早めにスタートしよう!楽器の練習で脳の働きが良くなることが研究で明らかに

早めにスタートしよう!楽器の練習で脳の働きが良くなることが研究で明らかに

Bu facebook
Bu twitter
楽器の練習 脳の働き 関係

ピアノやエレクトーン、バイオリンなど、音楽や楽器系の習い事はとても人気がありますよね。お子さんが既に習っている、というご家庭も多いのではないでしょうか。

カナダで行われた研究で、幼少期に楽器を練習すると脳の働きがよくなるということが明らかになりました。

遅くても14才までに始めることがポイントで、10年以上続けると効果がアップするとも言われています。

今回は、楽器の練習が子供の脳に与える影響についてご紹介します。

音楽を習うと脳の働きが20%アップする!?

カナダのベイクレイト健康科学ロットマン研究所の研究チームによって、幼少期に音楽を習った経験のある人は、そうでない人よりも20%も早く話したり声を認識したりできることが判明しました。

この研究は、55~75歳の中高年者で、音楽教育を受けたことがある10名とそうでない10名、計20名を対象に行われました。ヘッドフォンでランダムに音声を聞き、その際の脳波を調べたところ、音楽教育を受けていた人はそうでない人よりも2~3倍も反応が良かったのです。

また、脳が発達中の子供だけでなく、大人になってからや、高齢になり認識能力が落ちてきたときにも、楽器の練習が脳に柔軟さを与えてくれるのでは、という説もあるそうです。

楽器の演奏中の脳は、全身運動中と同じくらいに活発に!

最近の脳科学の発達により、楽器を演奏することで、思考能力の向上や老化・認知症に対する効果が期待できることがわかってきました。

一般的に、読書をしているときや計算しているときなど、人間がどんな活動をしているかによって脳の活性化する部位は異なります。しかし、音楽を聴くときの脳を調べたところ、活性化は驚くほど広範囲にわたり、脳全体が働くことが判明したのです。

さらに、音楽をただ聴くだけでなく楽器を演奏しているときは、全身運動をしているときと同じくらい脳が活性化することが分かりました。中でも、視覚・聴覚・筋肉運動の領域が特に活発になるそうです。

また、楽器を演奏することによって右脳と左脳を繋ぐ脳梁が鍛えられますので、右脳左脳の連携もよくなり、脳が同時に処理できる情報量もアップするようです。

楽器の演奏は、脳の活性化にとても有効だと言えそうですね!

オーストラリアとイギリスで小中学校の音楽教育に取り組むアニタ・コリンズ氏は、楽器演奏が脳にどういう効果をもたらすか、分かりやすく動画で紹介しています。

どんな楽器でもOK!スタートは14歳までに!

話し声を認識する脳の領域を発達させるためには、楽器の練習を14歳までにスタートさせることが必要です。

その効果をさらにアップさせるには、10年以上楽器の練習を継続していくことが大切だそうですよ。

14歳までならOKとはいえ、楽器を演奏するうえでとても重要な聴覚は4歳から7歳の幼児期に大きく発達するそうですし、10年以上続けることも考えるとできるだけ早めにスタートさせてあげるほうがいいでしょう。

楽器の種類は問わないので、子供が興味を持って取り組めそうなものを、ぜひ見つけてあげてくださいね。

初めての楽器の習い事、何をいつからはじめる?

いざ子供に楽器を習わせたいと思っても、何からスタートさせて良いのか悩みますよね。

早く始めるに越したことはありませんが、まだ子供が小さいうちは、手の大きさや力、記憶力などの問題から習える楽器も限られています。

まずはご家庭で音楽に親しむことや、体を使ってリズムを楽しむことからスタートさせてみてはいかがでしょうか?

▼関連記事 ならいごとキッズ「乳児期から始められる!音楽の能力の高め方」

「楽器を習わせたいけれど、どこの教室に通えばいいの?」という悩みも出てくるでしょう。

ピアノ教室、バイオリン教室など楽器演奏を教えてくれる教室はたくさんあって迷ってしまいますよね。たくさんの教室の中から、子供が楽しめそうか、子供の個性に合っているかなどを見極めるためには、気になっているいくつかの教室の体験レッスンを受けてみることがおすすめです。

その楽器のレッスンを子供が楽しめているかを見るのはもちろんですが、先生の雰囲気、グループレッスンか個人レッスンか、どんなお友達が通っているのかなど、細かいことも子供と一緒にチェックしておきましょう。

もちろん、月謝や立地、時間や回数などの条件面のチェックもお忘れなく!

▼関連記事 ならいごとキッズ「音感だけじゃない!脳が活性化する音楽のならいごと

楽器演奏は子供の脳の発達にとってとても有効なならいごとですが、子供自身が興味を持ち、楽しんで楽器に取り組めているかも重要です。

子供の意思や興味を考慮しながら、どの楽器を始めるか、いつからスタートするかなどをじっくり検討してみてくださいね!

Photo/Juhan Sonin 参照/ Livedoorニュース「楽器の練習で頭がよくなることが明らかに 10年以上継続で効果がアップ」 mamanoko「頭も良くなる!幼児期に楽器を習わせることの効能について」 リンクデダイエット「音楽教育は脳の言語聞き取り能力の低下を抑える」 Gigazine「音楽を演奏することは脳にどのような影響を与えるのか?」 スタディハッカー「楽器で脳トレ! 演奏が脳にもたらす良い影響とは」

関連コラム

子供の脳の育て方~じっくり『見せる』ことで集中力を養おう
「楽しさ・気持ちよさ」が大切!赤ちゃんの脳を育てる5つのポイント
試さないのはもったいない!音楽が子供に与える驚きのメリットとは
乳児期から始められる!音楽の能力の高め方

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup