叱るよりも「提案」が効く?友達におもちゃを投げてしまった息子と話してみた。

叱るよりも「提案」が効く?友達におもちゃを投げてしまった息子と話してみた。

Bu facebook
Bu twitter
年下の子におもちゃを取られて癇癪を起こす我が子。こんな風に話してみました。の画像

出典 : Upload By いそめし ちかこ

年下の子におもちゃを取られて癇癪を起こす我が子。こんな風に話してみました。の画像

出典 : Upload By いそめし ちかこ

年下の子におもちゃを取られて癇癪を起こす我が子。こんな風に話してみました。の画像

出典 : Upload By いそめし ちかこ

もともと性格が慎重で臆病なムスコ。

「おもちゃを取られたことに怒って投げつけた」のは、相手を傷つけたくてやっているのではなく、 どうしてもおさまらない怒りの気持ちの表現法方がわからなくてやっている可能性が高いと思いました。

そのため、ここで「投げた」という行為だけを取り出して叱ってしまうと、ムスコが悲しみや怒りを感じた時にどう振る舞えば良いのかわからなくなってしまうのではないかなと思いました。

「気持ちはわかるよ」と受け止めた上で「もっとこうしたらいいんじゃないかな」と提案をすればムスコの気持ちを尊重しつつ危険なことはやらないように伝えられるのではないかと考えたんです。

とはいえ、すぐには受け入れられず、しばらくは癇癪を起こすことも続いていました。

3ヶ月くらいの時間が経ってようやく落ち着いてきたようです。本人が成長して言葉が増えてきたこともあって、悲しみや怒りを感じた時にどう相手に伝えるのかがわかってきたのかもしれません。

年下の子におもちゃを取られて癇癪を起こす我が子。こんな風に話してみました。の画像

出典 : Upload By いそめし ちかこ

http://psychedia.net/

いそめしちかこのブログはこちらから!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup