親子で「ひこうきヨガ」に挑戦! 協力して行うからこそ、絆が生まれる

親子で「ひこうきヨガ」に挑戦! 協力して行うからこそ、絆が生まれる

ひこうきヨガ教室(主催:京急百貨店COTONOWA)

Bu facebook
Bu twitter
文:古賀 恵子(CHIENOWA)
親子の絆が深まるだけじゃない! バランス感覚や、努力する姿勢も身につく
現在、私が在籍しているクレディセゾン神奈川支社では、ママ・パパ・ファミリーを支援するために休日を利用して社員と子どもが集まり、情報交換や交流を深める活動を定期的に行っています。提携先の京急百貨店にも「COTONOWA」という「学びと体験の場」が用意されており、このたび、コラボレーションイベントとして開催することになりました。

今回の企画は、『ママ・パパ&キッズのための親子体操&ヨガ』という60分のイベント。ペアワークを通じて親子の絆を深めるとともに、身体の使い方やバランス感覚、努力する姿勢を身につけることを目的としています。講師には「ひこうき王子」と呼ばれる林けんじさんを迎え、運動不足な大人も、元気いっぱいな子どもたちも一緒になって、身体を動かしました。

総勢17名が参加したうち、7名が2歳から小学校5年生の子どもたち。課長・係長クラスのパパ5名のほか、私を含む「子どもはいないけど、子どもが大好きな女子」4名も参加しました。課長・係長のマネージャー陣は、神奈川県の黒岩知事が提唱する「イクボス」(部下の仕事と生活の両立を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らの仕事と私生活を楽しむことができる経営者や管理職)宣言に共感し、推奨しています。

このイベントのゴールは、「ひこうきヨガ」というポーズをとることです。林先生考案のヨガをしながら、親子で力を合わせてひこうきのカタチをつくります。果たして、ひこうきヨガは成功したのでしょうか?
ふだん出会えなかった「新しい自分」を引き出してくれるワークショップ
会場に到着したら、まずは動きやすいウェアに着替えることから始まります。ふだんスーツ姿しか見ていないからか、細マッチョな課長・係長の姿がなんだかとても新鮮です。子どもたちの着替えも終われば、準備万端! ヨガマットを並べ、みんなで輪になって座ります。

座り方は、ヨガの基本の座り方と言われる「安楽座」。呼吸の整え方や、「山のポーズ」「キャットポーズ」など、肩こり解消やバストアップにも役立つポーズを教えていただきました。とても簡単で、家でも気軽に実践できそうです。

まずは輪になって、基本の座り方「安楽座」からスタート
慣れてきたところで「開脚前屈のポーズ」。これが痛い! 身体が固いパパを見て、子どもたちが笑いながら、自然とパパの背中を押してあげています。最初は緊張した面持ちの子どもメンバーでしたが、知らない人たちと初めて会ったドキドキも、緩和されてきたようです。

みんな少しずつ身体が温まってきました。林先生の合図のもと、今度は子どもたちの考えたポーズをみんなで真似していきます。なかにはブリッジをする子も! 「あれあれ? 大人たち、ついていけてますか~?」と林先生。日ごろの運動不足を自覚させられました。

次はグループに分かれて、「フローズンバナナのポーズ」に挑戦。1名がカチカチに凍ったバナナ役になり、輪の中心に立って目をつむり、周りにいる人に身体をあずけて倒れます。周りの人はバナナ役を手で支え、前後左右の人へランダムに優しくパスします。

簡単なようでいて、お互いを信頼していないと倒れてしまいます。つまりこれは、グループの信頼感を養うレッスン。人見知りだった子も相手を信じることで、自分の身体を100%あずけることができていました。

パパ課長は全力で全身を預け、部下メンバーを試していた様子! もちろん、お子様と協力しながらしっかり支えていました
1人で完結せず、協力して行うヨガだからこそ生まれる「絆」がここに!
いよいよ最後は、親子2人でペアになって、「ひこうきのポーズ」を取ります。フローズンバナナのポーズのときと同様、お互いを信じて自分の身体を預けることが大切なのだそうです。

はじめは怖がっていた子も、ガッチリ手を握ってくれているパパを信じて身体を預けてみたら、見えた景色に大満足だったよう。しきりに「パパもう1回やってー!」とおねだりする子や、両手を広げるのをためらっていたものの、先生とペアになることで、まずは片手を先生の手から離してひこうきのポーズができた子もいました。

カッコよくポーズが決まった子は、嬉しそうに駆け足でパパに抱きつき、その勇気あるチャレンジを見守っていたパパもともに喜び、微笑みを浮かべていました。

親子で信頼し合い、「ひこうきヨガ」が成功。周りのみんなも嬉しそう!
今回の体験で得たものは親子の絆だけではありません。会社という枠や、上司・部下という立場を越えて、みんなの絆が強まったはずです。協力し合うことの楽しさや、上手くできたときの達成感、喜びを子どもと一緒に味わうという、ふだん職場では見られない光景がここにはありました。

参加してくれた子どもたちは、自宅に帰ってからもママ・パパに「ひこうき、やって~」と再びおねだりしていたようです。今回は残念ながら参加できなかったファミリーにも、大人気だった「ひこうきヨガ」を体験できる機会を、今後設けていきたいと思います。

また、人材育成の研修の機会でも、アイスブレイクとして協力型のヨガを取り入れ、頭だけでなく身体も使いながら、活気ある職場づくりに活かしていきたいと思います。

引き続き、ママ・パパ・ファミリーの支援活動を推進していくとともに、「イクボス」や未来のママ・パパになるメンバーの育成にも力を入れて、新たな働き方を発信していきます。

イベント告知情報

「豊かな暮らしを応援する ステキな体験と出会いを京急百貨店から」

開店20周年を迎えた京急百貨店が、多彩な価値とお客様とのつながりを深める「コト」を目的としてスタートした「COTONOWA(コトノワ)」。学び・遊び・集いといったさまざまな「コト」を発信していく交流拠点として、ひこうきヨガ体験のほかにも、楽しさあふれる体験と出会いの場を創っています。
https://www.cotonowa.jp/


『ママ・パパ&キッズのための親子体操&ヨガ(ひこうきヨガ)』

日時:2017年2月19日(日)、3月25日(土) 10:30~11:45
場所:京急百貨店5階 ハグ・クミ・パーク内絵本の部屋(京急 上大岡駅直結)
定員:各回5組(1組親子2名様) ※お子さまは3~10歳前後が対象になります。
お申し込みはこちら
プロフィール
古賀 恵子(こが けいこ)
クレディセゾン 神奈川支社 業務統括課 インストラクター。2016年2月に結婚。夫と二人暮らし。

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup