【医師監修】妊娠中のコーヒーは大丈夫? 体への影響とおすすめの飲み物

【医師監修】妊娠中のコーヒーは大丈夫? 体への影響とおすすめの飲み物

Bu facebook
Bu twitter
妊娠中は、コーヒー好きな人も控えなければなりません。今回は、妊娠中に飲めるコーヒーの量や、ノンカフェイン・カフェインレスのおいしい飲み物をご紹介します。
妊娠中にコーヒーを飲んでも大丈夫?

大丈夫と言われていますが、量は控えて
かつて妊婦さんがコーヒーを飲むこと(カフェイン摂取)はNGとされてきました。しかし、現在では量を控えれば、飲んでも大丈夫と言われています。しかし、妊婦さんが1日にどのくらいのコーヒーを飲んでも大丈夫かについては、国際的な共通基準はありません。以下、WHOや各国機関の発表から「妊婦さんの1日のコーヒー摂取量目安」を見てみましょう。

■WHO(世界保健機関)

コーヒーは1日3杯~4杯にすべきとしています。

■カナダ保健省

子供、妊婦、授乳婦へ、カフェインの摂り過ぎを注意する喚起を行っています。妊娠適齢の女性は、生殖にリスクが及ぶ可能性が高いとも指摘しています。これらの女性は、1日のカフェイン摂取量は300 mg(200mlカップのコーヒー換算:2.5杯程度)までとしています。

■オーストリア保健・食品安全局

1日当たりのカフェイン摂取量は 300 mg(200mlカップのコーヒー換算:2.5杯程度)未満で、と勧告しています。

■英国食品基準庁

1日当たりのカフェイン摂取量は 200 mg(200mlカップのコーヒー換算:1.7杯程度)にするようにアナウンスしています。
カフェインの摂りすぎは母子に悪影響
WHO(世界保健機関)は、胎児の発育や健康にカフェインがどう影響するかについて「まだ確定的ではないが、控えるように」という通達を出しています。しかし、各国の研究機関などのレベルでは、カフェインの過剰摂取によって起こる、胎児の発育・健康への悪影響が指摘されています。さらに、妊娠中のママの健康に及ぼすとも言われていますので、以下で確認しましょう。

・自然流産のきっかけとなる可能性が指摘されています

・胎盤を通してカフェインが送られ、胎児の肝臓に負担がかかることで発育障害(低体重出産)につながる可能性が指摘されています

・カルシウムを排出するカフェインの働きで、妊婦さんの骨が弱っており、将来的な骨粗しょう症リスクを高める可能性が指摘されています

・鉄分の吸収を妨げるカフェインの働きで、妊婦さんの貧血につながる恐れが指摘されています
妊娠中のコーヒーの飲み方

カフェインを含む他の飲み物・食べ物に注意!
コーヒーを飲む量を控えても、カフェインを含む他の飲み物・食べ物を多く摂っていては意味がありません。下手したら違身近に口にするものの中にも、カフェインを多く含む飲み物・食べ物は多いのです。以下で、カフェインを多く食品と、カフェイン含有量を知っていきましょう。

・紅茶:100mlあたり30mgのカフェイン

・せん茶:100mlあたり20mgのカフェイン

・コーラ:1缶(355ml)あたり36〜46mgのカフェイン

・チョコレート:100gあたり平均61mgのカフェイン(ノンカフェインのチョコもあり)

・緑茶:100gあたり平均14mgのカフェイン

・ほうじ茶:100gあたり平均12mgのカフェイン

・ウーロン茶:100gあたり平均12mgのカフェイン

・ジャスミン茶:100gあたり平均9mgのカフェイン

・エナジードリンク:100gあたり平均22mgのカフェイン

・ココア:100gあたり平均9.3mgのカフェイン
1日のカフェイン摂取の目安
コーヒーを飲む量に気をつけていても、他のカフェイン含有量の多い飲食物を多く口にしていれば意味がありません。ここでは、カフェイン含有量の多い飲食物の「1日に摂取しても問題がない量」をご紹介します。

・紅茶:およそ3.3杯

・せん茶:およそ6.7杯

・コーラ(2リットル):およそ4本

・チョコレート:板チョコ6枚

カフェイン含有量としては、紅茶はコーヒーに次ぐ多さです。コーヒーを2〜3杯にしても、紅茶をさらに2〜3杯飲めば、妊婦さんの1日のカフェイン摂取目安量を超えてしまいます。また「コーヒーを我慢すれば、コーラやチョコレートがたくさん口にできる!」と考えるのは間違いです。甘い飲食物には砂糖が多く含まれ、摂りすぎは妊娠糖尿病の原因になります。カフェインの取りすぎとともに、砂糖や脂質の取りすぎにも気をつけてください。

(参考「東京都食品安全FAQ」東京都福祉保健局

http://food-faq.jp.net/modules/faq/?action=Detail&faqid=50)
ノンカフェインの飲み物

妊娠中でも安心して飲むことができる、ノンカフェインの飲み物を確認してみましょう。
たんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)
乾燥させた西洋タンポポの根の飲み物です。お茶パックの中に西洋タンポポの根を入れ、麦茶のように作ってもいいですし、コーヒーメーカーでフィルターの中に西洋タンポポの根を入れ抽出してもOKです。「たんぽぽコーヒー」「たんぽぽ茶」など様々な名で呼ばれますが、基本的には同じ飲み物と考えてよいでしょう。豊富にビタミン・ミネラルを含み、貧血防止や便秘ほか、産後の母乳分泌をスムーズにする効果が期待できます。
デカフェ(ノンカフェイン/カフェインレスコーヒー)
ノンカフェイン・カフェインレスのコーヒーは「デカフェ」という名前で広く浸透しています。普通に市販されていますし、喫茶店でも用意しているところがあります。お気に入りのデカフェが見つかれば、コーヒーをたくさん飲みたいママの強い味方となるでしょう。
ノンカフェインのお茶
世界には、数多くのお茶があります。紅茶、せん茶のようにカフェイン含有量の多いお茶もある反面、ノンカフェインで美味しく飲めるお茶も数多く存在します。妊娠というせっかくの機会を利用して、お茶の世界を知るのも楽しいのではないでしょうか。ノンカフェインのお茶としては、ハーブティー、ルイボスティー、麦茶、そば茶などがあります。
野菜・果物のスムージーやジュース
妊娠中の栄養補給も手軽に行えるのが、野菜・果物のスムージーやジュースです。緑黄色野菜をバランスよく含んだジュースも良いですし、葉酸や鉄分など妊婦さんに欠かせない栄養素を含むスムージーやジュースも飲むメリットがあります。市販のものを買うときは、できるだけ砂糖や食塩未使用なものが良いでしょう。
まとめ

ストレスになる人は、無理にコーヒーを禁止する必要はありません。ただし、妊娠中は量を控える必要があります。コーヒーのような味のお茶をはじめ、ノンカフェインで楽しめる飲み物もたくさんあるので、うまく取り入れるようにしましょう。

関連リンク
【医師監修】時期別でみる「葉酸の必要量」 、主な働きと摂取方法 | マイナビウーマン
【医師監修】授乳中の便秘、原因とすぐにできる効果的な解消法 | マイナビウーマン
【医師監修】妊娠初期に気をつけること 体の状態・食事・過ごし方 | マイナビウーマン
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup