・足首を見せる着こなしで抜け感を演出すれば、オシャレ感もアップします。

■試着時にチェックすべき4つのポイント

服を手に取って見るのと実際に試着したのでは、ずいぶん違った印象になるものです。「こんなはずじゃなかった、失敗した」ということにならないためにも、できるかぎり試着しましょう。

試着するときのチェックポイントは次の通りです。
1. 変なシワができていないか
2. 胸元があきすぎていないか
3. 色が自分の肌にマッチしているか
4. 後ろ姿にも問題がないか

今の自分だからこそ、着こなせる服はきっとあるはず。自信を持って、自分の魅力を活かした服を着てみましょう!

(阿部裕子<フォークラス>)
(フォークラス)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup