自閉症長男、初めての嘘…の結末はいかに

自閉症長男、初めての嘘…の結末はいかに

Bu facebook
Bu twitter

ご飯が熱い!癇癪をおこした長男

ある日、夕飯を食べていたときのことです。

炊きたてのご飯をほおばった長男は、思いのほか熱かったのでしょうか。私が目を離したすきに、あろうことかご飯の入った茶碗をテーブルにひっくり返しました。

自閉症長男、初めての嘘…の結末はいかにの画像

Upload By シュウママ

振り返ると、長男は怒ったような顔をしながら固まっていました。

長男は、癇癪をおこすとよく物に当たります。やってしまった直後はだいたい硬直しています。衝動的に動いてしまって、後で反省するというのがパターンですが、そもそもひっくり返しちゃダメです。私は長男に向き合って叱ろうとしました。

叱ろうとした瞬間、長男が発したひとこと

すると長男は大きな声で言いました。

自閉症長男、初めての嘘…の結末はいかにの画像

Upload By シュウママ

私は一瞬耳を疑いました。先に食べ終わって本を読んでいた次男も一瞬意味がわからず、ぽかんとしていましたが「いや、オイラやってないし」と抗議しました。

ところが長男はさらに「おとうとくん、やったねえ」と言うではありませんか。一度ならず二度までも…。

バレバレではあるものの長男が初めて嘘をついたのです。

初めての嘘に感心…している場合じゃなかった!

そのとき、私が一瞬思ったのは、「嘘をつけるようになるなんて、成長したな…!」でした。

ついこの間まで、単語もろくに言えなかった長男が、自分の行為について考えを巡らせ、自分を守ろうと言葉を選んで話したということが、なにか感慨深かったのです。

イヤイヤ!もちろん、自分を守るためとはいえ、他の人がやったことにするのは、ついてはいけない嘘です。ここはきちんと説明して叱らなければいけません。

けれど説明して長男に伝わるだろうか…?どうやったらわかってもらえるだろうか…。

そう考えたとき、ふとある考えを思いつきました。

どうやって「それはダメ」を伝える?

私は次男にこっそり耳打ちしました。

自閉症長男、初めての嘘…の結末はいかにの画像

Upload By シュウママ

私が作戦を説明すると次男もノリノリで参加してくれました。

そして、私は次男に向かって「ご飯をひっくり返すなんて、なんてことするんだ!」と言って次男を叱っているふりをしました。

「えーん。オイラやってないよ」と次男が泣き真似をしても「嘘だ。認めてちゃんと謝るんだ!」と、続けて怒りながら横目で長男の反応をうかがいました。

自閉症長男、初めての嘘…の結末はいかにの画像

Upload By シュウママ

効果てきめん!反省した長男

すると長男は自分がついた嘘で弟が理不尽に怒られている…という状況を理解できたのでしょうか。

口を開けてすくみあがっています。

自閉症長男、初めての嘘…の結末はいかにの画像

Upload By シュウママ

私は長男の方に向き直り「茶碗ひっくり返した人は誰?」と聞きました。

すると長男は泣きながら手を挙げました。

自閉症長男、初めての嘘…の結末はいかにの画像

Upload By シュウママ

十分反省しているように見えました。「嘘をついたらいけないよ」と私が言うと、長男はこくりと頷きました。その日以来、長男が自分でやったことを次男のせいにしたことはありません。

子どもの心や言葉の表現力が成長していくことはとても幸せなことです。

けれど、発達障害であってもそうでなくても、悪知恵も同時に育っていくので、気をつけていかないとな…と思った出来事でした。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup