【医師監修】新生児に与えるミルクはどのくらいが適量?

【医師監修】新生児に与えるミルクはどのくらいが適量?

Bu facebook
Bu twitter
ミルクは足りてる?それとも多い?初めて子育てをするママにとってミルクを与えることにも不安を感じる人も多いのではないでしょうか?ここでは新生児のミルクの量について詳しくご紹介します。







この記事の監修ドクター

おひさまこどもクリニック 金髙太一先生

十条駅すぐ。小児科専門医。3児の父。感染症、アレルギーが得意です。HPも自信作です、ご覧下さい。
http://ohisamakodomo.com/
新生児へ与えるミルクの適切な量と時間は?

新生児期(生後0日から28日未満)は、生まれてから何日経過しているかによって適切なミルクの分量が変わってきます。新生児期の赤ちゃんは、授乳量も授乳時間も短いのが特徴的です。
与える時間の間隔が違うミルクと母乳
母乳の場合は赤ちゃんが欲しがるだけあげても大丈夫なのですが、ミルクの場合、母乳と違いカロリーも高く、腹もちもいいので与え過ぎは禁物です。あまりに多く、時間を空けないでミルクを与えてしまうと嘔吐してしまう可能性もあります。
また、新生児期はおっぱいを吸う力も弱いため、ミルクを与えている途中で寝てしまったり、おっぱいを飲むのが下手でなかなかうまく飲めなかったりするものです。生活のサイクルも整っていないため、寝る時間も起きる時間もまちまち。「何時間おきにこれだけの量を…」と言われても思うようにはいかないのが現実です。基本的な目安としては母乳の場合は1〜2時間おき、ミルクと母乳を併用する場合は2〜3時間おき、ミルクだけの場合は3時間以上おいてからというのが基本的な目安とされています。
しかし、前述したように起きる時間も寝る時間も不規則な新生児。1時間おきや3時間おきなど、はかったようなタイミングで起きてくれるわけがありません。かといって、寝ている子を無理やり起こしてまでミルクを与える目安に合わせる必要もありません。目安はあくまで目安。赤ちゃんをこの目安に無理やり付き合わせることはないのです。
また、初産では入院期間が1週間前後になるので、その期間にミルクのあげ方などの赤ちゃんのお世話の仕方を助産師さんや看護師さんから教えてもらうことができるので、このときにしっかりと覚えておくようにすれば大丈夫でしょう。

ミルクの場合、与える量も回数も気にしなければなりませんが、母乳の場合は赤ちゃんが欲しがる量を欲しがる回数だけあげても問題ありません。大切なことは赤ちゃんに合った授乳スタイルを見つけることです。
ミルクの適量と回数は?

ミルクの適量と与える回数は「今、生後、何週間目なのか」によって変わってきます。また、出生体重にもよりますが、ここでは2500g以上で生まれた元気な赤ちゃんとして目安を示します。
生後1週間目のミルクの適量は「10ml+生後日数×10ml=適量」で計算します。生後0日、1日目は20mlを3時間おきに8回(一日の目安量160ml)、生後2日目は30mlを3時間おきに8回(一日の目安量240ml)となります。
生後2週間目の目安は1回につき80ml~100mlを3時間おきに8回。生後3〜4週間目は100~120mlを3時間おきに6~7回と、1回に飲む量が増えれば与える回数は減っていきます。新生児の場合、1回分の目安量を3時間おきに与え、1日のミルクの回数は、8回が目安です。あまり多くあげすぎると吐いてしまうので注意。さらにこれはミルクだけで育てる場合のパターンとなります。
生後3ヶ月ごろまでの赤ちゃんは与えただけ飲んでしまうので、ミルクを与える量はきちんと調節する必要があります。ただし、あくまでもこれは目安ですので、これだけ飲まないといけないということではありません。基本的には赤ちゃんが飲みたがるとき(泣いたり、口を動かしたり)したときに目安の量をあげて、飲める量を見極めていきましょう。少量ずつ頻回に飲むこともありますし、夜は長く間が空くこともあります。
ミルクと母乳を混合する場合の適量は?

産後すぐは基本的には母乳量が少ないのが一般的。このことから産後すぐはミルクと母乳を併用する人や完全にミルクのみ与えている人も少なくありません。前述したように、赤ちゃんの基本的なお世話の仕方は入院中に助産師さんや看護師さんが教えてくれますが、ミルクと母乳を併用する場合や完全ミルクにする場合、選択するミルクの種類によって産科にいるときに飲んでいたものと適量が違う場合もありますので、ミルクを与える際はミルクのパッケージなどに書いてある容量を守って与えることが望ましいといえますね。
また、ミルクと母乳ではカロリーや腹持ちのよさも変わってくるので併用するときはミルクを与えた後の様子と母乳を与えた後の様子をみて、ミルクを与える間隔、母乳を与える間隔を調整するようにしましょう。
できるだけ母乳で育てる場合はミルクを与える前に少しだけでも母乳を与えるようにしましょう。ミルクは母乳より消化に時間がかかるので、飲んだ後、お腹が空くまでの間隔も空いてしまいます。そうなると母乳の分泌量も低下してしまうので、母乳で育てたいと考えているママは母乳での授乳をメインにしていた方がいいですね。逆にミルクに移行した場合は母乳をあまり与えず、ミルクをメインにした方がいいといえます。
ミルク不足のサインとは?

ミルク不足は栄養失調を招きかねない事態。ミルクが不足しているときに赤ちゃんはどんなサインを出すのでしょうか?
サイン1. 赤ちゃんの体重が増えない
赤ちゃんの体重が増えないというのは典型的なミルク不足のサイン。生後3~4日間にみられる多く見られる生理的体重減少はのぞいて、赤ちゃんは一日ごとに体重が増えていきます。きちんとミルクや母乳を飲んでいるのに体重が増えない…となると、きちんと飲めているように思っていただけで、実際には不足しているのかもしれませんね。体重が適切に増えているかどうかは、母子手帳の成長曲線に記録をつけて確認するか、1ヶ月健診で相談してみましょう。
サイン2. おしっこの回数が少ない
おしっこの回数が少ないのは「水分の摂取量が少ないから」といえるかもしれません。生後半年未満の乳児はミルクや母乳だけで生きている状態です。つまり、おしっこの回数が少ないということは体内に取り込んだ水分が少ないということにも繋がります。
サイン3. ウンチが数日出ない
数日間ウンチが出ていないということはつまり便秘になっているということ。便秘の原因にはいろいろなことが考えられますが、ミルク不足による水分不足もそのひとつ。便秘になった便は水分を含まず固くなって詰まっている状態にあります。一日や二日くらいのウンチが出ないという状況はあまり深く考えなくても大丈夫ですが、三日以上でないとなるとちょっと注意が必要かもしれません。ただし、便秘の原因は水分不足だけではないかもしれないので、早めに医療機関に相談に行った方がいいといえますね。
サイン4. 飲んだ後すぐ泣く・機嫌が悪い
飲んだ後にすぐ泣く場合や機嫌が悪い場合は、単純に「もっとちょうだい!」と言っているだけかもしれません。ミルクをあげた後に機嫌が悪くなるときはミルクをもう少しだけ与えてみてはいかがでしょう。
ミルク飲みすぎのサインとは?

ミルク不足とは逆にミルクを飲みすぎて出すサインとはどのようなものがあるのでしょうか?
サイン1. 一日数回、少しずつミルクを吐く
ミルクを与えた後に数回にわたってミルクを吐いてしまう場合は多く与えすぎていることが考えられます。生まれたばかりの赤ちゃんは消化器官がまだ未発達な状態。口から摂取した量のミルクを消化することができず吐き出している可能性も考えられます。あまりに頻繁に吐くようであればミルクの量を少し減らしてみるか、ミルクより消化のいい母乳に変えてみるのを試してみるのもいいかもしれません。
サイン2. 口の端からミルクをこぼしてしまう
ミルクを飲んでいる最中に口の端からミルクがダラダラと溢れているときは「もういらない」という赤ちゃんからの満腹のサインかも。もういらないというサインを出しているのに無理やり飲ますことはできません。もし、ほんの少ししか飲めていないのであれば、少し時間をおいてから飲ませるようにした方がいいといえるでしょう。
サイン3. お腹がパンパンに膨れて苦しそう
体の小さい赤ちゃんはもちろん胃も小さいです。お腹がパンパンに膨れて苦しそうにしているときは胃がパンクしそうになっているのかもしれません。ミルクの量は生まれた日数や月齢によって細かく指定されていますが、もしかしたらミルクのパッケージに記載されている量より、赤ちゃんの胃の容量が小さいことも…。または、前に飲んだミルクがまだ消化器官の中に残ってことも考えられます。お腹が張って苦しそうな場合は、表示されている適量より少し少なめに与えてみてもいいと思いますよ。
サイン4. 便秘や下痢になっている
ミルクは母乳よりも消化に時間がかかるものです。便秘になっている場合は赤ちゃんの消化機能がミルクの消化についていっておらず、消化不良を起こしていることが原因かもしれません。また下痢は水分を摂取しすぎて下痢症状を引き起こしている可能性も考えられます。便秘や下痢といった症状が現れて、その症状が長く続くときは一度病院に行って診察を受けてみることをおすすめします。その際にミルクについても聞いてみた方がいいですね。
サイン5. 1日で50g以上体重が増えた
新生児の体重の増加は一日約30g前後、目安は15~50g程度です。それ以上に体重が増えるということはカロリーの摂取オーバーになっている可能性も考えられます。一日だけならともかく、何日も続く場合はどんどん体重が増加し、肥満状態になってしまうこともあり得ます。ミルクの量が適正かどうか今一度確かめてみて、適正量を守っている場合は少し量を減らして、それでも改善されない場合は病院に相談しに行ってみましょう。
サイン6. 機嫌が悪い
機嫌が悪い場合は、満腹過ぎることも原因のひとつかもしれません。赤ちゃんにはいつも機嫌よくいてもらいたいですよね。ご飯の後ならなおさらです。ミルクはよく飲むのに飲んだ後は機嫌が悪くなってしまうという場合は少し飲ませるミルクの量を調節してみてもいいかもしれません。新生児期間(生後0日から28日未満)の赤ちゃんは与えたら与えるだけ飲んでしまうこともあり、また、感覚も未発達で満腹感も感じにくいといわれています。赤ちゃんはまだ自分で意思表示することができないので、ママは表情や状態から赤ちゃんの状態を見極めなくてはなりません。機嫌の悪さなどはわかりやすい表現なので、その機嫌の悪さから何を訴えているのかを感じることが大切です。
まとめ

生まれたばかりの赤ちゃんは、かなり細かくミルクの量を設定されています。特に生後半年くらいは、母乳やミルクが赤ちゃんの命綱。初めて子育てをするママにとっても、ミルクの多い?少ない?は敏感になってしまいますよね。赤ちゃんの体重と指定されている適正量を参考に、最適なミルクの量を見極めながら与えていきましょう。あくまでも目安であり、個人差はありますので、心配な場合は小児科医院や助産師さん、保健師さんなどに相談してみてください。

関連リンク
【医師監修】出産の瞬間ってどんな感じ?どう迎える?よくある不安・疑問を解消しよう | マイナビウーマン
発病まで何日?水疱瘡(水痘)の潜伏期間と症状、リスク、予防方法 | マイナビウーマン
妊娠するためには?最も気をつけたい3つのこと | マイナビウーマン
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup